宗田 健一

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 17:34
 
アバター
研究者氏名
宗田 健一
 
ソウタ ケンイチ
ハンドル
sota
eメール
sotak-kentan.ac.jp
URL
http://sota.labo.ac/
所属
鹿児島県立短期大学
部署
商経学科
職名
准教授
学位
博士(経済学)(大阪府立大学(現:公立大学法人 大阪府立大学)大学院), 修士(経済学)(大阪府立大学(現:公立大学法人 大阪府立大学)大学院)
科研費研究者番号
60413704

プロフィール

ようこそ!宗田研究室へ。

私は,名誉にかけて,次の三条の実行をちかいます。
 一.研究と教育とに誠を尽くし,おきてをまもります。
 一.いつも他の人々からのヘルプに答えます。
 一.日々研究を行い,教育に還元し,自らを向上させます。

おきて
1.宗田研究室は誠実である。
 宗田研究室は,誠実な態度で研究・教育を行い名誉を保つ努力をします。
2.宗田研究室は友情にあつい。
 宗田研究室は,相手の立場や考え方を尊重し,思いやりのある対応をします。
3.宗田研究室は礼儀正しい。
 宗田研究室は,言葉使いや服装に気をつけ,行いを正しくします。
4.宗田研究室は親切である。
 宗田研究室は,学生や教職員をはじめとして,すべての人の力になります。
5.宗田研究室は快活である。
 宗田研究室は,明るく,朗らかに,いつも笑顔で接します。
6.宗田研究室は質素である。
 宗田研究室は,無駄を省き,ぜいたくをせず,物や時間を大切にします。
7.宗田研究室は勇敢である。
 宗田研究室は,困難に直面しても挫けずに、新しい道を切り開きます。
8.宗田研究室は感謝の心を持つ。
 宗田研究室は,お世話になった方々への感謝の気持ちを持ち続けます。

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
鹿児島県立短期大学 商経学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2012年9月
関西学院大学 経営戦略研究科 受託研究員
 
2009年9月
 - 
2012年3月
鹿児島国際大学 地域創生学科 非常勤講師
 
2004年10月
 - 
2007年3月
鹿児島県立短期大学 商経学科 准教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
大阪府立大学(現:公立大学法人 大阪府立大学) 経済学部 客員研究員
 
2004年4月
 - 
2004年9月
京都経済短期大学 経営情報学科 非常勤講師
 
2002年10月
 - 
2004年9月
大谷女子短期大学(閉校前:大阪大谷大学短期大学部) 生活科学科 食生活コース 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2004年
旧大阪府立大学 経済学研究科 経済学専攻
 
 
 - 
2000年
旧大阪府立大学 経済学研究科 経済学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
龍谷大学 経営学部 経営学科
 

委員歴

 
2014年8月
 - 
現在
日本会計教育学会  学会誌編集委員会(幹事)
 
2014年8月
 - 
現在
日本会計教育学会  広報委員会(ホームページを含む)委員
 

論文

 
IFRS教育教材開発プロジェクト 最終報告の概要
共著
『会計教育研究』(日本会計教育学会)   (創刊号) 4-11   2013年9月
会計学教育における質保証の枠組みと教材の重要性 ―IFRS教育を題材として―
宗田 健一
『会計教育研究』(日本会計教育学会)   (創刊号) 12-19   2013年9月   [査読有り]
宗田健一
『會計』   第176巻(第6号(12月号)) 83-95   2009年12月
宗田健一
『會計』   第172巻(第6号(12月号)) 82-92   2007年12月
宗田健一
『国際会計研究』(韓国国際会計学会)   第14集 65-88   2006年5月
宗田健一
『會計』   第169巻(第1号) 94-109   2006年1月
宗田健一
『會計』   第166巻(第1号) 127-138   2004年7月
有価証券評価益処理の理論  ―有価証券の本質および保有目的からの検討―
宗田 健一
修士(経済学)学位論文   1-51   2000年1月

Misc

 
離島航空路線維持に関する一考察 -第一航空による那覇―徳之島路線を題材として-
宗田 健一
『研究年報』(鹿児島県立短期大学地域研究所)   (第46号) 15-28   2015年3月
空運業の簿記・会計実務に関する研究(2) ―航空機の取得,減価償却,売却,リース等を中心として―
宗田 健一
『商経論叢』(鹿児島県立短期大学)   (第65号) 1-31   2014年10月
空運業の簿記実務 ―航空機リースを中心として―
宗田 健一
『業種別簿記実務の研究』(日本簿記学会・簿記実務研究部会<最終報告>)   3-10   2014年8月
業種別簿記実務の研究
成川正晃他
『日本簿記学会年報』   (第29号) 26-31   2014年7月
空運業の簿記・会計実務に関する研究(1) ―業種固有の経営環境と取引の背景―
宗田 健一
『商経論叢』(鹿児島県立短期大学)   (第64号) 47-62   2013年10月
空運業の簿記実務 ―航空運送事業を中心として―
宗田 健一
『業種別簿記実務の研究』(日本簿記学会・簿記実務研究部会<中間報告>)   3-13   2013年8月
宗田健一
『研究年報』(鹿児島県立短期大学地域研究所)   (第40号) 21-28   2009年3月
宗田健一
『鹿児島県立短期大学紀要 人文・社会科学篇』   (第59号) 125-133   2008年12月
宗田 健一
『経済研究』(大阪府立大学)   第48巻(第3号) 71-101   2003年6月
宗田健一
『経済研究』(大阪府立大学)   第47巻(第4号) 59-83   2002年9月
宗田健一
『経済研究』(大阪府立大学)   第47巻(第2号) 115-131   2002年3月
「米国における企業結合会計基準の設定経緯に関する一考察」
宗田健一
『白鷺論叢』(大阪府立大学大学院経済学研究会)   (第33号) 35-50   2002年3月
宗田健一
『経済研究』(大阪府立大学)   第46巻(第3号) 63-78   2001年6月
「有価証券に対する評価基準の一考察」
宗田健一
『白鷺論叢』(大阪府立大学大学院経済学研究会)   (第32号) 1-35   2001年3月

書籍等出版物

 
『持分プーリング法排除の論理』
宗田健一
博士(経済学)学位論文、大阪府立大学, 1-178頁   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
業種別簿記実務の研究 最終報告
共同部会長:成川正晃教授(高崎商科大学短期大学部)
日本簿記学会第30回全国大会 簿記実務研究部会報告<最終報告>   2014年8月31日   
業種別簿記実務の研究 中間報告
共同部会長:成川正晃教授(高崎商科大学短期大学部)
日本簿記学会第29回全国大会 簿記実務研究部会報告 <中間報告>   2013年8月31日   
自国で会計基準開発・設定権限を持つ意義
宗田 健一
日本会計研究学会第71回全国大会 自由論題報告   2012年8月31日   
学士課程教育における会計学教育の質保証 ―会計学分野の参照基準を中心に―
座長:長井敏行教授(北海道情報大学),討論者:宗田健一ほか3名
日本会計教育学会第4回全国大会 統一論題討論   2012年8月22日   
準学士課程教育(短期大学課程教育)における会計学教育
宗田 健一
日本会計教育学会第4回全国大会 統一論題報告   2012年8月21日   
IFRS 時代における会計教育の質保証の在り方を考える
座長:柴健次教授(関西大学),討論者:宗田健一ほか3名
日本会計教育学会第3回全国大会 統一論題討論   2011年9月15日   
IFRS教育の質保証における教材の役割
宗田 健一
日本会計教育学会第3回全国大会 統一論題報告   2011年9月14日   
「IFRS教育教材開発プロジェクト」最終報告
共同(主査:橋本尚教授(青山学院大学))
日本会計教育学会第3回全国大会,熊本学園大学(2011年9月14日), 課題研究グループ報告(共同)   2011年9月   
「IFRS教育教材開発プロジェクト」中間報告
共同(主査:橋本尚教授(青山学院大学))
日本会計教育学会第2回全国大会,青森公立大学,課題研究グループ報告(共同)   2010年7月   
企業結合会計基準と概念フレームワーク
宗田健一
日本会計研究学会第68回大会,関西学院大学(2009年9月3日),自由論題報告   2009年9月   
会計基準の収斂過程におけるG4+1の果たした役割 -企業結合会計基準を事例として-
宗田健一
日本会計研究学会第66回大会,松山大学(2007年9月3日),自由論題報告   2007年9月   
会計基準の収斂の行方 -日本における企業結合会計を中心として- [招待有り]
宗田健一
2006年度韓国国際会計学会 春季国際学術発表大会,晋州産業大学校(韓国)(2006年5月13日)   2006年5月   
会計基準の収斂に関する利害関係者の諸反応
宗田健一
日本会計研究学会第64回大会,関西大学(2005年9月16日),自由論題報告   2005年9月   
日本における企業結合会計の現状と課題-株式交換・株式移転を中心として-
宗田健一
日本会計研究学会第62回大会,近畿大学(2003年9月11日),自由論題報告   2003年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
空運業の簿記実務 ―航空運送事業を中心として―
共同(部会長:成川正晃教授(高崎商科大学短期大学部))   その他   2013年8月
『業種別簿記実務の研究』(日本簿記学会・簿記実務研究部会<中間報告>),3-13頁。
「IFRS教育教材開発プロジェクト」(最終報告)(共同)
主査:橋本尚教授(青山学院大学))   2011年9月
日本会計教育学会課題研究グループ『IFRS教育教材開発プロジェクト(最終報告)』,1-12頁(共著)。
[連載12・完]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(総合問題)
宗田健一   教材   2011年8月
『会計人コース』第46巻第10号(8月号),75-84頁。
[連載11]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(本社工場会計,帳簿組織,伝票会計,推定簿記)
宗田健一   教材   2011年7月
『会計人コース』第46巻第8号(7月号),99-110頁。
[連載10]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(本支店会計・連結会計)
宗田健一   教材   2011年6月
『会計人コース』第46巻第7号(6月号),95-106頁。
[連載9]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(株主資本等変動計算書,企業結合会計)
宗田健一   教材   2011年5月
『会計人コース』第46巻第6号(5月号),100-112頁。
[連載8]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(純資産,外貨建取引等,ストック・オプション)
宗田健一   教材   2011年4月
『会計人コース』第46巻第5号(4月号),93-108頁。
[連載7]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(減損,税金,税効果会計)
宗田健一   教材   2011年3月
『会計人コース』第46巻第4号(3月号),99-110頁。
[連載6]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(リース,社債,引当金)
宗田健一   教材   2011年2月
『会計人コース』第46巻第3号(2月号),93-106頁。
[連載5]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(固定資産,資産除去債務)
宗田健一   教材   2011年1月
『会計人コース』第46巻第1号(1月号),99-110頁。
宗田健一   2010年12月
『会計・監査ジャーナル』第22巻第12号(12月号),126-128頁。
[連載4]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(有価証券)
教材   2010年12月
『会計人コース』第45巻第14号(12月号),89-102頁。
[連載3]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(一般商品売買,特殊商品売買)
宗田健一   教材   2010年11月
『会計人コース』第45巻第13号(11月号),99-108頁。
[連載2]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(棚卸資産,一般商品売買)
宗田健一   教材   2010年10月
『会計人コース』第45巻第12号(10月号),90-104頁。
[連載1]税理士受験 ハイパー・トレーニング<簿記論>(現金・預金,債権・債務,貸倒引当金,手形)
宗田健一   教材   2010年9月
『会計人コース』第45巻第11号(9月号),80-91頁。
[研究報告書] 「IFRS教育教材開発プロジェクト」(中間報告)(共著)
主査:橋本尚教授(青山学院大学))   2010年7月
日本会計教育学会課題研究グループ『IFRS教育教材開発プロジェクト(最終報告)』,1-12頁(共著)。
[書評] 大雄智著『事業再編会計―資産の評価と利益の認識―』国元書房,2009年
宗田健一   2010年4月
『証券アナリストジャーナル』第48巻第4号,89-90頁。
[学会ルポ]日本簿記学会第25回関西部会 統一論題「現代会計と複式簿記」
宗田健一   2009年9月
『企業会計』第61巻第9号,95頁。
「会計基準の設定・改正・撤廃と企業結合会計(2)」
宗田健一   2007年6月
『企業会計』第59巻第6号,92-93頁。
「会計基準の設定・改正・撤廃と企業結合会計(1)」
宗田健一   2007年5月
『企業会計』第59巻第5号,108-109頁。
2007年3月
『研究年報』(鹿児島県立短期大学地域研究所)第38号,67-112頁(共著)。
2006年3月
『商経論叢』(鹿児島県立短期大学商経学会)第56号,39-62頁。
「柴 健次委員【簿記論】」 『第55回税理士試験合格対策号』(税経セミナー臨時増刊号)
宗田健一   教材   2005年5月
『第55回税理士試験合格対策号』(税経セミナー5月臨時増刊号),第50巻第8号,20-28頁。
「本支店・合併会計の完全マスター」
宗田健一   教材   2005年1月
『税経セミナー(別冊付録)』第50巻第1号(1月号),1-55頁。

競争的資金等の研究課題

 
地域協働まちづくりにおける高大連携の可能性について
鹿児島県立短期大学地域研究所: 個人研究プロジェクト
研究期間: 2014年5月 - 2016年3月    代表者: 福田忠弘
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 宗田 健一
 IFRSを中心とした会計基準のコンバージェンス,アドプション,エンドースメントを契機として,法域を超えた会計基準のあり方が議論されて久しい。国際的に会計基準が統一の方向に向かっていく中で,会計実務に関しては,取引形態の多様化に伴い,拡大の一途を辿っている。
 多様な取引とそれに伴う会計実務が各業種で存在していることは明らかであり,一口に原則主義に基づく会計処理といっても監査人の判断や各国の会計慣行によって個別企業の取り得る会計処理には自ずと相違が出てくるであろう。本研究は,企業競争力構築...
離島間交通機関としてのコミューター航空の研究
鹿児島県立短期大学地域研究所: 個人研究プロジェクト
研究期間: 2013年5月 - 2015年3月    代表者: 宗田 健一
IFRS導入に伴う教育と教材開発に関する研究
鹿児島県立短期大学地域研究所: 個人研究プロジェクト
研究期間: 2011年5月 - 2012年3月    代表者: 宗田 健一
鹿児島県における茶産業の研究
鹿児島県立短期大学地域研究所: 個人研究プロジェクト
研究期間: 2005年5月 - 2006年3月    代表者: 木下朋美
茶の香気生成機構の解明と新しい緑茶香気の商品的可能性の探索
社団法人京都府茶業会議所: 平成17年度茶学術研究助成事業
研究期間: 2005年5月 - 2006年3月    代表者: 木下朋美

社会貢献活動

 
鹿児島市新規創業者等育成支援検討委員会委員
【助言・指導】  鹿児島市  2010年4月1日 - 現在
「まちづくり Partnership」連絡協議会(吹上地区)
【講師, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援】  鹿児島県立吹上高等学校  2014年7月29日 - 2015年3月31日
シンポジウム「中小企業のグローバル化への対応と会計」  ~高等教育機関における社会人の学び直し ~
【コメンテーター, 司会, 企画, 運営参加・支援】  文部科学省平成26年度委託事業,鹿児島県立短期大学主催  中核的専門人材育成のためのグローバルコンソーシアム  2015年1月31日
文部科学省平成26年度委託事業『平成26年度「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業』(代表校:九州大学)における『グローバルビジネス・経営人材養成に向けてのリカレント学習プロジェクト」』(職域:「経営・ビジネス」)の一環として開催
出張講義「ゲームで学ぶ経営の基礎」(於:鹿児島県立鹿児島中央高等学校)
【講師】  鹿児島県立短期大学  2014年8月1日
公開講座「ゲームで実感! 生活のお金と心理」
【講師】  鹿児島県立短期大学  平成25年度附属図書館『金曜講演会』  2013年10月18日 - 2013年10月25日
「簿記・会計の歴史と文化1,2」
【講師】  鹿児島県立短期大学  『夏季集中講座』  2011年9月
出張講義「簿記・会計の歴史について」 (於:鹿児島県立種子島中央高等学校)
【講師】  鹿児島県立短期大学  2010年7月27日
公開講座 「第7回 ホントにその値段で購入していいのですか? -簿記・会計の視点から考える- 」
【講師】  鹿児島県立短期大学  平成22年度 鹿児島県立短期大学公開講座『ホントに賢い消費者』  2010年6月19日
公民館講座「なぜ,バーゲンするの? -簿記・会計の視点から読み解く-」
【講師】  鹿児島県立短期大学  伊敷公民館講座(生き生きシニア大学)  2009年10月16日
「魅力あるものづくり企業を目指して」
【講師, 助言・指導】  東洋ツール工業株式会社  かごしま企業家交流協会による企業社員教育のための出前講義  2009年5月16日
「会計制度設計と文化」
【講師】  単位互換協議会(鹿児島県)コーディネイト科目  2007年8月
・鹿児島県立短期大学生活協同組合理事
【助言・指導, その他】  鹿児島県立短期大学生活協同組合  2005年5月 - 2007年4月
「会計と文化」
【講師】  単位互換協議会(鹿児島県)コーディネイト科目  2006年8月