梶原健司

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/06 16:56
 
アバター
研究者氏名
梶原健司
eメール
kajiimi.kyushu-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40268115
所属
九州大学
部署
マス・フォア・インダストリ研究所
職名
教授
学位
博士(工学)
科研費研究者番号
40268115
ORCID ID
0000-0002-0543-9384

プロフィール

1964年生まれ.1989年東京大学工学部計数工学科数理工学コース卒,1994年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了.

可積分系の理論,特にパンルヴェ系の理論や離散可積分系の理論とその応用に興味を持ってきました.最近ではそこで得た知見をベースに,微分幾何・離散微分幾何における可積分構造に注目し,設計諸分野の方々と協力しながら幾何学的形状生成に関する研究を推進しています.工学部の応用物理系出身ですが,時勢の移り変わりとともに数学コミュニティで仕事をするようになりました.まっすぐでない遍歴を積極的に研究や教育に生かしたいと思っています.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年7月
 - 
現在
ラ・トローブ大学(オーストラリア) 数学統計学教室 客員教授
 
2011年4月
 - 
現在
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 教授
 
2009年1月
 - 
2011年3月
九州大学 大学院数理学研究院 教授
 
2001年10月
 - 
2009年1月
九州大学 大学院数理学研究院 准教授
 
1997年4月
 - 
2001年9月
同志社大学 工学部電気工学科 助教授
 

競争的資金等の研究課題

 
JST: CREST
研究期間: 2019年10月 - 2025年3月    代表者: 梶原健司
可展面など性質のよい曲面を形状要素にもつ新しい離散曲面の幾何学を創始し、美的形状の理論を取り入れ、その上に構造解析・最適化手法を構築します。その枠組みで、美とアート性を備え、安全・安心を担保する構造物設計を効率的かつ低コストで可能にする革新的ソフトウェア基盤を開発します。設計諸分野の知識を数学の力で形状の幾何学として統合し、緻密で美しい製品を生み出すが高コストの日本のものづくり再生の基盤とします。
離散可積分幾何の深化と展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 梶原健司
離散微分幾何に基づく離散時間幾何モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 梶原健司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 梶原健司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 梶原健司

委員歴

 
2015年
 - 
現在
Journal of Integrable Systems  Editorial Board
 
2012年
 - 
現在
Pacific Journal of Mathematics for Industry  Editorial Board
 
2010年
 - 
現在
Journal of Nonlinear Mathematical Physics  Editorial Board
 
2012年5月
 - 
2017年12月
Institute of Physics  Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical Editorial Board
 
2012年5月
 - 
2014年6月
日本応用数理学会  理事
 

論文

 
Sebastián Elías Graiff Zurita and Kenji Kajiwara
JSIAM Letters   11 73-76   2019年12月   [査読有り]
After characterizing the integrable discrete analogue of the Euler's elastica, we focus our attention on the problem of approximating a given discrete planar curve by an appropriate discrete Euler's elastica. We have decided to do the fairing proc...
Shizuo Kaji, Kenji Kajiwara, Hyeongki Park
Nonlinear Systems and Their Remarkable Mathematical Structures: Volume 2 (CRC Press,2019)   356-381   2019年12月   [査読有り]
A linkage mechanism consists of rigid bodies assembled by joints which can be used to translate and transfer motion from one form in one place to another. In this paper, we are particularly interested in a family of spacial linkage mechanisms whic...
Nalini Joshi, Kenji Kajiwara, Tetsu Masuda and Nobutaka Nakazono
arXiv:1908.10060      2019年8月
We derive the cross-ratio equations and similarity constraint that lead to discrete power functions and associated circle patterns on a hexagonal lattice from two starting points: the ABS equations and the Garnier systems. This provides a differen...
Sampei Hirose, Jun-ichi Inoguchi, Kenji Kajiwara, Nozomu Matsuura and Yasuhiro Ohta
Journal of Integrable Systems   4(1) xyz003   2019年7月   [査読有り]
The local induction equation, or the binormal flow on space curves is a well-known model of
deformation of space curves as it describes the dynamics of vortex filaments, and the complex
curvature is governed by the nonlinear Schrödinger equation. ...
Hyeongki Park, Jun-ichi Inoguchi, Kenji Kajiwara, Ken-ichi Maruno, Nozomu Matsuura and Yasuhiro Ohta
Int. J. Geom. Methods Mod. Phys.   16(7) 1950100   2019年7月   [査読有り]
We formulate an isoperimetric deformation of curves on the Minkowski plane, which is governed by the defocusing mKdV equation. Two classes of exact solutions to the defocusing mKdV equation are also presented in terms of the τ functions. By using ...
Jun-ichi Inoguchi, Kenji Kajiwara, Kenjiro T. Miura, Hyeongki Park and Wolfgang K. Schief
arXiv:1808.03104      2018年8月
In this paper, we consider a class of plane curves called log-aesthetic curves and their generalization which is used in CAGD. We consider these curves in the context of similarity geometry and characterize them in terms of a ``stationary'' integr...
Hyeongki Park, Kenji Kajiwara, Takashi Kurose and Nozomu Matsuura
JSIAM Letters   10 25-28   2018年7月   [査読有り]
We show that plane curves in the centroaffine geometry admit a flow which is described by the defocusing modified KdV equation. We establish a correspondence between this flow and the KdV flow in the equicentroaffine geometry. We also present an e...
Dimetre Triadis, Philip Broadbridge, Kenji Kajiwara and Ken-ichi Maruno
Stud. Appl. Math.      2018年3月   [査読有り]
Jun-ichi Inoguchi, Kenji Kajiwara, Kenjiro T. Miura, Masayuki Sato, Wolfgang K. Schief, Yasuhiro Shimizu
Computer Aided Geometric Design   61 1-5   2018年3月   [査読有り]
In this paper we consider the log-aesthetic curves and their generalization which are used in CAGD. We consider those curves under similarity geometry and characterize them as stationary integrable flow on plane curves which is governed by the Bur...
K.T. Miura, S. Suzuki, R.U. Gobithaasan, S. Usuki, J. Inoguchi, M. Sato, K. Kajiwara, Y. Shimizu
Computer-Aided Design and Applications      2017年10月   [査読有り]
A curve is considered fair if it consists of continuous and few monotonic curvature segments. Polynomial curves such as Bézier and B-spline curves have complex curvature function, hence the curvature
profile may oscillate easily with a little twea...

Misc

 
平面曲線の等周変形の離散モデルと離散可積分系
梶原健司
MI レクチャーノート「科学・技術の研究課題への数学アプローチー数学モデリングの基礎と展開」   46 57-62   2013年3月   [依頼有り]
可積分系入門
梶原健司
MI レクチャーノート「離散可積分系・離散微分幾何チュートリアル2012」   40 1-24   2012年3月   [依頼有り]
MiuraRobert M., 梶原健司, 及川正行
数学セミナー   47(9) 44-49   2008年9月
MiuraRobert M., 梶原健司, 及川正行
数学セミナー   47(8) 32-38   2008年8月

書籍等出版物

 
離散可積分系・離散微分幾何チュートリアル2012
井ノ口順一,太田泰広,筧三郎,梶原健司,松浦望 (担当:編者)
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,九州大学大学院数理学研究院   2012年3月   
岩波書店   2010年3月   ISBN:4000052055
丸善   2005年3月   ISBN:4621075292
中村 佳正, 渡辺 芳英, 西成 活裕, 松木平 淳太, 永井 敦, 辻本 諭, 佐々 成正, 梶原 健司
裳華房   2000年6月   ISBN:4785315202