福田 健二

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/01 16:05
 
アバター
研究者氏名
福田 健二
 
フクダ ケンジ
URL
http://www.fb.fr.a.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
大学院農学生命科学研究科
職名
教授
その他の所属
大学院新領域創成科学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 農学系研究科 林学
 
 
 - 
1986年
東京大学 農学部 林学
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
千葉県  文化財保護審議会委員
 
2007年
 - 
現在
樹木医学会  理事・会誌編集委員長
 
2007年10月
 - 
2011年9月
樹木医学会  副会長
 
2007年4月
 - 
2011年3月
(財)日本緑化センター  樹木医審査委員会委員
 
1992年
 - 
1993年
日本林学会  編集主事
 

受賞

 
1999年
日本林学会奨励賞
 

論文

 
Toshihiro Umebayashi, Toshihiro Umebayashi, Toshihiro Yamada, Kazunari Fukuhara, Ryota Endo, Dai Kusumoto, Kenji Fukuda, Kenji Fukuda
European Journal of Plant Pathology   147 463-467   2017年2月
© 2016, Koninklijke Nederlandse Planteziektenkundige Vereniging.In pine wilt disease, xylem dysfunction occurs in relation to nematode migration and proliferation in host tissue, but the detection accuracy of pinewood nematode (PWN), Bursaphelench...
渋谷園実, 渋谷園実, 桐谷圭治, 福田健二, 福田健二
昆虫   20(1) 19‐31   2017年1月
Viktor J. Bruckman, Toru Terada, Kenji Fukuda, Hirokazu Yamamoto, Eduard Hochbichler
European Journal of Forest Research   135 857-869   2016年10月
© 2016, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.Periurban coppice forests have a long history and tradition in Austria, as well as in Japan. Although developed in a slightly different context, such forests faced nearly the same fate during the last cen...
Umebayashi T, Morita T, Utsumi Y, Kusumoto D, Yasuda Y, Haishi T, Fukuda K
Tree physiology   36(10) 1210-1218   2016年10月   [査読有り]
Umebayashi T, Utsumi Y, Koga S, Murata I, Fukuda K
Planta   244(3) 753-760   2016年9月   [査読有り]
小此木宏明, 小此木宏明, 福田健二
東京大学農学部演習林報告   (133/134) 75‐103-103   2016年3月
論文東京大学大学院農学生命科学研究科附属秩父演習林内のワサビ沢は,国道140 号線雁坂トンネルの開削にともない発生したズリによって埋め立てられ,渓畔林に似た土壌環境である一方で,河川の氾濫といった撹乱を受けず,周囲からの種子供給のみによる遷移を調査できる場所である。本研究では1995 年から2002 年の継続調査の記録をもとに2009 年に改めて植生調査を実施し,埋め立て後14 年の遷移状況および今後の遷移について検討することを目的とした。調査の結果,過去に客土,播種が行われたプロットでは...
Toshihiro Umebayashi, Toshihiro Umebayashi, Mayumi Y. Ogasa, Mayumi Y. Ogasa, Naoko H. Miki, Yasuhiro Utsumi, Tomoyuki Haishi, Kenji Fukuda
Trees - Structure and Function   30 305-316   2016年2月
© 2015, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.Key message: Freezing with liquid nitrogen promotes the expansion of air in water columns of water-stressed, intact trees that are not transpiring. Abstract: In analyses of the distribution of water-filled...
Ogasa MY, Utsumi Y, Miki NH, Yazaki K, Fukuda K
Plant, cell & environment   39(2) 329-337   2016年2月   [査読有り]
Fukuda K, Kawaguchi D, Aihara T, Ogasa MY, Miki NH, Haishi T, Umebayashi T
Plant, cell & environment   38(12) 2508-2518   2015年12月   [査読有り]
Yongchuan Yang, Yongchuan Yang, Li Huang, Shenhua Qian, Kenji Fukuda
European Journal of Forest Research   134 1143-1154   2015年11月
© 2015, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.The spatial distribution of species in forest ecosystems involves the underlying ecological processes or mechanisms of population and community structure, as well as forest dynamics. Because the relative i...
松村愛美, 福田健二
樹木医学研究   19(4) 195-204   2015年10月
渋谷園実, 桐谷圭治, 村上健, 深谷緑, 森廣信子, 矢島民夫, 福田健二
昆虫   18(4) 95-103   2015年10月
田中(小田)あゆみ, 小笠真由美, 田中憲蔵, 福田健二
樹木医学研究   19(1) 29-36   2015年1月
松村愛美, 福田健二
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 28-34   2014年2月
神保克明, KIKVIDZE Zaal, 大澤雅彦, 福田健二, 久保田耕平
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 101-106   2014年2月
白川一代, 小此木宏明, 福田健二
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 14-27   2014年2月
稲岡哲郎, 福田健二
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 96-100   2014年2月
瀧下陽子, 小此木宏明, 福田健二
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 91-95   2014年2月
落丸武彦, 福田健二
千葉県生物多様性センター研究報告   (7) 35-51   2014年2月
Sonomi Shibuya, Zaal Kikvidze, Zaal Kikvidze, Wataru Toki, Wataru Toki, Yasuto Kanazawa, Tatsuya Suizu, Tamio Yajima, Takahiro Fujimori, Mohammad Reza Mansournia, Zuhair Sule, Kôhei Kubota, Kenji Fukuda
Journal of Asia-Pacific Entomology   17 775-780   2014年1月
A Satoyama landscape is an important reservoir of biodiversity; however, in post-industrial era traditional Satoyama management became economically unfeasible. To maintain Satoyama, labor-saving management styles have begun to be implemented. In c...
福田健二, 朽名夏麿, 寺田徹, MANSOURNIA Mohammad Reza, UDDIN Mohammad Nizam, 神保克明, 渋谷園実, 藤枝樹里, 山本博一, 横張真
森林立地   55(2) 83-98   2013年12月
千葉県柏市の都市近郊林において,福島第一原子力発電所の事故による放射性セシウム汚染の実態を調べた。2011年8月〜12月の地上1 mの空間線量率は0.3〜0.4 μSv/h程度であった。2011年秋〜2012年秋に採集された植物体の放射性セシウム濃度は, 2011年受けた枝や常緑樹の旧葉では1.2〜8.8 kBq/kg,事故時に展葉していなかった常緑広葉樹の当年葉や落葉広葉樹の葉では0〜2.8 kBq/kgであった。2011年夏〜秋に採集された地表徘徊性甲虫ではほとんどが5 kBq/kg以...
福田健二, 朽名夏麿, 鬼頭秀一, 山路永司, 斎藤馨, 小貫元治, 鯉渕幸生, 三谷啓志, 吉田善章, 神保克明, 松尾泰範, 末吉和人
芝草研究   42(1) 20-30   2013年10月
Matsumura E, Fukuda K
Fungal biology   117(3) 191-201   2013年3月   [査読有り]
Shimizu A, Tanaka R, Akiba M, Masuya H, Iwata R, Fukuda K, Kanzaki N
Environmental entomology   42(1) 79-88   2013年2月   [査読有り]
Taniguchi T, Usuki H, Kikuchi J, Hirobe M, Miki N, Fukuda K, Zhang G, Wang L, Yoshikawa K, Yamanaka N
Mycorrhiza   22(6) 419-428   2012年8月   [査読有り]
田中(小田)あゆみ, 田中憲蔵, 赤見亜衣, 神保克明, 森田敏充, 福田健二
関東森林研究   63(1) 81-84   2012年3月
清水愛, 清水愛, 秋庭満輝, 田中龍聖, 升屋勇人, 岩田隆太郎, 福田健二, 神崎菜摘
Nematol Res   41(2) 49   2011年12月
田中 小田 あゆみ, 野口 雄二郎, 梅林 利弘, 松村 愛美, 赤見 亜衣, 田中 憲蔵, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   15(4) 139-146   2011年10月
Umebayashi T, Fukuda K, Haishi T, Sotooka R, Zuhair S, Otsuki K
Plant physiology   156(2) 943-951   2011年6月   [査読有り]
田中(小田)あゆみ, 田中憲蔵, 福田健二
関東森林研究   (62) 155-158   2011年3月
ズヘル スレ, 福田 健二, 山田 利博
樹木医学研究   15(1) 1-8   2011年1月
物理的傷害に対する辺材の反応は,樹種,季節により異なると考えられる.そこで,異なる4樹種のメタセコイア(Metasequoia glyptostroboides Hu et Cheng:落葉針葉樹),ヒノキ(Chamaecyparis obtuse Sieb. et Zucc.:常緑針葉樹),コナラ(Quercus serrata Murray:落葉広葉樹)及びシラカシ(Quercus myrsinaefolia Blume:常緑広葉樹)を事例として,それらの幹に,1月(冬),4月(春),...
Satomi Koretsune, Kenji Fukuda, Zhaoyang Chang, Fuchen Shi, Atsushi Ishida
Wood: Types, Properties, and Uses   151-168   2011年1月
The stable-carbon-isotope ratio (δ13C) of plants is strongly related to the ratio of CO2 assimilation rate and stomatal conductance, and water use efficiency (WUE), and thus δ13C analysis of tree rings gives long-term records on carbon gain and wa...
Z. Kikvidze, C. Armas, K. Fukuda, L. B. Martínez-García, M. Miyata, A. Oda-Tanaka, F. I. Pugnaire, B. Wu
Web Ecology   10 50-57   2010年12月
Copyright © EEF.Primary succession is an ecological process of fundamental importance referring to the development of vegetation on areas not previously occupied by a plant community. The bulk of knowledge on primary succession comes from areas af...
鵜川 信, 橋本 徹, 岩本 宏二郎, 金子 真司, 福田 健二
森林立地   52(2) 79-86   2010年12月
亜高山帯モミ属林における林分の発達とモミ属実生の定着の関係を明らかにするため,発達段階の異なるモミ属林において,群落構造,林床の相対照度およびモミ属実生の定着状況を調べた。林分の発達程度は,最大胸高直径および最大樹高を指標として決定した。立木密度は,もっとも発達した林分でもっとも低かった。もっとも発達した林分では,林床に定着しているモミ属実生の個体数密度が,他の林分よりも高く,林床の相対照度も,他の林分より高い傾向がみられた。さらに,もっとも発達した林分では,3〜10年生の実生の個体数密度...
Ruili Li, Ruili Li, Fuchen Shi, Kenji Fukuda, Yongli Yang
Soil Science and Plant Nutrition   56 725-733   2010年10月
Alfalfa (Medicago sativa L.) is one of the most important forage crops and has high protein and highly digestible fibre contents. It can be cultivated in moderate salt-alkaline soils and has been widely cultivated as an economic crop worldwide. We...
Shin Ugawa, Satoru Miura, Kojiro Iwamoto, Shinji Kaneko, Kenji Fukuda
Plant and Soil   335 469-478   2010年6月
To clarify the nutrient acquisition strategies for below-ground resources in a subalpine Abies forest with shallow soils, we examined the vertical patterns of fine root biomass, morphology, nitrogen concentration of fine root tissue and soil chemi...
Kazumi Katsuno, Yosuke Miyairi, Kenji Tamura, Hiroyuki Matsuzaki, Kenji Fukuda
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   268 1106-1109   2010年4月
We quantified the carbon contents of grassland and forest soil using conventional methods and studied the changes in their dynamics by measuring δ13C and Δ14C. Soil samples were taken from a neighboring Miscanthus sinensis grassland and Pinus dens...
R. Li, R. Li, F. Shi, K. Fukuda
South African Journal of Botany   76 380-387   2010年4月
Soil salinization and alkalinization frequently co-occur in nature, but there is little information on the interactive effects of salt and alkali stresses on plants. Seed germination and early seedling growth are crucial stages for plant establish...
小此木宏明, 福田健二
九州森林研究   (63) 81-84   2010年3月
Yousuke Hashizume, Kenji Fukuda, Norio Sahashi
Botany   88 266-274   2010年3月
Fungal endophyte assemblages in leaves of Japanese beech (Fagus crenata Blume) trees were investigated in pure beech stands at four localities with different summer temperatures covering the natural distribution range of the species. Ascochyta fag...
R. Li, R. Li, F. Shi, K. Fukuda
Environmental and Experimental Botany   68 66-74   2010年3月
Soil salinization and alkalinization frequently co-occur in nature, but very few studies focus on the interactive effects of various salt and alkali stresses on plants. A study quantifying the effects of various salt and alkali stresses on growth,...
Ayumi Tanaka-Oda, Tanaka Kenzo, Satomi Koretsune, Haruto Sasaki, Kenji Fukuda
Forest Ecology and Management   259 953-957   2010年2月
On the Loess Plateau, China, several planted tree species such as Populus hopeinsis and Robinia pseudoacacia suffer occasional diebacks in the top shoots, reducing growth rates after maturation. However, this does not usually occur in other specie...
Shin Ugawa, Kojiro Iwamoto, Yojiro Matsuura, Masamichi Takahashi, Kenji Fukuda
Plant and Soil   326 303-310   2010年1月
We clarified the differences in root-tip diameter (RTD) among tree and shrub species in an Abies forest. To evaluate the effects of sampling month and tree size on RTD, we measured the root-tip diameters of mature individuals of nine woody species...
A. Tanaka-Oda, T. Kenzo, S. Kashimura, I. Ninomiya, L. H. Wang, K. Yoshikawa, K. Fukuda
Journal of Arid Environments   74 43-48   2010年1月
Sabina vulgaris is a heterophyllus tree with two leaf forms: needle leaves and scale leaves. Most seedlings establish under a tree canopy and have only needle leaves, whereas mature individuals grow in the open and have both leaf forms. To clarify...
額谷悠夏, 田中(小田)あゆみ, 福田健二
樹木医学研究   13(3) 119-124   2009年7月
東京大学柏キャンパスに植栽されたカツラ(Cercidiphyllum japonicum Sieb.et Zucc.)において,梢端枯れと幹の腐朽被害が発生している.そこで本研究では,健全木と梢端枯れ・腐朽被害木の葉の形態と生理特性の違いを明らかにするため,葉面積など葉の形態的特徴と,水ポテンシャル及び光合成蒸散速度の日変化を測定した.葉面積重,葉内窒素濃度,葉緑素量には梢端枯れ・腐朽木と健全木で差がなかったが,一枚当たりの葉面積は腐朽木で顕著に低かった.夜明け前の水ポテンシャルは梢端枯れ...
Ayumi Tanaka-Oda, Tanaka Kenzo, Kenji Fukuda
Journal of Forest Research   14 251-256   2009年7月
Understanding the germination traits of plants is important not only for understanding natural regeneration processes but also for developing seedling production techniques for planting. Sabina vulgaris Ant. is a common species used for reforestat...
Satomi Koretsune, Kenji Fukuda, Zhaoyang Chang, Fuchen Shi, Atsushi Ishida
Journal of Forest Research   14 88-94   2009年4月
We studied the importance of effective rainfall for interannual variation in water use efficiency (WUE) and tree-ring growth of Chinese pine (Pinus tabulaeformis Carr.) and black locust (Robinia pseudoacacia L.) by examining correlations of season...
松村 愛美, 福田 健二
日本森林学会関東森林研究   (60) 121-124   2009年3月
田中(小田) あゆみ, 福田 健二, 増田 寛子
日本森林学会関東森林研究   (60) 157-160   2009年3月
田中(小田) あゆみ, 臼杵 裕之, 福田 健二
樹木医学研究   13(1) 12-16   2009年1月
樹木のストレス状態の指標とされる葉緑素計の値(SPAD値)と葉の生理特性の関係を調べるため,植栽環境の異なるケヤキの活力度をSPAD値により健全,軽度生育不良,重度生育不良の3段階に分類し,分類グループごとに葉の水ポテンシャル,光合成・蒸散速度の日変化及びクロロフィル蛍光を測定した.土壌面に植栽された個体の多くはSPAD値が大きく,健全と判断されたが,コンクリート面植栽個体はSPAD値が小さい傾向がおり,軽度または重度生育不良と判断された.葉の生理機能の測定から,軽度生育不良に分類された個...
Shin Ugawa, Yu Ichihara, Kenji Fukuda, Kazuo Suzuki
Mycoscience   50 63-69   2009年1月
We surveyed ectomycorrhizae, ectomycorrhizal fungal fruit bodies, and soil physical properties in one heavily damaged and two lightly damaged pine stands on Mt. Tsukuba, central Japan. The rate of ectomycorrhizal root tips was not different betwee...
Shin Ugawa, Kenji Fukuda
Pine Wilt Disease: A Worldwide Threat to Forest Ecosystems   389-396   2008年12月
In Japan, two pine species (Pinus densiflora and P. thunbergii) have been heavily damaged by pine wilt disease (PWD). The pathogen is the pinewood nematode Bursaphelenchus xylophilus (Kiyohara and Tokushige, 1971). The nematode is pathogenic not o...
Y. Hashizume, N. Sahashi, K. Fukuda
Forest Pathology   38 218-226   2008年6月
Endophytic fungi were isolated from healthy leaves of the evergreen oak Quercus acuta on Mt Takao in eastern Honshu and on Mt Osuzu in Kyushu, Japan, to study the effect of altitude on endophyte assemblages. Phomopsis sp. 1, Discula sp. and an uni...
清水 淳子, 林 康夫, 福田 健二
ランドスケープ研究   71(5) 865-868   2008年3月
Koganei Cherry Street is located along Tamagawa canal in Tokyo and designated as a national cultural property. However, in recent years decline of cherry trees of this street is concerned about shading from surrounding other trees and incidence of...
田中(小田) あゆみ, 福田 健二, 増田 寛子
日本森林学会関東森林研究   (59) 159-162   2008年3月
S. Ugawa, S. Ugawa, K. Fukuda
Forest Pathology   38 16-28   2008年2月
To clarify the effect of aerial insecticide spraying on pine wilt disease, pine wilt disease impacts was surveyed in pine stands and the damage evaluated using a logistic model. Eleven quadrats were established randomly in stands with or without a...
清水 淳子, 池本 三郎, 山岡 好夫, 福田 健二
樹木医学研究   12(1) 16-19   2008年1月
Satsuki Yamashita, Kenji Fukuda, Shin Ugawa
Forest Science   53 635-644   2007年12月
Changes in the composition of underground ectomycorrhizal communities along a secondary successional vegetation gradient were investigated in Kashiwa City, Kanto District, eastern Japan. Soil cores were sampled from the surface soils of six plots ...
Shin Ugawa, Shin Ugawa, Kojiro Iwamoto, Kenji Fukuda, Kenji Fukuda
Canadian Journal of Forest Research   37 2142-2152   2007年11月
To clarify the mechanisms underlying the coexistence of Abies mariesii Masters and Abies veitchii Lindl. in a fir-wave forest, we surveyed the population dynamics of the two Abies species throughout stand development on Mount Shimagare, central Ja...
Correlation between acoustic emission, water status and xylem embolism in pine wilt disease.
Fukuda K, Utsuzawa S, Sakaue D
Tree physiology   27(7) 969-976   2007年7月   [査読有り]
Takehiko Ochimaru, Kenji Fukuda
Canadian Journal of Forest Research   37 247-258   2007年2月
We investigated the structure of the fungal community of evergreen broad-leaved forests dominated by evergreen oak (Castanopsis sieboldii or Quercus myrsinaefolia) through surveying sporocarps in urban, suburban, and rural areas of the Kanto Distr...
龍原 哲, 君野 雄規, 鵜川 信, 福田 健二
森林計画学会誌   40(2) 203-210   2006年12月
本研究ではIKONOSデジタルジオ画像を用いて松くい虫被害状況の把握を試みた。研究対象地は茨城県筑波山にあるマツ林である。対象地に10m×10mの区画を被害の程度に考慮して66個設け,毎木調査を行った。各区画の被害率,健全マツ割合,広葉樹割合を胸高断面積合計の割合から求めた。解析にはパンシャープン画像とマルチスペクトル画像を用いた。それらの画像のNDVI(正規化差植生指数)を算出し,区画内に含まれる画素の平均NDVI値と被害率等との関係を調べた。いずれの画像ともにNDVI値が高くなるにつれ...
Utsuzawa S, Fukuda K, Sakaue D
Phytopathology   95(7) 737-743   2005年7月   [査読有り]
Shin Ugawa, Kenji Fukuda
Journal of Forest Research   10 233-237   2005年6月
Japanese red pine (Pinus densiflora) seedlings taken from a nursery were grown in liquid culture with all roots entirely submerged in water. The aims of the present study were to observe the reactions of preformed ectomycorrhizae to liquid culture...
Mycorrhizal Fungal Flora in Pine Forests Infested with Pine Wilt Disease
IUFRO World Series vol.11   11:169-179    2001年
Y. Ichihara, Y. Ichihara, K. Fukuda, K. Fukuda, K. Suzuki
Plant Disease   84(6) 675-680   2000年6月
In order to clarify the mechanism of pine wilt caused by the pinewood nematode (PWN), Bursaphelenchus xylophilus, nematode migration in tissues and disease symptoms in Pinus thunbergii seedlings were investigated. One-year-old seedlings were inocu...
Y. Ichihara, Y. Ichihara, K. Fukuda, K. Fukuda, K. Suzuki
Forest Pathology   30 141-148   2000年1月
The distribution of cortical resin canals and periderm formation in the cortex of Pinus thunbergii was studied in relation to early invasion of the pinewood nematode, Bursaphelenchus xylophilus. Nematode invasion was restricted in stem cuttings of...
福田 健二
樹木医学研究   3(2) 67-74   1999年9月
マツ材線虫病における病徴進展のメカニズムを明らかにするため、強病原性線虫を接種して枯死したアカマツおよびクロマツ、即ち親和性組合せにおける生理的変化と、弱病原性線虫を接種して生残したマツ、即ち非親和性組合せにおける生理的変化とを比較した。その結果、材線虫病の病徴は、親和性、非親和性いずれの組合せにおいても生じる柔細胞の変性と部分的な水分通道阻害など、線虫の移動・分散に伴う前期の変化と、親和性組合せでのみ生じる形成層の破壊、水分通道停止、光合成・蒸散の低下など、線虫の増殖時に生じる進展期の変...
森崎雅典, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会論文集   109(109) 301-304   1998年12月
坂上大翼, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会論文集   109(109) 363-366   1998年12月
西谷裕子, 市原優, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会論文集   109(109) 299-300   1998年12月
西谷 裕子, 高瀬 雅子, 福田 健二
東京大学農学部演習林報告   0(99) 185-197   1998年6月
近年,衰退樹木に対する樹勢回復処置が多く行われるようになったが,このような処置に関する科学的知見は乏しく,処置の効果を科学的に明らかにすることが必要とされている。東京大学総合図書館前に,クスノキ(Cinnamomum camphora)が2本,東西対称に植栽されている。1985年から1987年に両クスノキを挟む形で新校舎建設が行われて以来,西側の個体(LW)は東側の個体(LE)と比較して著しく枝葉が減少し,衰退が顕著となった。衰退の原因として,コンクリート舗装による根への水分および酸素の供...
Yuko Ota, Kenji Fukuda, Kazuo Suzuki
Mycologia   90 396-405   1998年5月
The life cycle of Japanese Armillaria mellea was studied with regard to basidiomata formation from monosporous cultures, the nuclear behavior during basidiospore formation and germination, and DNA content per nucleus at different developmental sta...
Y. Ota, N. Matsushita, E. Nagasawa, T. Terashita, K. Fukuda, K. Suzuki
Plant Disease   82(5) 537-543   1998年1月
Pairing tests with isolates of Armillaria in culture were used to identify species of Armillaria and their distribution throughout Japan. The existence of 10 intersterile groups of Armillaria was determined by pairing haploid single spore isolates...
Kenji Fukuda, Yuko Nishiya, Masayuki Nakamura, Masayuki Nakamura, Kazuo Suzuki
Journal of Forest Research   2(2) 79-84   1997年12月
Recently, symptoms of decline have been widely observed in Yezo spruce (Picea jezoensis) and Todo fir (Abies sachalinensis) in Hokkaido. In order to clarify the mechanism of decline, the water status of Yezo spruce and Todo fir trees in the Tokyo ...
Kenji Fukuda
Journal of Forest Research   2(3) 171-181   1997年12月
Pathophysiological changes during the symptom development of pine wilt disease are reconsidered from recent investigations. The symptom development is divided into two stages: the early and the advanced stages. In the early stage, small number of ...
福田健二, 市原優, 鈴木和夫
日本林学会論文集   (108) 355-356   1997年12月
楠本大, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会論文集   (108) 359-360   1997年12月
マツ材線虫病における誘導性抗性の発現
日本林学会論文集   (108) 355-356   1997年
Norihisa Matsushita, Norihisa Matsushita, Kenji Fukuda, Eiji Nagasawa, Takakiyo Terashita, Kazuo Suzuki
Journal of Forest Research   1 155-160   1996年12月
Isozyme patterns were examined to characterize biological species of Armillaria in Japan. Of 25 different enzymes tested, glutamate dehydrogenase (GDH), lactate dehydrogenase (LDH), and aspartate aminotransferase (AAT) showed the most stable and r...
加藤肇, 福田健二, 鈴木和夫
森林防疫   45(10) 187-191   1996年10月
クロマツ当年生枝におけるマツノザイセンチュウの移動(共著)
日本林学会論文集   (105) 481-482   1994年10月
岩本宏二郎, 福田健二, 溝口岳男, 桜井尚武, 鈴木和夫
日本林学会論文集   (105) 431-432   1994年10月
福田健二, 中村昌有吉, 大村和也, 鈴木和夫
日本林学会論文集   (105) 461-462   1994年10月
K. Fukuda, T. Hogetsu, K. Suzuki
European Journal of Forest Pathology   24 193-202   1994年1月
Ethylene release from Pinus thunbergii Parl. seedlings was examined after inoculation with virulent and avirulent isolates of Bursaphelenchus xylophilus. Enhanced ethylene release was observed only in seedlings inoculated with the virulent isolate...
K. Ishida, T. Hogetsu, K. Fukuda, K. Suzuki
Canadian Journal of Botany   71 1399-1405   1993年12月
中村昌有吉, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会論文集   104,521-522(104) 521-522   1993年10月
福田健二, 鈴木和夫, YE Z
日本林学会論文集   (104) 639-640   1993年10月
志賀祐子, 福田健二, 鈴木和夫, 長沢栄史, 寺下隆喜代
日本林学会論文集   (104) 623-624   1993年10月
福田健二
日本林学会論文集   104,641-646(104) 641-646   1993年10月
鈴木 和夫, 福田 健二, 稲本 龍生, 佐藤 義隆, 梶川 宏治, 大村 和也
東京大学農学部演習林報告   (88) p71-93   1992年12月
In recent years, actual conditions of the decline of mature Cryptomeria japonica (Sugi) in the Kanto plains have been often described. The cause of decline is not clear yet. Since top dieback of Sugi was obserbed in the 1980's in the Chichibu Moun...
志賀祐子, 福田健二, 宝月岱造, 鈴木和夫
Trans. Ann. Meet. Jpn. For. Soc.   103 555-556   1992年10月
亀山統一, 福田健二, 鈴木和夫
森林防疫   41(8) 151-154   1992年8月
福田 健二, 寶月 岱造, 鈴木 和夫
日本林學會誌   74(4) 289-299   1992年7月
マツ材線虫病における病原性発現のメカニズムを明らかにするため, 病原性の異なる2系統のマツノザイセンチュウ(Bursaphelenchus xylophilus)と, ニセマツノザイセンチュウ(B. mucronatus)をクロマツ苗に接種し, 木部柔細胞の細胞学的変化と通導阻害(キャビテーション)とを時間的, 空間的に比較した。強病原性のS6-1系統を接種した場合, 木部放射組織柔細胞および軸方向柔細胞の脂質の消失, 細胞質の変性, およびそれらに続いて木部通導阻害が広範囲に生じ, 形成...
福田 健二, 寳月 岱造, 鈴木 和夫
日本林學會誌   74(1) 1-8   1992年1月
マツ材線虫病の病徴進展過程におけるマツ苗の光合成と, 水分生理状態の関係を明らかにするため, 強病原性系統(S6-1)あるいは弱病原性系統(C14-5)のマツノザイセンチュウを接種したクロマツ苗について, 光合成速度, 蒸散速度, 水ポテンシャルの各値を測定し, 光合成阻害剤であるDCMUの散布を行った苗と比較した。強病原性線虫を接種した苗では, 接種2〜4週間後に明け方の水ポテンシャル(Ψ_<w(max)>)の値が急激に低下し, これ以前には, 光合成速度, 蒸散速度ともに対照苗と差が認...
YE Z, 福田健二, 宝月岱造, 鈴木和夫
日本林学会大会発表論文集   102nd 315-316   1991年10月
亀山統一, 福田健二, 鈴木和夫
日本林学会大会発表論文集   102nd 321-322   1991年10月
長谷川 絵里, 福田 健二, 鈴木 和夫
日本林學會誌   73(4) 315-320   1991年
関東地方におけるスギの衰退と水分生理状態(共著)
日本林学会大会論文集   100 585-586   1989年10月
ナラタケ属菌のアイソザイムパターンによる系統識別(共著)
日本林学会大会論文集   100 589-590   1989年10月

Misc

 
松村 愛美, 福田 健二
森林防疫   58(2) 72-75   2009年
Kenji Fukuda
Journal of Forest Research   21 259   2016年10月
© 2016, The Japanese Forest Society and Springer Japan.With regard to the Text Recycling Guidelines and Retraction Guidelines of the Committee on Publication Ethics, a careful analysis of the paper entitled “Hagihara A: Deriving the mean mass–den...
福田健二, 中山義治, 神庭正則, 深沢尚樹, KIM Kyung Hee
樹木医学研究   10(2) 85-96   2006年9月
福田 健二
樹木医学研究   12(4)    2008年10月
福田健二
森林科学   0(25) 60-61   1999年2月
伊藤進一郎, 楠木学, 福田健二
森林防疫   48(3) 58-64   1999年3月
福田 健二, 中山 義治, 神庭 正則, 深沢 尚樹, 金 京姫
樹木医学研究   10(2) 85-96   2006年9月
福田 健二
樹木医学研究   11(1) 1-2   2007年1月
福田 健二
樹木医学研究   4(2) 99-102   2000年9月
福田 健二, 坂上 大翼
樹木医学研究   7(1) 35-36   2003年3月
鈴木 和夫, 福田 健二
森林科学 : 日本林学会会報   0(15)    1995年10月

書籍等出版物

 
農山漁村文化協会   2016年3月   ISBN:4540151967
堀 大才, 阿部 恭久, 内田 均, 田畑 勝洋, 富樫 一巳, 福田 健二, 堀江 博道, 松下 範久, 三戸 久美子, 山田 利博 (担当:共著)
講談社   2014年3月   ISBN:406155235X
鈴木 和夫, 福田 健二 (担当:共編者)
朝倉書店   2012年4月   ISBN:4254171498
朝倉書店   2011年3月   ISBN:4254185316
Heywood V. H. (Vernon Hilton), 大沢 雅彦, 黒沢 高秀, 福田 健二, 尾崎 煙雄
朝倉書店   2008年   ISBN:9784254171396
松下 範久, 福田 健二, 鈴木 和夫
松下範久   2008年   
こんぶくろ池自然の森, こんぶくろ池自然博物公園アドバイザー会議
千葉日報社   2011年1月   ISBN:4904435230
福田 健二, 松下 範久, 坂上 大翼, 内海 泰弘
福田健二   2008年   
博友社   2010年7月   ISBN:482680217X
山田 利博 (1959.11-), 福田 健二, 光永 徹
山田利博   2008年   
V.H.ヘイウッド, 大澤 雅彦, 福田 健二, 黒沢 高秀 (担当:共著)
朝倉書店   2005年5月   ISBN:4254171145
日本緑化センター   2006年6月   ISBN:4931085393
東京大学出版会   2005年7月   ISBN:4130627120
鈴木 和夫
朝倉書店   2004年4月   ISBN:4254470363
有光 一登, 武田 博清, 生原 喜久雄, 谷本 丈夫 (担当:分担執筆, 範囲:衰退度測定法)
博友社   1999年9月   ISBN:4826801785
鈴木 和夫
朝倉書店   1999年7月   ISBN:4254470282
緑の環境設計(分担執筆項目:「森林の保全」)
NGT   2002年   

講演・口頭発表等

 
カシ類の葉に優占する内生菌Tubakia spp.の病原性
松村愛美・森永健太・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
ブナの葉内における内生菌の種間および種内の相互作用
松下範久・佐々木夏未・遠藤直樹・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
コンパクトMRIを用いた樹幹の樹液流速分布の可視化
平川雅文・長田晃佳・寺田康彦・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
マツノザイセンチュウからの簡易RNA 抽出法
田中克・横井寿郎・神崎菜摘・福田健二
第128回森林学会大会   2017年3月28日   
カシ類樹木の葉内内生Tubakia属菌群集の生態
森永健太・松村愛美・松下範久・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
都市化による森林の孤立がヤブツバキとヒサカキの葉内生菌群集に与える影響
デニスサヤ・松下範久・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月27日   
富士山亜高山帯林におけるコケ植物着生シアノバクテリアの種組成と窒素固定能
久保田将之・中逵正人・中村俊彦・松下範久・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月27日   
広葉樹の乾燥ストレスによる通水コンダクタンスの低下と回復のメカニズム
新村ゆい・矢崎健一・平川雅文・福田健二
第128回日本森林学会大会   2017年3月26日   
カシ類の葉内生菌群集の宿主選好性と培養特性
松村愛美・森永健太・福田健二
日本生態学会第64回大会   2017年3月17日   
長田晃佳, 福田健二, 巨瀬勝美, 寺田康彦
Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan   2016年11月16日   
コンパクトMRIを用いた位相法による樹幹の樹液流速分布の可視化
平川雅文・長田晃佳・寺田康彦・福田健二
樹木医学会第21回大会   2016年11月13日   
房総半島の暖温帯林に生育するヒサカキとヤブツバキの葉内生菌の群集構造
デニスサヤ・松下範久・福田健二
樹木医学会第21回大会   2016年11月13日   
異なる3地点におけるカシ類葉内生Tubakia属菌群集の比較
森永健太・松村愛美・福田健二
樹木医学会第21回大会   2016年11月13日   
ブナの葉内における内生菌の詳細分布
松下範久・佐々木夏未・福田健二
樹木医学会第21回大会   2016年11月13日   
梅林利弘, 福田健二
日本植物学会大会研究発表記録   2016年9月1日   
長田晃佳, 福田健二, 巨瀬勝美, 寺田康彦
NMRマイクロイメージング研究会講演要旨集   2016年8月   
森永健太, 松村愛美, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集   2016年3月27日   
樹木の葉の内生菌は展葉前の芽にほとんど感染しておらず、一般的に展葉期の新葉に胞子感染すると考えられている。さらに、内生菌の感染は微小環境の変化などに影響されると考えられるが、展葉期の葉の内生菌群集の変化を詳細に観察した例は少ない。そこで、街路樹や屋敷林に多いシラカシを対象に展葉期の内生菌群集の変化とフェノロジーとの関係を検討した。調査は千葉県柏市北部に位置するこんぶくろ池自然博物公園と東京大学柏キャンパス内の林で、シラカシの展葉期である5~8月に計11回行い、各地点のシラカシ3個体から展葉...
田中克, 田中克, 田中龍聖, 田中龍聖, 竹内祐子, 神崎菜摘, 菊地泰生, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集   2016年3月27日   
平川雅文, 長田晃佳, 小笠真由美, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集   2016年3月27日   
木部組織の通水性や樹液流速は、樹木の健全性と大きく関わっている。樹木における樹液流速の測定は、従来、ヒートパルス法や茎熱収支法をはじめとして、樹幹中の特定の点、または面の平均値として流速を測定してきたが、ある断面における樹液流速分布を可視化した例は少ない。MRIを用いた測定法においては、樹幹横断面における各ピクセルの樹液流速分布を画像化することが可能とされており、その手法の1つとしてADCマッピングの利用が考えられる。ADCマッピングとは、ADC (Apparent Diffusion C...
矢崎健一, 竹之内曉子, 渡邊誠, 渡辺憲, 小笠真由美, 飛田博順, 北尾光俊, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2016年   
田中克, 田中克, 神崎菜摘, 相川拓也, 田中龍聖, 田中龍聖, 竹内祐子, 福田健二
Nematological Research   2015年12月20日   
梅林利弘, 福田健二
日本木材学会北海道支部講演集(Web)   2015年11月   
児島美喜, 高橋由紀子, 松村愛美, 福田健二
樹木医学研究   2015年10月31日   
高橋由紀子, 白水貴, 福田健二, 山東智紀, TRAKULNALEAMSAI Savitr
樹木医学研究   2015年4月30日   
小笠真由美, 内海泰弘, 三木直子, 矢崎健一, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
梅林利弘, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
小沢彩, 松村愛美, 高橋由紀子, 福田健二
樹木医学研究   2015年1月31日   
渋谷園実, 福田健二, 桐谷圭治
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2015年   
松村愛美, 小沢彩, 福田健二
樹木医学研究   2014年7月31日   
高橋由紀子, 松村愛美, 佐野太悠, SON Kung, QI Meng, ZHOU Xia, 福田健二, YANG Yongchuan
樹木医学研究   2014年7月31日   
佐野太悠, 高橋由紀子, SON Kung, QI Meng, ZHOU Xia, 福田健二, YANG Yongchuan
樹木医学研究   2014年7月31日   
高橋由紀子, 佐野太悠, 田中(小田)あゆみ, 福田健二, YANG Y.
日本菌学会大会講演要旨集   2014年5月31日   
松村愛美, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
高橋由紀子, 小笠真由美, 坂上大翼, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
瀧下 陽子, 小此木 宏明, 福田 健二
千葉県生物多様性センター研究報告 = Report of the Chiba Biodiversity Center   2014年2月   
稲岡 哲郎, 福田 健二
千葉県生物多様性センター研究報告 = Report of the Chiba Biodiversity Center   2014年2月   
小笠真由美, 内海泰弘, 三木直子, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2014年   
高橋由紀子, 松村愛美, 佐野太悠, 福田健二, YANG Y., 伊藤進一郎
日本菌学会大会講演要旨集   2013年5月15日   
小沢彩, 松村愛美, 高橋由紀子, 福田健二
樹木医学研究   2013年4月30日   
清水愛, 木村公樹, 田中龍聖, 福田健二, 神崎菜摘
樹木医学研究   2013年4月30日   
松村愛美, 福田健二
樹木医学研究   2013年4月30日   
福田健二, 朽名夏麿, 寺田徹, UDDIN Mohammad Nizam, 神保克明, MANSOURNIA Mohammad Reza, 渋谷園実, 横川諒, 佐藤樹里, 山本博一, 横張真
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
柏市を含む千葉県東葛地域は、周辺地域に比べて高濃度の放射能汚染がみられる「ホットスポット」となっている。開発が進む柏市北部に残された都市近郊林「こんぶくろ池自然博物公園」、「大青田の森」、「東大柏キャンパス」の3か所を調査地として、森林内の放射能汚染の実態を調査した。林内の空間線量は0.2~0.3μSv/h前後で同地区の芝生地等に比べてやや低く、樹冠による放射性セシウムの遮断が示唆された。樹幹のセシウム濃度は、樹幹上部の外樹皮で最も高く、材部では低濃度であったが、2011年の年輪の一部や2...
清水愛, 木村公樹, 田中龍聖, 福田健二, 神崎菜摘
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
マツ材線虫病によってマツが大量に枯れると,林業生産や景観保全上の問題のみならず,マツ林を利用する生物相にも影響を与えると考えられる.そこで,被害状況の異なる林分において,マツの丸太トラップを用いて,マツを利用する樹皮下穿孔性昆虫とそれに随伴する昆虫嗜好性線虫相の比較を行った.調査は,マツ材線虫病被害の北限を挟んだ日本海側の海岸マツ林3ヶ所,青森県深浦町(被害未発生地),秋田県八峰町(被害進行地),および能代市(被害終息地)において行った.丸太トラップに穿孔した昆虫の頭数は,未発生地に比べて...
赤見亜衣, 楠本大, 平尾知士, 渡辺敦史, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
マツ材線虫病感受性マツの病徴進展は,前期と進展期に分けられる.前期には線虫の分散と樹脂道の破壊,柔細胞の変性が起こり,木部で部分的な通水阻害が発生する.進展期には,柔細胞の壊死,形成層の破壊が拡大し,通水阻害が木部全面に拡大して萎凋枯死に至る.本病に対する抵抗性マツの選抜が進められているが,個体間で抵抗性レベルに差があることが知られている.個体間の病徴進展の違いを明らかにすることで,抵抗性メカニズムに迫ることができると考えられる.そこで,抵抗性クロマツ2クローン(土佐清水63,大分8)と感...
高橋由紀子, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
ブナ科樹木萎凋病は,病原菌Raffaelea quercivoraの感染に起因する局所的な通水阻害の多重発生によって引き起こされる.この通水阻害にはキャビテーションの発生が関与していると推察されてきたが,本病の主因である菌糸の動態に着目した研究は少なく,菌糸分布と通水阻害発生との関係も明らかにされていない.本研究では,R. quercivora 接種がミズナラ樹体内の水分通道に与える影響を明らかにするために,宿主樹体内の菌糸分布と水分布との位置関係について調査した.病原菌菌糸を蔓延させた湿...
三木直子, 小笠真由美, 津田智和, 楊霊麗, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
小笠真由美, 内海泰弘, 梅林利弘, 三木直子, 福田健二
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   2013年   
渋谷園実, キクビツェザール, 福田健二, 久保田耕平, 大澤雅彦
個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集   2012年10月20日   
福田健二, 朽名夏麿, 鬼頭秀一, 山路永司, 斎藤馨, 小貫元治, 神保克明, 松尾泰範, 鯉渕幸生, 三谷啓志, 末吉和人
アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   2012年6月20日   
田中(小田)あゆみ, 村尾敏寿, 片山博之, 田中憲蔵, 福田健二
樹木医学研究   2012年4月30日   
高橋由紀子, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2012年3月26日   
清水愛, 清水愛, 田中龍聖, 秋庭満輝, 升屋勇人, 岩田隆太郎, 福田健二, 神崎菜摘
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2012年3月26日   
梅林利弘, 福田健二, 米道学, 里見重成, 山田利博
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2012年3月26日   
渋谷園実, KIKVIDZE Zaal, 福田健二, 久保田耕平, 大澤雅彦
日本動物行動学会大会発表要旨集   2012年   
小倉美保, 内海泰弘, 福田健二
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   2012年   
田中(小田)あゆみ, 松村愛美, 森田敏充, 田中憲蔵, 福田健二
樹木医学研究   2011年7月31日   
田中 小田 あゆみ, 松村 愛美, 森田 敏充, 田中 憲蔵, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   2011年7月31日   
宮田正規, 呉炳雲, KIKVIDZE Zaal, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
梅林利弘, 梅林利弘, 山田利博, 福原一成, 遠藤良太, 米道学, 里見重成, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
森田敏充, 清水淳子, 松下範久, 高橋由紀子, 渡辺直明, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
坂上大翼, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
松村愛美, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
赤見亜衣, 小松雅史, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
田中(小田)あゆみ, 増田寛子, 田中憲蔵, 王林和, 張国盛, 吉川賢, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
鵜川信, 三浦覚, 岩本宏二郎, 金子真司, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
田中(小田) あゆみ, 増田 寛子, 田中 憲蔵, 王 林和, 張 国盛, 吉川 賢, 福田 健二
日本森林学会大会発表データベース   2011年   
清水 愛, 田中 龍聖, 秋庭 満輝, 升屋 勇人, 岩田 隆太郎, 福田 健二, 神崎 菜摘
日本森林学会大会発表データベース   2011年   
高橋 由紀子, 福田 健二
日本森林学会大会発表データベース   2011年   
梅林 利弘, 福田 健二, 米道 学, 里見 重成, 山田 利博
日本森林学会大会発表データベース   2011年   
梅林利弘, 梅林利弘, 山田利博, 福原一成, 遠藤良太, 米道学, 里見重成, 福田健二
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   2011年   
森田敏充, 梅林利弘, 清水淳子, 福田健二
日本植物学会大会研究発表記録   2010年9月8日   
松村 愛美, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   2010年7月31日   
赤見 亜衣, 梅林 利弘, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   2010年7月31日   
森田 敏充, 清水 淳子, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   2010年7月31日   
野口 雄二郎, 田中 小田 あゆみ, 梅林 利弘, 赤見 亜衣, 田中 憲蔵, 福田 健二
樹木医学研究 = Journal of tree health   2010年7月31日   
松村愛美, 福田健二
日本菌学会大会講演要旨集   2010年5月6日   
宮田正規, 福田健二
日本菌学会大会講演要旨集   2010年5月6日   
田中(小田)あゆみ, 野口雄二郎, 梅林利弘, 赤見亜衣, 田中憲蔵, 福田健二
樹木医学研究   2010年4月30日   
是常知美, 福田健二, 常朝陽, 亢福仁, 艾海艦
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
臼杵裕之, 谷口武士, 山中典和, 王林和, 吉川賢, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
福田健二, 梅林利弘, 外岡遼, 額谷悠夏, ZUHAIR Sule, 野口雄二郎, 赤見亜衣, 田中(小田)あゆみ, 拝師智之
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
小此木宏明, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
菊池研介, 佐藤修正, 田畑哲之, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
田中(小田)あゆみ, 田中憲蔵, 是常知美, 佐々木治人, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
赤見亜衣, 梅林利弘, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
小此木宏明, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
野口雄二郎, 梅林利弘, 高橋由紀子, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
寺田篤人, 鵜川信, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
白川一代, 小此木宏明, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
小栗寛, 石田厚, 福田健二
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
田中(小田) あゆみ, 田中 憲蔵, 是常 知美, 佐々木 治人, 福田 健二
日本森林学会大会発表データベース   2010年   
菊池 研介, 佐藤 修正, 田畑 哲之, 福田 健二
日本森林学会大会発表データベース   2010年   
外岡 遼, 梅林 利弘, 福田 健二
樹木医学研究   2009年7月31日   
清水 淳子, 羽切 俊勝, 池本 三郎, 福田 健二
樹木医学研究   2009年7月31日   
田中(小田) あゆみ, 臼杵 裕之, 小栗 寛, 野口 雄二郎, 寺田 篤人, 白川 一代, 大澤 幸太, 小島 圭, 福田 健二
樹木医学研究   2009年7月31日   
野口雄二郎, 梅林利弘, 福田健二
NMRマイクロイメージング研究会講演要旨集   2009年7月   
清水 淳子, 福田 健二, 池本 三郎
樹木医学研究   2009年4月30日   
額谷 悠夏, 田中(小田) あゆみ, 福田 健二
樹木医学研究   2009年4月30日   
是常知美, 福田健二, 常朝陽, 石福臣
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2009年3月25日   
小此木宏明, 福田健二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2009年3月25日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 福田 健二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 伊藤 進一郎
ブナ科樹木の萎凋病の病原菌(Raffaelea quercivora)に対するブナ科コナラ属樹種間で感受性が異なるメカニズムを明らかにするため,5樹種の苗木に接種試験を行った.その結果,環孔材でも樹種間で感受性が異なり,道管配列のみが菌糸の伸展に及ぼす影響少ないと考えられた.また,感受性樹種では接種直後にフェノール物質が集積し,その後脂質物質の集積が顕著で,これらが菌糸の伸展を抑制していると考えられた.韓国全土,タイ北部で採集した菌叢がR.quercivora様菌株の分子生物学的な解析では...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 福田 健二
木部通水阻害の進展と線虫の樹幹内分布の関係を明らかにするために,U字型コイルを装着したコンパクトMRI(核磁気共鳴画像装置)を用いて,3年生クロマツ苗25本の接種後の通水阻害の3次元的な進展を非破壊的に観察した.その後,観察した各部位から線虫を分離して,撮像部位の通水阻害の進展過程と線虫の分布との関係を検討した.接種5日後には,接種傷以外の部位に新たな黒色の領域(通水阻害)が認められ,その領域は接種部付近でわずかに生じていたものから撮像部位全域にわたってみられるものまで様々であった.通水阻...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 伊藤 進一郎
世界的にドングリを実らせる樹木, ナラ類に衰退・枯死の発生が問題となっている. 日本でも1980年以降, 日本海側でナラ類が集団的に枯死する被害が発生し, 現在も拡大傾向にある. そこでブナ科樹木の樹種間における感受性の差異に関与する要因の研究を行った。その結果, 樹種間で感受性の差異は大きく, その差異は辺材部における接線方向への変色域や非通水域の拡大範囲と関係していることが分かった. 一方, 病原菌Raffaelea quercivoraの接種試験によって, 枯死に至らない事例も多く,...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 福田 健二
マツ材線虫病の病徴進展における水分通道阻害の発生メカニズムを明らかにするため,MRIを用いた水分通道の非破壊観察,アコースティックエミッション(AE)によるキャビテーション発生のモニタリング,ひずみゲージによる茎の水ポテンシャルの連続計測という3つの非破壊観察手法を用いて,マツノザイセンチュウ接種後の生理的変化をモニターした.その結果,材線虫病による水分通道阻害の進展は,従来の前期および進展期に,潜伏期を加えた3段階に区分された.接種後数日間の潜伏期においては,AEによって記録されたキャビ...