基本情報

所属
独立行政法人日本学術振興会 ワシントン研究連絡センター 所長
高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 特別教授
学位
理学博士(1979年3月 筑波大学)

J-GLOBAL ID
201101058438859874

外部リンク

東京都出身。中等部からそのまま苦労せずに慶応義塾大学工学部卒(計測工学)。朝永先生にあこがれて東京教育大学に入ったら筑波大学に移転、そこを修了(素粒子論、理学博士)。就職が無くて困っていたら加速器を勧められ高エネルギー物理学研究所(KEK)で助手に。TRISTAN、KEKB加速器の理論研究を行う。加速器など「単なる技術」と思っていたら大間違いで、理論物理学のテーマがいくらでもあり、研究者も少ないので無人の荒野を行く楽しさを味わう。「単なる技術」など無いこともよくわかった。ICFA Beam Dynamics Panel委員、委員長、ビーム物理研究会の立ち上げ、総研大共同研究「非線形現象の数理科学」などの活動の後、総合研究大学院大学に移り大学院生への総合教育と分野横断的な研究プログラムの助成に関わる。時の流れもあり、科学技術社会論学会の立ち上げにも関わる。所属専攻では生命系の学生に対する「科学と社会」の副論文(必修)の指導を主にした。定年後、KEK(高エネルギー加速器研究機構、と改名していた)にもどり、そこからJSPSワシントンオフィスに出向。人生、何が起きるかわからないものですね、

専門:ビーム物理、科学技術社会論、科学コミュニケーション論。

現在の研究:巨大科学の社会史、大学共同利用機関の歴史、科学におけるコミュニケーション、加速器ビームの非線形現象。支離滅裂のように見えるかもしれないが、私の中では一つのことである。加速器におけるビームのふるまいは非線形であるために、あらゆる部分が関わり合う。このため「専門馬鹿」の寄せ集めでは良いものはできない。ここに巨大科学、大型装置科学の特徴がある。そのための研究者集団は共同利用機関に依拠することで成立したが、そこでは様々な研究者集団、外部集団が協力と対立を繰り返す。そこをコミュニケーションの観点からとらえてみると、科学論争と見えるものが実際は権力闘争だったりする。その辺を研究するのも科学技術社会論の課題である。。。。


MISC

  14

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  6

論文

  15

共同研究・競争的資金等の研究課題

  12

委員歴

  5

社会貢献活動

  1