草間 和哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/08 22:10
 
アバター
研究者氏名
草間 和哉
 
クサマ カズヤ
所属
東京薬科大学
部署
薬学部
職名
助教
学位
博士(薬学)
科研費研究者番号
30579149

研究分野

 
 

経歴

 
2019年7月
 - 
現在
東京薬科大学 薬学部 助教
 
2016年8月
 - 
2019年6月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任助教
 
2015年5月
 - 
2015年8月
アルバートアインシュタイン 医科大学 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2016年7月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京薬科大学 大学院薬学研究科 
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京薬科大学 薬学部 医療薬学科
 

受賞

 
2017年7月
Society for the Study of Reproduction (SSR) 50th Annual Meeting USDA-NIFA-AFRI Merit Award
 
2015年9月
第108回日本繁殖生物学会 優秀発表賞
 
2014年11月
関東畜産学会第69回大会 優秀発表賞
 
2013年3月
日本薬学会第133年会 優秀発表賞
 
2012年9月
International Federation of Placenta Associations (IFPA) Meeting 2012 The Y.W. Loke New Investigator Award
 

論文

 
Kusama K, Tamura K, Bai H, Sakurai T, Nishi H, Isaka K, Imakawa K, Yoshie M
Reproduction, fertility, and development   30(11) 1454-1461   2018年10月   [査読有り]
Bai R, Kusama K, Nakamura K, Sakurai T, Kimura K, Ideta A, Aoyagi Y, Imakawa K
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   32(6) 3371-3384   2018年6月   [査読有り]
Imakawa K, Bai R, Kusama K
Journal of Animal Science   96(7) 3009-3021   2018年6月   [査読有り]
Kusama K, Bai R, Imakawa K
Journal of cellular biochemistry   119(6) 4918-4927   2018年6月   [査読有り]
Rashid MB, Talukder AK, Kusama K, Haneda S, Takedomi T, Yoshino H, Moriyasu S, Matsui M, Shimada M, Imakawa K, Miyamoto A
Biochemical and biophysical research communications   500(4) 879-884   2018年6月   [査読有り]
Talukder AK, Rashid MB, Yousef MS, Kusama K, Shimizu T, Shimada M, Suarez SS, Imakawa K, Miyamoto A
Scientific reports   8(1) 7850   2018年5月   [査読有り]
Bai R, Latifi Z, Kusama K, Nakamura K, Shimada M, Imakawa K
Biochemical and biophysical research communications   495(1) 1094-1101   2018年1月   [査読有り]
Kusama K, Nakamura K, Bai R, Nagaoka K, Sakurai T, Imakawa K
Biochemical and biophysical research communications   495(1) 1370-1375   2018年1月   [査読有り]
Sakurai T, Nakagawa S, Bai H, Bai R, Kusama K, Ideta A, Aoyagi Y, Kaneko K, Iga K, Yasuda J, Miyazawa T, Imakawa K
The Biochemical journal   474(20) 3499-3512   2017年10月   [査読有り]
Imakawa K, Bai R, Nakamura K, Kusama K
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   88(7) 927-936   2017年7月   [査読有り]
Nakamura K, Kusama K, Bai R, Ishikawa S, Fukushima S, Suda Y, Imakawa K
PLoS One   12(5) e0178442   2017年5月   [査読有り]
Imakawa K, Bai R, Fujiwara H, Ideta A, Aoyagi Y, Kusama K
The Journal of endocrinology   233(1) R53-R65   2017年4月   [査読有り]
Kusama K, Bai R, Nakamura K, Okada S, Yasuda J, Imakawa K
PLoS One   12(2) e0171858   2017年2月   [査読有り]
Kusama K, Bai R, Sakurai T, Bai H, Ideta A, Aoyagi Y, Imakawa K
Domestic Animal Endocrinology   57 21-30   2016年10月   [査読有り]
Kusama K, Bai R, Ideta A, Aoyagi Y, Okuda K, Imakawa K
Molecular and cellular endocrinology   434 81-92   2016年10月   [査読有り]
Nakamura K, Kusama K, Bai R, Sakurai T, Isuzugawa K, Godkin JD, Suda Y, Imakawa K
PLoS One   11(6) e0158278   2016年6月   [査読有り]
Imakawa K, Dhakal P, Kubota K, Kusama K, Chakraborty D, Karim Rumi MA, Soares MJ
Reproduction (Cambridge, England)   151(5) 509-516   2016年5月   [査読有り]
Imakawa K, Bai R, Fujiwara H, Kusama K
Reproductive medicine and biology   15(1) 1-11   2016年1月   [査読有り]
Imakawa K, Nakagawa S, Kusama K
Uirusu   66(1) 1-10   2016年   [査読有り]
Tamura K, Takashima H, Fumoto K, Kajihara T, Uchino S, Ishihara O, Yoshie M, Kusama K, Tachikawa E
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   22(9) 1088-1097   2015年9月   [査読有り]
Bai R, Kusama K, Sakurai T, Bai H, Wang C, Zhang J, Kuse M, Ideta A, Aoyagi Y, Okuda K, Imakawa K
Biology of reproduction   93(2) 46   2015年8月   [査読有り]
Kusama K, Yoshie M, Tamura K, Imakawa K, Isaka K, Tachikawa E
PLoS One   10(7) e0132017   2015年7月   [査読有り]
Yoshie M, Kusama K, Tamura K
Journal of Mammalian Ova Research   32(3) 95-102   2015年7月   [査読有り]
Kusama K, Yoshie M, Tamura K, Imakawa K, Tachikawa E
Journal of molecular endocrinology   54(1) 17-24   2015年2月   [査読有り]
Kusama K, Yoshie M, Tamura K, Daikoku T, Takarada T, Tachikawa E
Reproduction (Cambridge, England)   147(6) 897-906   2014年6月   [査読有り]
Kusama K, Yoshie M, Tamura K, Nakayama T, Nishi H, Isaka K, Tachikawa E
Endocrinology   155(1) 240-248   2014年1月   [査読有り]
Kusama K, Yoshie M, Tamura K, Kodaka Y, Hirata A, Sakurai T, Bai H, Imakawa K, Nishi H, Isaka K, Nagai T, Nagao T, Tachikawa E
Placenta   34(3) 212-221   2013年3月   [査読有り]
Yoshie M, Kaneyama K, Kusama K, Higuma C, Nishi H, Isaka K, Tamura K
Human reproduction (Oxford, England)   25(9) 2229-2238   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
牛白血病撲滅を目指して:新たなアプローチの必要性
今川和彦、草間和哉、白汝嵐、稲垣靖子
MPアグロジャーナル   33 25-28   2018年   [依頼有り]
妊娠における補体iC3bの新たな胎仔免疫寛容への効果
中村圭吾、草間和哉、白汝嵐、須田義人、今川和彦
日本生殖内分泌学会雑誌   22 39-47   2017年   [依頼有り]
着床成立に向けた子宮環境の構築と再構築
草間和哉、今川和彦
日本胚移植学雑誌   38 123-129   2016年   [依頼有り]
ウシの繁殖成績・受胎率の向上を目指して インターフェロン・タウの発見とその利用
今川和彦、草間和哉
MPアグロジャーナル   20 17-21   2015年   [依頼有り]
遺伝子発現の網羅的解析による胚・胎盤発生の解析
今川和彦、白汝嵐、草間和哉
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   22(1) 47-51   2015年   [依頼有り]
ラット子宮間質細胞の脱落膜化におけるCalreticulinの役割
吉江幹浩、草間和哉、田村和広、山崎梨沙香、立川英一
日本生殖内分泌学会雑誌   20 35-40   2015年   [依頼有り]
ウシの繁殖成績向上を目指して:基礎研究から
今川和彦、白汝嵐、草間和哉
関東畜産学会報誌   64(2) 17-25   2014年   [依頼有り]
加齢と子宮機能:いかにして着床率をあげるか?
今川和彦、草間和哉
生殖バイオロジー東京シンポジウム会誌   20-29   2014年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
不妊・不育診療指針
今川和彦、草間和哉 (担当:分担執筆, 範囲:着床)
中外医学社   2016年   

競争的資金等の研究課題

 
レトロエレメントによる胎盤の構築メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 草間 和哉
哺乳類の母体における胎児認識のための免疫戦略
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 草間 和哉