沼崎啓

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/11 13:00
 
アバター
研究者氏名
沼崎啓
 
ヌマザキケイ
通称等の別名
ケイ
eメール
numazakiiuhw.ac.jp
URL
http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/staff/cat/cat16/4191.html
所属
国際医療福祉大学
部署
大学院 医療福祉学研究科
職名
教授
学位
医学博士(札幌医科大学)
その他の所属
国際医療福祉大学病院

プロフィール

札幌医科大学医学部卒・同大学院医学研究科修了・医学博士  札幌医科大学医学部小児科学講座助手・講師・医局長・助教授 モントリオール小児病院小児科・マッギルエイズセンター特別奨励研究員 マッギル大学医学部客員教授 国立感染症研究所ウイルス第三部室長・客員研究員 WHOアドバイザー・世界特別麻疹検査室長・西太平洋地区レファランス検査室長  国際医療福祉大学大学院医療福学研究科国際感染症学・国際医療福祉大学病院小児科教授 日本小児科学会専門医・指導医・指導責任医 日本感染症学会評議員・感染症専門医・指導医・ICD  日本化学療法学会評議員・抗菌化学療法指導医 日本ウイルス学会評議員 日本環境感染学会評議員 日本性感染症学会評議員・幹事 日本小児感染症学会編集委員 日本クラミジア研究会代表世話役・幹事・第30回記念学術集会会長 日本臨床ウイルス学会会長・幹事・第59回学術集会会頭 New York Academy of Science 会員 米国微生物学会(ASM) 会員・Country Ambassador of Japan https://www.researchgate.net/profile/Kei_Numazaki/publications

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 教授
 
2004年12月
 - 
2008年3月
国立感染症研究所 ウイルス第三部 室長
 
 
 - 
2004年11月
札幌医科大学医学部 小児科学講座 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年1月
札幌医科大学 大学院医学研究科 小児科学
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
現在
日本臨床ウイルス学会  会長・幹事・編集委員
 
2008年4月
 - 
現在
日本化学療法学会  評議員
 
2008年4月
 - 
現在
日本環境感染学会  評議員
 
1986年9月
 - 
現在
American Society for Microbiology (ASM)  Premium Member, Country Ambassador of Japan
 
1995年4月
 - 
現在
日本クラミジア研究会  代表世話役・幹事
 
2003年4月
 - 
現在
日本感染症学会  評議員・専門医認定委員
 
1998年4月
 - 
現在
日本ウイルス学会  評議員
 
1993年
 - 
現在
日本小児感染症学会  編集委員
 
1994年4月
 - 
2008年3月
日本性感染症学会  幹事・評議員
 

論文

 
Origin of rare bovine rotavirus strains detected from Japanese children.
Numazaki K
Pediatric Dimensions   3(1) 1-3   2018年3月   [査読有り]
Kawamata R, Gunji Y, Ozaki A, Wakabayashi K, Miyajimaa Y, Monden Y, Numazaki K, Takahashi K
Fetal and pediatric pathology   36(5) 347-356   2017年10月   [査読有り]
A study on the origin of bovine rotavirus strains detected from the children of the Nasu district, Tochigi, Japan.
Numazaki K, Ichikawa M
Journal of Infectious Diseases and Epidemiology   3(040) 1-8   2017年3月   [査読有り]
Development of rapid diagnostic reagents for respiratory viral infections in children.
Numazaki K
Journal of Vaccines and Vaccination   7(8) 32-32   2016年12月   [査読有り][招待有り]
Characteristics of rotavirus infections before and after introduction of rotavirus vaccines in Japan.
Numazaki K
Aperito J Infect Dis Vaccines   2(1) 1-15   2016年1月   [査読有り]
Development of rapid diagnostic reagents for respiratory tract infections in children.
Numazaki K
Eur J Basic Med Sci   5(4) 51-60   2015年10月   [査読有り]
Clinical and virological characteristics of rotavirus gastroenteritis and prevalence of strains in Tochigi, Japan.
Numazaki K, Ichikawa M
In vivo (Athens, Greece)   28(6) 1141-1147   2014年11月   [査読有り]
Study on assays for the detection of serum antibodies to measles from children and its standardization.
Numazaki K
Int J Pediatr Neonat Care   1(108) 1-4   2015年1月   [査読有り]
Prevalence of serum antibodies against vaccine-preventable diseases in students of a Japanese university of health and welfare and its advisory standard of vaccination for clinical training.
Numazaki K, Inoue A, Wang W-w
Eur J Basic Med Sci   3(3) 50-55   2013年6月   [査読有り]
Yamamoto D, Kawaguchiya M, Ghosh S, Ichikawa M, Numazaki K, Kobayashi N
Virus genes   43(2) 215-223   2011年10月   [査読有り]
A study on the clinical application of a rapid diagnostic reagent for measles
Numazaki K
Eur J Gen Med   9(1) 39-44   2012年1月   [査読有り]
Guardian attitude survey on pediatric vaccinations
Ono M, Numazaki K
Jpn. J. Chemother.   58(5) 555-559   2010年6月   [査読有り]
Hosaka N, Ndembi N, Ishizaki A, Kageyama S, Numazaki K, Ichimura H
Journal of virological methods   157(2) 195-199   2009年5月   [査読有り]
Assay of Chlamydia pneumoniae-specific IgM antibodies by ELISA method--reduction of non-specific reaction and resetting of serological criteria by measuring IgM antibodies--.
Kishimoto T, Ando S, Numazaki K, Ouchi K, Yamazaki T, Nakahama C
Japanese journal of infectious diseases   62(4) 260-264   2009年7月   [査読有り]
Hasegawa T, Asaeda A, Hamaguchi Y, Numazaki K
Hybridoma (2005)   28(4) 241-249   2009年8月   [査読有り]
Terada K, Ouchi K, Ihara T, Okada K, Numazaki K
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   82(5) 414-418   2008年9月   [査読有り]
Kageyama S, Maniar JK, Saple DG, Numazaki K, Kurimura T, Ichimura H
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   14(2) 151-155   2008年4月   [査読有り]
Intrauterine dual infection with cytomegalovirus and Chlamydia trachomatis.
Asanuma H, Numazaki K
Eur J Gen Med   4(4) 199-200   2007年10月   [査読有り]
Numazaki K
Vaccine   25(16) 3101-3104   2007年4月   [査読有り]
The steam humidifier hand burn in infants, a case report.
Homma K, Numazaki K
Int Med J   6(1) 1-5   2007年6月   [査読有り]

Misc

 
【小児疾患の診断治療基準】 (第2部)疾患 感染症 猫ひっかき病
沼崎 啓
小児内科   50(増刊) 382-383   2018年11月
Nationwide survey of Chlamydia pneumoniae infections and Mycoplasma pneumoniae infections in children in Japan 2008-2017.
Ouchi K, Fukuda Y, Kimura R, Hujitani Y, Tanaka Y, Oishi T, Miyata I, Yamazaki T, Miyairi I, Miyashita N, Kishimoto T, Numazaki K
Proceedings of the Fourteenth International Symposium on Human Chlamydial Infections.   389-392   2018年6月   [査読有り][依頼有り]
臨床ウイルス学の現代的課題 次世代に語り継ぐべきもの
沼崎 啓
臨床とウイルス   46(2) S2-S2   2018年4月
【小児の治療指針】 感染症 ネコひっかき病(バルトネラ感染症)
沼崎 啓
小児科診療   81(増刊) 151-152   2018年4月
沼﨑 啓
小児科 = Pediatrics of Japan   59(4) 379-386   2018年4月
沼崎 啓
小児科   59(4) 379-386   2018年4月
<文献概要>RSウイルス(RSV)は6ヵ月未満の乳児の下気道感染症の最も一般的な病原因子である.有効で安全なワクチンや抗RSウイルス治療薬は現在までのところ実用化されておらず,主な治療は対症,支持療法が中心である.近年,抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体(パリビズマブ)が導入され,未熟児や心肺に基礎疾患を有するハイリスク乳幼児での予防的効果が確認されている.従来より抗ウイルス薬としてリバビリンが吸入で使用され,ある程度の抗ウイルス効果が認められるものの,対症療法の必要性や入院日数等への...
成長障害を契機に診断した先天性腎性尿崩症の1例
田中 大輔, 水野 晴夫, 田中 達之, 若林 慶, 久保 達也, 高橋 和郎, 山形 崇倫, 沼崎 啓, 郡司 勇治, 齋藤 伸治, 門田 行史
日本小児科学会雑誌   122(4) 839-839   2018年4月
NICU入室時に僧帽弁逆流がみられた症例の検討
久保 達也, 若林 慶, 田中 大輔, 水野 晴夫, 沼崎 啓文, 郡司 勇治, 門田 行史
日本小児科学会雑誌   121(12) 2035-2035   2017年12月
初期症状に学力と運動能力低下が出現した小児早期発症Basedow病の1例
若林 慶, 水野 晴夫, 田中 大輔, 久保 達也, 高橋 和郎, 山岸 裕和, 渡辺 浩史, 下泉 秀夫, 山形 崇倫, 沼崎 啓, 郡司 勇治, 門田 行史
日本小児科学会雑誌   121(12) 2034-2035   2017年12月
【小児臨床検査のポイント2017】 感染症検査 細菌感染症 レジオネラ属菌検査法
沼崎 啓
小児内科   49(増刊) 544-546   2017年11月

書籍等出版物

 
ライフサイエンスメディカ   1997年4月   ISBN:4947628359

講演・口頭発表等

 
Classified serovars of Chlamydia trachomatis detected from Japanese infants. [招待有り]
Numazaki K
14th International Symposia on Human Chlamydial Infections (ISHCI).   2018年7月3日   
臨床ウイルス学の現代的課題 ―次世代に語り継ぐべきものー [招待有り]
沼崎啓
第59 回日本臨床ウイルス学会 会長講演   2018年6月9日   
小児のクラミジア感染症 [招待有り]
沼崎啓
第35回日本クラミジア研究会学術集会 教育講演   2017年9月9日   
A study on the origin of bovine rotavirus strains detected from the children of the Nasu district, Tochigi, Japan. [招待有り]
Numazaki K
17th International Congress of Virology.   2017年7月20日   
Development of rapid diagnostic reagents for respiratory viral and mycoplasmal infections in children. [招待有り]
Numazaki K
13th Annual Congress on Vaccines, Therapeutics & Travel Medicine: Influenza and infectious Diseases.   2016年12月2日   
Development of rapid diagnostic reagents for respiratory viral and mycoplasmal infections in children. [招待有り]
Numazaki K
The 11th Congress of Asian Society for Pediatric Research.   2015年4月15日   
小児のクラミジア感染症と今後の感染制御戦略
沼崎啓
第32回日本クラミジア研究会 教育講演   2014年8月27日   
Development and clinical evaluation of rapid diagnostic test reagents for measles. [招待有り]
Numazaki K
XV International Congress of Virology.   2011年9月11日   
Current strategies of measles elimination in western pacific region. [招待有り]
Numazaki K
5th World Congress of the World Society for Pediatric Infectious Diseases.   2007年11月15日   
Current problems of measles circulation in Japan and Western Pacific Region. [招待有り]
Numazaki K
The Fifth WHO Global Measles and Rubella Laboratory Network Meeting. Expanded Programme on Immunization.   2007年9月26日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
サイトメガロウイルス母子感染に関する研究
沼崎啓   1985年4月 - 現在
小児科領域のクラミジア感染症に関する研究
沼崎啓   1980年4月 - 現在
ウイルス感染症の診断、治療、予防、疫学に関する研究
沼崎啓   1980年4月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
麻疹の実験室内診断法とサーベイランス・システムの確立に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業:ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 沼崎啓
麻疹の抗体測定法の諸問題と標準化に関する検討
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医薬機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業:ウイルス感染症の体外診断薬の再評価に関する基盤研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 沼崎啓
牛血清を使用しない麻しんワクチン製造の開発に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金食品安全確保研究事業:牛由来成分を使用しない新たなワクチン製造の開発に関する研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 沼崎啓
麻疹抗体測定用標準、パネル血清の作製と各種測定法の評価に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金厚生科研費医薬品・医薬機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業:国際的動向を踏まえた体外診断薬の品質管理に関する研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 沼崎啓
麻しんワクチンのシードロットシステム導入における問題点につ いての研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金厚生科研費医薬品・医薬機器等レギュラトリーサイエンス事業:ワクチン製造株の品質管理に関する研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 沼崎啓
先天性CMV感染の実態に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金創薬等ヒューマンサイエン ス総合研究推進事業 抗ヘルペスウイルス剤及びその耐性株 の迅速検索用レポーター細胞の樹立とその応用
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 沼崎啓
サイトメガロウイルス母子感染における特異的免疫能とウイルス株の特性に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C) (2)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 沼崎啓
サイトメガロウイルス臨床分離株の病原性ならびに治療抵抗性に関 する分子疫学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C) (2)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 沼﨑啓
サイトメガロウイルス胎内感染の出生前診断および早期診断関する 研究
文部科学省: 科学研究費補助金 一般研究(C)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 沼崎啓
サイトメガロウイルスの経母乳感染における抗ウイルス活性因子に 関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 一般研究(C)
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 沼崎啓