共同研究・競争的資金等の研究課題

2007年 - 2009年

沖縄の都市空間の文化論的研究

文部科学省  科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
  • 久万田晋
  • ,
  • 波平八郎
  • ,
  • 梅田英春
  • ,
  • 喜屋武盛也

課題番号
19652015
担当区分
連携研究者
資金種別
競争的資金

平成20年度は、前年度の調査実績をもとにさらに調査研究を推進した。引き続き全体組織を音楽芸能班(久万田)、美術班(喜屋武)、文学班(波平)、観光文化班(梅田)に分け、互いに緊密な連携をとりながら研究の実施にあたった。
1)音楽芸能班は、那覇市周辺の都市部における戦後の音楽芸能関連産業・施設の展開について資料的調査を行い、特に復帰前の米軍基地内のクラブにおける音楽家の活動に集中して資料収集と聞き取り調査を行った。2)美術班は、昨年に引き続き、沖縄において存在する(した)美術館、博物館、民間ギャラリー等の展示スペースについて、歴史的事実を確認した。3)文学班は、大衆文学の作品を資料調査の対象とした。具体的な作家として池澤夏樹、桐野夏生、花村萬月、池上永一など、いわゆるカノン(正統な作品)としての“沖縄文学"の範疇に入らない作家の作品の調査を行った。4)観光文化班は、音楽芸能班と連携して那覇市国際通りを中心とした地域における戦後の「おみやげ屋」の歴史的展開を調査した。この調査をもとに、おみやげ品としての「観光文化」「ツーリスト文化」の生成について研究を行った。
これらと平行して、文学班、観光文化班で1回ずつ日本本土(東京)へ国内出張を行い、都市論的考察の基礎データを収集した。平成21年2月に沖縄県立芸術大学において全体会議を開き、各班の調査研究の進捗状況を報告すると共に今後の調査研...

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/p/19652015