Michihiro Kudou

J-GLOBAL         Last updated: Jan 9, 2020 at 11:14
 
Avatar
Name
Michihiro Kudou
Affiliation
Kyoto Prefectural University of Medicine
Research funding number
20804264

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kudou M, Nakanishi M, Kuriu Y, Murayama Y, Arita T, Kishimoto M, Konishi E, Goto M, Yamada K, Otsuji E
Journal of Cancer   11(1) 168-176   2020   [Refereed]
Kosuga T, Konishi T, Kubota T, Shoda K, Konishi H, Shiozaki A, Okamoto K, Fujiwara H, Kudou M, Arita T, Morimura R, Murayama Y, Kuriu Y, Ikoma H, Nakanishi M, Otsuji E
BMC cancer   19(1) 1187   Dec 2019   [Refereed]
Kosuga T, Konishi T, Kubota T, Shoda K, Konishi H, Shiozaki A, Okamoto K, Fujiwara H, Kudou M, Arita T, Morimura R, Murayama Y, Kuriu Y, Ikoma H, Nakanishi M, Otsuji E
Anticancer research   39(12) 6843-6849   Dec 2019   [Refereed]
Kudou M, Shiozaki A, Yamazato Y, Katsurahara K, Kosuga T, Shoda K, Arita T, Konishi H, Komatsu S, Kubota T, Fujiwara H, Okamoto K, Kishimoto M, Konishi E, Marunaka Y, Otsuji E
Scientific reports   9(1) 16055   Nov 2019   [Refereed]
Katsurahara K, Kosuga T, Kubota T, Shiozaki A, Okamoto K, Shoda K, Konishi H, Fujiwara H, Kudou M, Arita T, Morimura R, Murayama Y, Kuriu Y, Ikoma H, Nakanishi M, Komatsu S, Otsuji E
In vivo (Athens, Greece)   33(6) 1993-1999   Nov 2019   [Refereed]

Misc

 
胃癌予後予測における術前好中球リンパ球比の重要性
中村 慶, 小菅 敏幸, 小西 智規, 工藤 道弘, 庄田 勝俊, 有田 智洋, 小西 博貴, 森村 玲, 村山 康利, 塩崎 敦, 栗生 宜明, 生駒 久視, 窪田 健, 中西 正芳, 岡本 和真, 藤原 斉, 大辻 英吾
癌と化学療法   46(10) 1611-1613   Oct 2019
目的:胃癌術後予後予測における術前好中球リンパ球比(NLR)の重要性について検討した。対象および方法:2008年1月〜2013年5月に胃癌に対する根治切除が行われた447例を対象とし、術前NLR値と術後短期・長期成績との関連を後方視的に検討した。結果:術後5年全生存予測のROC曲線でAUC値が最も高値となるNLR値1.6をcut off値とし、NLR高値群(n=313)と低値群(n=134)に分類した。臨床因子との相関解析では、NLR高値群で未分化型腺癌、cT2以深、cN+症例を有意に多く...
胃癌患者における術前C-Reactive Protein値と長期予後
松本 順久, 小菅 敏幸, 小西 智規, 工藤 道弘, 庄田 勝俊, 有田 智洋, 小西 博貴, 森村 玲, 村山 康利, 塩崎 敦, 栗生 宜明, 生駒 久視, 窪田 健, 中西 正芳, 岡本 和真, 藤原 斉, 大辻 英吾
癌と化学療法   46(10) 1623-1625   Oct 2019
目的:胃癌根治切除後の長期予後予測における術前C-reactive protein(CRP)値の有用性について検討した。対象および方法:2008〜2013年に当院で胃癌根治切除を施行した446例を対象とし、術前CRP値と術後長期予後との関連を後方視的に検討した。結果:5年全生存予測のROC曲線でAUCが最も高値となるCRP値0.13mg/dLをカットオフとし、CRP高値群(n=147)と低値群(n=299)に分類した。CRP高値群では、65歳以上、BMI 25kg/m2以上、perform...
当科における化学放射線療法後の側方郭清の必要性に関する検討
中西 正芳, 栗生 宜明, 村山 康利, 有田 智洋, 工藤 道弘, 小菅 敏幸, 森村 玲, 塩崎 敦, 生駒 久視, 大辻 英吾
日本消化器外科学会総会   74回 P129-5   Jul 2019
大腸癌手術後合併症が長期予後に与える影響の検討
松本 辰也, 村山 康利, 工藤 道弘, 有田 智洋, 栗生 宜明, 中西 正芳, 窪田 健, 藤原 斉, 岡本 和真, 大辻 英吾
日本消化器外科学会総会   74回 P156-6   Jul 2019
Radiomicsアプローチによる大腸癌イメージングバイオマーカーの探索
工藤 道弘, 中西 正芳, 栗生 宜明, 村山 康利, 有田 智洋, 生駒 久視, 窪田 健, 藤原 斉, 岡本 和真, 大辻 英吾
日本消化器外科学会総会   74回 O40-4   Jul 2019