MISC

2015年9月

原子力機構TIARA施設の現状

Proceedings of 12th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan (インターネット)
  • 湯山 貴裕
  • ,
  • 石堀 郁夫
  • ,
  • 倉島 俊
  • ,
  • 吉田 健一
  • ,
  • 石坂 知久
  • ,
  • 千葉 敦也
  • ,
  • 山田 圭介
  • ,
  • 横山 彰人
  • ,
  • 薄井 絢
  • ,
  • 宮脇 信正
  • ,
  • 柏木 啓次
  • ,
  • 百合 庸介
  • ,
  • 鳴海 一雅
  • ,
  • 石井 保行
  • ,
  • 佐藤 隆博
  • ,
  • 大久保 猛
  • ,
  • 喜多村 茜
  • ,
  • 奥村 進
  • ,
  • 奈良 孝幸

開始ページ
302
終了ページ
304
記述言語
日本語
掲載種別

日本原子力研究開発機構のイオン照射施設TIARAでは4台の加速器により、材料・バイオ技術の研究開発への利用を主として、広範囲のエネルギー及び多様なイオン種のビームを提供している。本発表では2014年度のTIARAの稼働状況、保守・整備及び技術開発を報告する。保守・整備及び技術開発の主要な内容を以下に示す。サイクロトロンの高周波系において、ショート板用接触子に焼損が発生したため、接触子の交換及び焼損箇所の研磨を行うことで復旧させた。原因調査の結果、経年劣化によりフィードバックケーブルが断線しかかっていたため、不必要な高電圧が印加されたことが原因と判明した。サイクロトロン制御システムに関して、サポートが停止されたWindows XPをWindows 7に変更し、これに伴い制御システムを更新するとともに、トレンドグラフのログデータ保存機能、操作画面上の制御対象一括選択機能の付加など、各種機能を向上させた。C$_{60}$イオンビームの計測に関して、複雑な二次荷電粒子を生成するC$_{60}$イオンビームの正確な電流測定のために、サプレッサー電極の構造を改良することで二次荷電粒子を十分捕集するファラデーカップを開発した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5052671

エクスポート
BibTeX RIS