講演・口頭発表等

JRR-4反射体要素における黒鉛反射材の照射成長,1; 容器溶接部損傷に関する原因調査

日本原子力学会2009年春の年会
  • 坂田 茉美
  • ,
  • 大山 光樹
  • ,
  • 八木 理公
  • ,
  • 笹島 文雄

開催年月日
2009年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
東京
国・地域
日本

研究用原子炉であるJRR-4は、軽水を減速材及び冷却材に使用した最大出力3,500kWの原子炉である。JRR-4の炉心は、燃料要素の周囲に反射体要素を配置した構成となっている。このうち、黒鉛反射材を内蔵した反射体要素の1体(SD-86-04)の吊手と被覆材ケースの溶接部に割れが確認されたことから、その原因を調査するため、外観観察,寸法測定及び破断部観察を行った。その結果、損傷の主たる原因は、反射体要素に内蔵された黒鉛反射材の高速中性子照射による照射成長により、被覆材ケースに応力がかかり、溶接部において延性破断が発生したものと判断した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5018029