廣澤瑞子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/28 16:37
 
アバター
研究者氏名
廣澤瑞子
部署
農学生命科学研究科応用動物科学専攻細胞生化学研究室

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻 博士課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻 修士課程
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 農学部 農芸化学科
 

論文

 
廣澤瑞子、早川晃司、田中智、塩田邦郎
生体の科学   69(5) 416-417   2018年9月   [査読有り]
Hirosawa M, Hayakawa K, Shiota K and Tanaka S.
OBM Genetics   2(3) 036   2018年9月   [査読有り]
Hayakawa K, Hirosawa M, Tani R, Yoneda C, Tanaka S, Shiota K
Epigenetics & chromatin   10(1) 51   2017年10月   [査読有り]
Hirosawa M, Hayakawa K, Yoneda C, Arai D, Shiota H, Suzuki T, Tanaka S, Dohmae N, Shiota K
Scientific reports   6 31785   2016年9月   [査読有り]
Koji Hayakawa, Mitsuko Hirosawa, Kunio Shiota
Neuromethods   105 55-63   2016年1月
© Springer Science+Business Media New York 2016. Epigenetic regulation provides the basis for embryonic development, cellular differentiation, and maintenance of cellular function. DNA methylation is involved in various biological phenomena throug...

書籍等出版物

 
廣澤瑞子 (担当:共著, 範囲:化学)
自由国民社   2018年11月   ISBN:4426101379
廣澤瑞子、早川晃司、田中智、塩田邦郎
医学書院   2018年10月   
日本文芸社   2017年12月   
廣澤瑞子 (担当:共著, 範囲:化学)
自由国民社   2017年11月   ISBN:4426101360
廣澤瑞子 (担当:共著, 範囲:化学)
自由国民社   2016年11月   ISBN:4426101352
Elsevier   2014年   ISBN:9780123944450
金原出版   2013年10月   
シーエムシー出版   2010年3月   ISBN:4781302009
髙森瑞子, 涌井良幸
自由国民社   2010年1月   ISBN:442610792X

講演・口頭発表等

 
Epigenetic effect of selenoprotein H [招待有り]
Mitsuko HIROSAWA
The 7th International selenium conference Se2018   2018年10月   
~エピジェネティクス研究における生化学と有機化学の融合~ ヒストンのO-GlcNAc修飾 [招待有り]
廣澤瑞子
第91回 日本生化学大会   2018年9月   
セレノプロテインHのエピジェネティック作用 [招待有り]
廣澤瑞子
第4回 日本セレン研究会   2018年7月   
Novel O-GlcNAcylation on Thr71 of histone H4
Nara D, Hirosawa M, Nishitani K, Hayakawa K, Shiota K and Tanaka S
第18回 東京大学生生命科学シンポジウム   2018年6月   
~発見から200年を迎えた必須微量元素セレン研究の最前線~ マウスES細胞におけるセレノプロテインHのエピジェネティック作用 [招待有り]
廣澤 瑞子, 田部井 靖亨, 早川 晃司, 奈良 大輔, 塩田 邦郎, 田中 智
日本薬学会第138回年会   2018年3月   
ヒストンH4Thr71における新規O-GlcNAc修飾
奈良 大輔, 廣澤 瑞子, 西谷 健汰, 早川 晃司, 塩田 邦郎, 田中 智
2017年度 生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
マウスES細胞におけるセレノプロテインHのエピジェネテッィク作用
廣澤瑞子, 田部井靖亨, 早川晃司, 奈良大輔, 塩田邦郎, 塩田邦郎, 田中智
2017年度 生命科学系学会合同年会   2017年12月   
マウスES細胞におけるセレノプロテインHのエピジェネティック作用
廣澤瑞子, 田部井靖亨, 早川晃司, 奈良大輔, 塩田邦郎, 塩田邦郎, 田中智
第11回 日本エピジェネティック研究会   2017年5月   
ヒストンH2A O‐GlcNAc修飾による哺乳類特有DNA修復機構
早川晃司, 廣澤瑞子, 谷瑠依子, 米田智佳子, 田中智, 塩田邦郎, 塩田邦郎
第11回 日本エピジェネティクス研究会   2017年5月   
Novel O-GlcNAcylation on L1 reagion of canonical H2A sepcific to isoforms
Mitusko HIROSAWA
第17回 東京大学生命科学シンポジウム   2017年4月