郡 伸子

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/10 14:51
 
アバター
研究者氏名
郡 伸子
 
コオリ ノブコ
学位
修士(理学)(北海道大学)

研究分野

 
 
  • 科学教育・教育工学 / 科学教育 / 科学技術コミュニケーション

経歴

 
2015年4月
 - 
2017年9月
北海道大学博士課程教育リーディングプログラム 物質科学フロンティアを開拓する Ambitiousリーダー育成プログラム 事務局 事務補佐員
 
2014年12月
 - 
2015年3月
北海道大学高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 博士研究員
 
2014年4月
 - 
2014年11月
北海道大学高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 学術研究員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院理学院自然史科学専攻 博士前期課程
 
1989年4月
 - 
1993年3月
小樽商科大学 商学部 経済学科
 

論文

 
早岡英介,郡伸子,藤吉亮子,池田貴子,鳥羽妙,川本思心
科学技術コミュニケーション   (17) 35-55   2015年7月   [査読有り]
北海道大学科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)の教育実践「リスクコミュニケーション選択実習」において、福島の農業と放射能リスクに取り組み、2015年2月から3月にわたり3つの対話イベントを実施。およそ7ヶ月の教育・実践のプロセスを検証し、受講生は「当事者性」「主体性」「多様な価値観」を獲得し、上記3つの能力にポジティブな効果がもたらされたことを明らかにした。
地球規模での市民参加における市民同士の討論の課題と可能性に関する研究
郡 伸子
北海道大学      2014年3月   [査読有り]
2012年9月に行われた「生物多様性に関する世界市民会議(WWViews on Biodiversity)」を題材に、社会学的なアプローチで参加者同士の討論を分析し、地球規模の環境問題について、地域や国を超えて多国間で共通の枠組みで話し合う際の討論の課題と可能性を明示した。
郡 伸子, 寺村 たから, 佐尾 賢太郎, 遠藤 恭平, 三上 直之
科学技術コミュニケーション   (13) 31-46   2013年6月   [査読有り]
World Wide Views on Biodiversity (WWViews2012) was held on September 15, 2012. Roughly 3,000 ordinary citizens in 25 countries participated in it simultaneously, and they deliberated on issues such as the conservation of biodiversity both on land ...
郡 伸子
科学技術コミュニケーション   (8) 65-76   2010年12月   [査読有り]
子どもの携帯電話利用をめぐるさまざまな問題について、札幌市立和光小学校のPTAを対象に講座を設計・実施した。開発したバルネラビリティシート、専門家からの情報提供、映像を使った疑似体験を盛り込んだイベントの設計は、保護者が当事者意識を持つこと、リスクに対する脆弱性を認識することに効果があることがわかった。主体的にリスクを低減するには、脆弱性の認識が重要であることを明らかにした。
郡 伸子
科学技術コミュニケーション   (7) 145-153   2010年2月   [査読有り]
札幌市立和光小学校で行われた親子 ロケット教室を事例に、技術者である植松努氏の実演するプログラムの特長を7つの要素に分けて分析した。宇宙開発の現場を熟知する技術者の強みを生かした説得力のある講話と、安全性を確保した面白い実験が、他の一般的なサイエンスイベントとは異なる特長であることが分かった。

Misc

 
三上直之・郡伸子・三浦太郎・横川修
平成23年度札幌市大学提案型共同研究 報告書   29-43   2012年3月

講演・口頭発表等

 
リスクコミュニケーションのための情報提供資料をどう作るか~福島県産米をめぐる反応を例に
早岡英介・郡伸子・川本思心
科学技術社会論学会 第13回年次研究大会   2014年11月16日