吉岡真治

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/08 10:30
 
アバター
研究者氏名
吉岡真治
URL
http://www-kb.ist.hokudai.ac.jp/~yoshioka/
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 情報理工学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年1月
 - 
現在
北海道大学 情報科学研究科 教授
 
2008年4月
 - 
2017年12月
北海道大学 情報科学研究科 准教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
北海道大学 情報科学研究科・大学院 助教授
 
2001年6月
 - 
2004年3月
北海道大学・大学院・工学研究科 助教授
 
2000年4月
 - 
2001年5月
国立情報学研究所 情報学資源研究センター 助手
 

受賞

 
2015年6月
人工知能学会 人工知能学会 研究会優秀賞 複数国の新聞からの多観点比較による分析~GDELTデータを用いた分析~
受賞者: 吉岡真治、神門典子
 

論文

 
Hayato Shiokawa,Kota Kawaguchi,Bingcai Han,Takehito Utsuro,Yasuhide Kawada,Masaharu Yoshioka,Noriko Kando
Proceedings of the 5th Workshop on Natural Language Processing Techniques for Educational Applications, NLP-TEA@ACL 2018, Melbourne, Australia, July 19, 2018   143-151   2018年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Myungha Jang,James Allan,Noriko Kando
Proceedings of the Second International Workshop on Recent Trends in News Information Retrieval co-located with 40th European Conference on Information Retrieval (ECIR 2018), Grenoble, France, March 26, 2018.   6-8   2018年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10579 LNCS 119-136   2017年1月
© Springer International Publishing AG 2017. WC3 (Wikipedia Category Consistency Checker) is a system that supports the analysis of the metadata-annotation style in Wikipedia articles belonging to a particular Wikipedia category (the subcategory o...
Masaharu Yoshioka
New Frontiers in Artificial Intelligence - JSAI-isAI Workshops, JURISIN, SKL, AI-Biz, LENLS, AAA, SCIDOCA, kNeXI, Tsukuba, Tokyo, Japan, November 13-15, 2017, Revised Selected Papers   5-19   2017年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Daiki Onodera
COLIEE 2017. 4th Competition on Legal Information Extraction and Entailment, held in conjunction with the 16th International Conference on Artificial Intelligence and Law (ICAIL 2017) in King's College London, UK.   9-22   2017年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka, Masahiko Itoh, Masahiko Itoh, Michèle Sebag
Communications in Computer and Information Science   622 142-156   2016年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2016. Data visualization is a core approach for understanding data specifics and extracting useful information in a simple and intuitive way. Visual data mining proceeds by projecting multidimensiona...
Thaer M. Dieb,Masaharu Yoshioka,Shinjiroh Hara
JIP   24(3) 554-564   2016年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Noriko Kando
Proceedings of the First International Workshop on Recent Trends in News Information Retrieval co-located with 38th European Conference on Information Retrieval (ECIR 2016), Padua, Italy, March 20, 2016.   63-65   2016年   [査読有り]
Proceedings of the 11th Intl. Conf. on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems      2015年11月   [査読有り]
Extraction of Chemical and Drug Named Entities by Ensemble Learning Using Chemical NER Tools Based on Different Extraction Guidelines
Transactions on Machine Learning and Data Mining   8(2) 61-76   2015年10月   [査読有り]
Thaer M. Dieb, Masaharu Yoshioka, Shinjiro Hara, Marcus C. Newton
Beilstein Journal of Nanotechnology   6 1872-1882   2015年1月   [査読有り]
© 2015 Dieb et al. To support nanocrystal device development, we have been working on a computational framework to utilize information in research papers on nanocrystal devices. We developed an annotated corpus called "NaDev" (Nanocrystal Device D...
Takehito Utsuro,Yusuke Inoue,Takakazu Imada,Masaharu Yoshioka,Noriko Kando
Social Media for Government Services   135-149   2015年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka
Information Retrieval Technology - 10th Asia Information Retrieval Societies Conference, AIRS 2014, Kuching, Malaysia, December 3-5, 2014. Proceedings   470-481   2014年   [査読有り]
Martin Krallinger,Obdulia Rabal,Florian Leitner,Miguel Vazquez,David Salgado,Zhiyong Lu,Robert Leaman,Yanan Lu,Donghong Ji,Daniel M. Lowe,Roger A. Sayle,Riza Theresa Batista-Navarro,Rafal Rak,Torsten Huber,Tim Rocktäschel,Sérgio Matos,David Campos,Buzhou Tang,Hua Xu,Tsendsuren Munkhdalai,Keun Ho Ryu,S. V. Ramanan,P. Senthil Nathan,Slavko Zitnik,Marko Bajec,Lutz Weber,Matthias Irmer,Saber A. Akhondi,Jan A. Kors,Shuo Xu,Xin An,Utpal Kumar Sikdar,Asif Ekbal,Masaharu Yoshioka,Thaer M. Dieb,Miji Choi,Karin Verspoor,Madian Khabsa,C. Lee Giles,Hongfang Liu,Ravikumar Komandur Elayavilli,Andre Lamurias,Francisco M. Couto,Hong-Jie Dai,Richard Tzong-Han Tsai,Caglar Ata,Tolga Can,Anabel Usie,Rui Alves,Isabel Segura-Bedmar,Paloma Martínez,Julen Oyarzabal,Alfonso Valencia
J. Cheminformatics   7(S-1) S2   2015年   [査読有り]
Bursty Topics in Time Series Japanese / Chinese News Streams and their Cross-Lingual Alignment
Liyi Zheng, Takehito Utsuro and Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 13th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics      2013年9月   [査読有り]
Daichi Koike,Yusuke Takahashi,Takehito Utsuro,Masaharu Yoshioka,Noriko Kando
Sixth International Joint Conference on Natural Language Processing, IJCNLP 2013, Nagoya, Japan, October 14-18, 2013   917-921   2013年   [査読有り]
YOSHIOKA Masaharu, KANDO Noriko
Lect Notes Comput Sci   7774 375-381   2013年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Takahiro Fujiwara
Proceedings of the 7th Workshop on Geographic Information Retrieval, GIR 2013, 5th November, 2013, Orlando, Florida, USA   57-63   2013年   [査読有り]
タスクを考慮した情報検索テストコレクション構築に関する考察
吉岡 真治, 神門典子
情報アクセスシンポジウム2012   1-7   2012年12月   [査読有り]
Issues for Linking Geographical Open Data of GeoNames and Wikipedia
Masaharu Yoshioka, Noriko Kando
Proceedings of the 2nd Joint International Semantic Technology Conference (JIST2012),      2012年12月   [査読有り]
Cross-Lingual Topic Alignment in Time Series Japanese / Chinese News
Shuo Hu, Yusuke Takahashi, Liyi Zheng, Takehito Utsuro, Masaharu Yoshioka, Noriko Kando, Tomohiro Fukuhara, Hiroshi Nakagawa, and Yoji Kiyota
Proceedings of the 26th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation   532-541   2012年11月   [査読有り]
Masaharu Yoshioka, Noriko Kando
Proceedings of the fifth workshop on Exploiting semantic annotations in information retrieval, ESAIR '12   19-20   2012年11月   [査読有り]
Thaer M. Dieb, Masaharu Yoshioka, Shinjiroh Hara
Proceedings of The 3rd IIAI International Conference on e-Services and Knowledge Management (IIAI ESKM2012)   42-47   2012年9月   [査読有り]
吉岡 真治, 劉 亦奇, 神門 典子
情報処理学会論文誌. データベース   5(3) 141-148   2012年9月   [査読有り]
近年,地理情報を扱う情報システムの増加にともない,地理情報に関するデータベースへのニーズが高まっている. GeoNames は, Open Data としては,最大規模の地理情報データベースである.本データベースを Linked Open Data として Wikipedia の情報を媒介として関連づけることにより, Web Ontology の開発などに役立てられている.ただし, GeoNames と Wikipedia の間のリンクについては,自動的なリンク発見の試みがいくつか行われて...
TAKAHASHI Yusuke, UTSURO Takehito, YOSHIOKA Masaharu, KANDO Noriko, FUKUHARA Tomohiro, NAKAGAWA Hiroshi, KIYOTA Yoji
Lect Notes Comput Sci   7614 239-249   2012年   [査読有り]
Yusuke Takahashi, Shuo Hu, Takehito Utsuro, and Masaharu Yoshioka,
The 12th China-Japan Natural Language Processing Joint Research Promotion Conference      2012年7月   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Noriko Kando
Proceedings of the Fifth workshop on Exploiting Semantic Annotations in Information Retrieval, ESAIR 2012, Maui, HI, USA, October 28, 2012   19-20   2012年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-Lingual Information Access, NTCIR-9, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, December 6-9, 2011      2011年   [査読有り]
Fredric C. Gey,Ray R. Larson,Jorge Machado,Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-Lingual Information Access, NTCIR-9, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, December 6-9, 2011      2011年   [査読有り]
Thaer M. Dieb,Masaharu Yoshioka,Shinjiroh Hara
Proceedings of The 2011 IEEE International Conferece on Granular Computing   167-170   2011年   [査読有り]
Fredric C. Gey,Ray R. Larson,Jorge Machado,Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 4th International Workshop on Evaluating Information Access (EVIA), A Satellite Workshop of NTCIR-9, December 6, 2011 Tokyo Japan   9-13   2011年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Noriko Kando,Yohei Seki
Proceedings of the 4th International Workshop on Evaluating Information Access (EVIA), A Satellite Workshop of NTCIR-9, December 6, 2011 Tokyo Japan   20-23   2011年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 8th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-Lingual Information Access, NTCIR-8, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, June 15-18, 2010   154-158   2010年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka,Katsuhiro Tomioka,Shinjiroh Hara,Takashi Fukui
iiWAS '10 Proceedings of the 12th International Conference on Information Integration and Web-based Application & Services   869-872   2010年   [査読有り]
吉岡 真治
情報処理学会論文誌   52(12) 3423-3434   2011年12月   [査読有り]
効率的な文書データベースに基づいた質問応答システムを構築するためには,情報検索システムの性能の向上が不可欠である.ここで,特定の人や組織に関する質問応答を目的とする場合を考えると,対象となる文書に,これらの人や組織に関する情報が入っていることは不可欠であり,ブーリアン検索モデルに基づいた検索式を利用することが望ましい場合がある.本研究では,人名や組織名に多く存在すると考えられる表記バリエーションのリストと動詞の同義語を考慮することによって,質問応答を考慮した適切なブーリアン検索式を構築する...
On a Combination of Probabilistic and Boolean IR Models for Question Answering
Information Retrieval Technology 6th Asia Infomation Retrieval Societies Conference, AIRS 2010, Taipei, Taiwan, December 2010 Proceedings   588-598   2010年   [査読有り]
NSContrast: An Exploratory News Article Analysis System that Characterizes the Differences between News Sites
Masaharu Yoshioka
SIGIR2009 Workshop on Information Access in a Multilingual World   25-29   2009年7月   [査読有り]
Hiroyuki Nakasaki,Yusuke Abe,Takehito Utsuro,Yasuhide Kawada,Tomohiro Fukuhara,Noriko Kando,Masaharu Yoshioka,Hiroshi Nakagawa,Yoji Kiyota
User Centric Media - First International Conference, UCMedia 2009, Venice, Italy, December 9-11, 2009, Revised Selected Papers   315-320   2009年   [査読有り]
NSContrast: Characterizing the Difference of Interest among Multiple News Sites
INTERACT 2009 Workshop on Culture and Technologies for Social Interaction   http://sites.google.com/site/crosscultureworkshopinteract09/position-papers-1/10-Yoshioka.pdf-29   2009年   [査読有り]
Cross-Lingual Analysis of Concerns and Reports on Crimes
Proceedings of the Workshop on Mining User-Generated Content for Security   9   2009年   [査読有り]
Masaharu Yoshioka
Proceedings of the Fourth Intl. Conf. on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems   45-51   2008年12月   [査読有り]
K. Takahashi, A. Sugiyama, Y. Shimomura, T. Tateyama, R. Chiba, M. Yoshioka and H. Takeda
Practical Aspects of Knowledge Management, 7th international Conference, PAKM 2008 Yokohama   173-184   2008年11月   [査読有り]
IR Interface for Contrasting Multiple News Sites
Masaharu Yoshioka
Proceedings of the Asia Information Retrieval Symposium 2008   -(-) 516-521   2008年1月   [査読有り]
吉岡真治
ヒューマンインタフェース学会誌   9(4) 269-274   2007年11月   [招待有り]
Tagging for Intelligent Processing of Design Information.
Hideaki Takeda, Yutaka Fujimoto, Masaharu Yoshioka, Yoshiki Shimomura, Kengo Morimoto and Wataru Oniki:
New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2003 and JSAI 2004 Conferences and Workshops   LNCS3609(-) 217-225   2007年5月   [査読有り]
武田 英明, 下村 芳樹, 吉岡 真治
設計工学 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR DESIGN ENGINEERING   42(10) 558-564   2007年   [招待有り]
下村芳樹, 吉岡真治, 武田英明, 冨山哲男
日本機械学會論文集. C編   72(713) 274-281   2006年12月   [査読有り]
This paper describes a new design support system that supports conceptual or creative design by dynamically integrating knowledge in different design domains. We argue that abduction for integrating theories can be a basic principle to formalize s...
Evaluating Topic Difficulties from the Viewpoint of Query Term Expansion.
Masaharu Yoshioka,Springer-Verlag GmbH,Hwee Tou Ng, Mun-kew Leong, Min-yen Kan, and Donghong Ji (eds)
In Information Retrieval Technology: Third Asia Information Retrieval Symposium, AIRS 2006 Singapore,Proceedings, LNCS4182, 2006.   390-403   2006年10月   [査読有り]

Misc

 
立浪紀彦, 吉岡真治
情報処理学会研究報告(Web)   2018(ICS-192) Vol.2018‐ICS‐192,No.6,1‐4 (WEB ONLY)   2018年6月
吉岡真治, 中川嵩教
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   24th ROMBUNNO.P12‐1 (WEB ONLY)   2018年
中川 嵩教, 吉岡 真治
JSAI大会論文集   2018(0) 2F402-2F402   2018年
<p>Wikipediaは世界最大のインターネット百科事典であり、様々な形で知識源として活用する方法が検討されている。具体的には、各記事に関する属性情報(所在地、生年月日、所属…)などを記述したインフォボックスから属性情報を抽出するDBpediaの研究や、カテゴリの情報を用いて、様々な単語間の類似性を計算する方法や、オントロジーの構築に役立てるYAGO2や、日本語Wikipediaオントロジーの研究などが存在する。また、我々は、これまでに、このカテゴリの性質に関する分析を行っており、これら...
吉岡 真治
JSAI大会論文集   2017(0) 1E1OS24a3-1E1OS24a3   2017年
<p>本試論では、自動運転の車のようなオープンな環境で利用される人工知能を搭載された人工物の製造物責任について検討する。オープンな環境における責任を議論するためには、様々な事態と付随するリスクを認識し、製造者と利用者が適切に分担する枠組が必要になると考えている。本論では、トロッコ問題を例にとり、製造者と利用者がリスクを適切に認識するための枠組とその実現のための人工知能の果たすべき役割について考察する。</p>
小野寺大輝, 吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.C3‐4 (WEB ONLY)   2017年
朱 濤, Dieb Thaer Mostafa, 吉岡 真治, 原 真二郎
JSAI大会論文集   2016(0) 1J24-1J24   2016年
吉岡 真治, Loban Rhett
人工知能学会全国大会論文集   2015(0) 1G42-1G42   2015年
<p>Web上の百科事典であるWikipediaは、様々な事象に関する知識源であるが、その情報の品質については、編集者に依存する。本研究では、DBPediaにより抽出された構造化情報を用いて、Wikipediaのカテゴリ構造の一貫性を分析する方法を提案するとともに、その分析事例について紹介する。</p>
吉岡 真治, Loban Rhett
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
小野寺大輝, HUANG Le, 吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   30th(0) ROMBUNNO.4B4‐5-4B45   2016年
小野寺大輝, 吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P13‐5 (WEB ONLY)   2016年
ZHU Tao, DIEB Thaer M., 吉岡真治, 原真二郎
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1J2‐4   2016年
岸桂太, 吉岡真治
研究報告デジタルドキュメント(DD)   2014(9) 1-5   2014年3月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現から対象と観点を抽出し、それらを用いた特許マップの生成手法を提案する。
吉岡 真治
人工知能学会全国大会論文集   2014(0) 2J34-2J34   2014年
<p>Wikipediaのカテゴリーは、閲覧者にとって有用な分類を提供するものであり、そのカテゴリーは束状の階層関係として表現される。 この関係には、概念間の階層関係を含む様々な関係が存在する。 本発表では、このカテゴリー階層関係の特徴的なパターンを分析すると共に、その分析結果に基づいた日本語Wikipediaオントロジーに関する考察を行う。</p>
吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.2J3-4-4   2014年
岸桂太, 吉岡真治
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2014(9) 1-5   2014年3月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現から対象と観点を抽出し、それらを用いた特許マップの生成手法を提案する。
岸桂太, 吉岡真治
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2014(9) 1-5   2014年3月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現から対象と観点を抽出し、それらを用いた特許マップの生成手法を提案する。
岸桂太, 吉岡真治
研究報告データベースシステム(DBS)   2013(10) 1-4   2013年7月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現を網羅的に集めるための手法を提案するとともに、効果とその対象に注目した特許マップの生成手法を提案する。
岸桂太, 吉岡真治
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2013(10) 1-4   2013年7月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現を網羅的に集めるための手法を提案するとともに、効果とその対象に注目した特許マップの生成手法を提案する。
Ensemble Approach to Extract Chemical Named Entity
Masaharu Yoshioka, and Thaer M. Dieb
Proceedings of the fourth BioCreative challenge evaluation workshop, vol. 2,   162-167   2013年10月
岸 桂太, 吉岡 真治
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(150) 55-58   2013年7月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現を網羅的に集めるための手法を提案するとともに、効果とその対象に注目した特許マップの生成手法を提案する。
小池大地, 宇津呂武仁, 河田容英, 吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th(0) ROMBUNNO.2E1-4IN-2E14in   2013年
<p>本論文では,検索エンジンAPIを用いたウェブページ収集タスクにおいて,ト ピックモデルを用いたトピックの分布の観点から,できる限り多様なウェブペー ジを収集する方式を提案する.提案方式によって,ニュース・ブログにおける トピックとの関連が強いウェブページを収集することにより,より多様性に富 んだトピックの分布が観測できることを示す.</p>
岸桂太, 吉岡真治
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2013(10) 1-4   2013年7月
多くの特許では、既存の製品の機能向上や好ましくない点の抑制といった効果を目指している。これらの効果に関する記述は、定型的に表現されることが多く、これを特長表現と呼ぶ。本研究では、特長表現を網羅的に集めるための手法を提案するとともに、効果とその対象に注目した特許マップの生成手法を提案する。
Masaharu Yoshioka
Proceedings of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Quesiton Answering, And Cross-Lingual Information Access,   255-259   2013年6月   [査読有り]
ニュース・ツイッター間の対応を考慮したバースト・トピックの同定
高橋 佑介, 胡 碩, 宇津呂 武仁, 吉岡 真治, 神門 典子
第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム---DEIM フォーラム--- 論文集      2013年3月
Thaer Mostafa Dieb, 吉岡 真治, 原 真二郎
人工知能学会全国大会論文集   2013(0) 1C34-1C34   2013年
<p> We have been working on the project "Exploring knowledge for nanodevice development" and proposed a framework to annotate useful information (e.g., source material, evaluation parameter, and so on) for analyzing nanocrystal device development ...
胡 碩, 鄭 立儀, 高橋 佑介, 小池 大地, 牧田 健作, 宇津呂 武仁, 吉岡 真治
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   112(196) 25-30   2012年8月
本研究では,日本語および中国語の時系列ニュースおよびブログを対象として,教師なしの(時系列)トピックモデルを適用し,時系列のトピックの推移を推定することにより,二言語間あるいはニュース・ブログの間でのトピックの対応の有無,および,関心事項の差異を分析するアプローチをとる.特に,本論文では,日中時系列ニュースの間でトピック対応を同定する方式についてその詳細および評価結果を述べる.また,中国語において,多様なニュースサイトにおいてバーストするトピックを中心として,中国語ブログの収集を行い,中国...
HU Shuo, 高橋佑介, ZHENG LiYi, 宇津呂武仁, 吉岡真治, 神門典子
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   19th WEB ONLY C3-1   2013年
吉岡真治
研究報告データベースシステム(DBS)   2012(1) 1-5   2012年7月
現在、Wikipedia の情報を中心に様々な Open Data を関連づけて活用する Linked Open Data の研究が行われている。本発表では、Wikipedia のページが表現する情報の粒度が与える影響について考察を行う。
酒井 哲也, 上保 秀夫, 神門 典子, 加藤 恒昭, 相澤 彰子, 秋葉 友良, 後藤 功雄, 木村 文則, 三田村 照子, 西崎 博光, 嶋 秀樹, 吉岡 真治, Shlomo Geva, Ling-XiangTang, Andrew Trotman, Yue Xu
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2012(5) 1-15   2012年3月
NTCIR (エンティサイル) は国立情報学研究所 (NII) が主催する情報アクセス技術の評価型ワークショップシリーズで,1999 年以来一年半サイクルで開催されている.第 9 回ワークショップ (NTCIR-9) が 2011 年 12 月に終わり,第 10 回 (NTCIR-10) の採択タスクが今年 1 月にアナウンスされたところである.本稿では,NTCIR-9 の簡単な総括を行うとともに,NTCIR-10 の新たな取り組みについて紹介する.
吉岡真治
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2012(1) 1-5   2012年7月
現在、Wikipedia の情報を中心に様々な Open Data を関連づけて活用する Linked Open Data の研究が行われている。本発表では、Wikipedia のページが表現する情報の粒度が与える影響について考察を行う。
ZHENG Liyi, HU Shuo, 小池大地, 宇津呂武仁, 吉岡真治, 神門典子
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   19th WEB ONLY C3-3   2013年
小池大地, 牧田健作, 宇津呂武仁, 河田容英, 吉岡真治, 福原知宏
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   26th(0) ROMBUNNO.3E1-R-6-9-3E1R69   2012年
<p>本論文では,震災に関する話題についての時系列のニュース記事集合,および, ブログ記事集合を対象として,トピックモデルを用いたトピック同定を行い, ニュース・ブログの間での話題の相関を分析する.本論文では,特に,各トピッ クと密接に対応するニュース記事集合・ブログ記事集合における話題がどの程度 まとまっているか,という点と,時系列バーストの有無との相関について分析を 行った結果を報告する.</p>
吉岡真治, 神門典子
情報アクセスシンポジウム2012   2012 1-7   2012年11月
吉岡真治, THAER Moustafa Dieb, 原真二郎
Designシンポジウム講演論文集   2012 87-91   2012年10月
藤原嵩大, 吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   26th(0) ROMBUNNO.2C1-NFC-2-4-2C1NFC24   2012年
<p>Wikipediaには階層的なカテゴリが付与されている。この階層に存在する様々な関係を 利用したWikipediaオントロジーの研究が行われている。 しかし、カテゴリに対する網羅的な分析は行われておらず、アドホックな利用法が提案 されているのみである。そこで、本研究ではWikipediaの全てのカテゴリに対して表記 パターンによる分類を行い、その結果を用いた階層間の関係の分類を行う。</p>
酒井 哲也, 上保 秀夫, 神門 典子, 加藤 恒昭, 相澤 彰子, 秋葉 友良, 後藤 功雄, 木村 文則, 三田村 照子, 西崎 博光, 嶋 秀樹, 吉岡 真治, Shlomo Geva, Ling-XiangTang, Andrew Trotman, Yue Xu
研究報告デジタルドキュメント(DD)   2012(5) 1-15   2012年3月
NTCIR (エンティサイル) は国立情報学研究所 (NII) が主催する情報アクセス技術の評価型ワークショップシリーズで,1999 年以来一年半サイクルで開催されている.第 9 回ワークショップ (NTCIR-9) が 2011 年 12 月に終わり,第 10 回 (NTCIR-10) の採択タスクが今年 1 月にアナウンスされたところである.本稿では,NTCIR-9 の簡単な総括を行うとともに,NTCIR-10 の新たな取り組みについて紹介する.NTCIR is a sesquian...
高橋 佑介, 横本 大輔, 宇津呂 武仁, 吉岡 真治
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2011(6) 1-6   2011年11月
本論文では,時系列ニュースを対象として,情報集約を行うための二種類の方式として,バースト解析およびトピックモデルの2つの手法の考え方を組み合わせることにより,トピックのバーストを検出する方式を提案する.時系列ニュースにおけるバーストとは,世の中における特異な出来事に対応して,ある時期からその出来事に関連するニュース記事が急激に増加する現象を指す.バーストを検出するための代表的な手法として,Kleinbergのバースト解析が挙げられる.この手法においては,一般的に,バーストの検出はキーワード...
吉岡 真治, 神門 典子, 関 洋平
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2011(2) 1-8   2011年7月
本研究では、日中韓を中心とした複数国の新聞を比較分析する NSContrast を提案している。本システムでは、実際に毎日の新聞を新聞社のサイトから収集し、その日に注目を浴びている単語のリストや、そのような単語を含む記事数の増減や関連語などを表示することにより、従来のニュースポータルとは異なった観点からの新聞記事分析を可能にするものである。本稿では、本システムの有効性を検証するために行ったユーザ実験とその分析結果について報告する。
DIEB Thaer M., YOSHIOKA Masaharu, HARA Shinjiro
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.B5-2   2012年3月
HU Shuo, 高橋佑介, 牧田健作, 横本大輔, 宇津呂武仁, 吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.F1-5   2012年3月
竹中 均, 吉岡 真治
人工知能学会全国大会論文集   2011(0) 2J3NFC22-2J3NFC22   2011年
<p>東京の記述に日本という説明を加えないように、地名を含む情報を記載する場合に、その包含関係の情報を明示的に記述しないことが多い。しかし、これらの地名に関連した情報を検索する場合には、このような暗黙に仮定している関係の情報を利用する必要がある。本研究では、Wikipediaを対象にして、このような検索に有用な地名の包含関係情報の抽出方法を提案する。</p>
吉岡 真治, Thaer Dieb, 原 真二郎, 冨岡 克広, 福井 孝志
人工知能学会全国大会論文集   2011(0) 3G41-3G41   2011年
<p>本研究では、 ナノ結晶デバイスの開発プロセスにおけるデバイス生成のための実験記録を情報源として、試行錯誤の背後にある暗黙知の明示化を支援する実験記録データの活用システムの構築を目指している。 本発表では、実験記録データに評価データ、背景情報などのメタデータを追加する事を提案し、その活用方法について述べる。</p>
竹中均, 吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2J3-NFC2-2-4   2011年
高村慎太郎, 吉岡真治, 関洋平
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.P1-11   2012年3月
吉岡真治, THAER Dieb, 冨岡克広, 原真二郎, 福井孝志
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.3G4-1-4   2011年
高橋佑介, 横本大輔, 宇津呂武仁, 吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.F1-4   2012年3月
吉岡 真治, 伊藤 正彦, Michele Sebag, Jean-DanielFekete
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2010(8) 1-6   2010年2月
多次元尺度構成法(MDS)は、高次元のデータを2次元で表現する手法である。しかし、ユーザが初期の出力結果に満足できない場合が存在する。この問題に対し、本発表では、ユーザにとって分類に役立つ次元を学習する距離尺度学習の手法を応用することによって、MDSの結果をインタラクティブに操作する方法を提案する。また、このシステムを論文の類似度を元にして作成した複数研究者の関係を可視化するシステムに適用した結果について紹介する。
小池大地, 横本大輔, 牧田健作, 鈴木浩子, 宇津呂武仁, 河田容英, 吉岡真治, 福原知宏
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.A5-1   2012年3月
吉岡 真治
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   109(424) 43-46   2010年2月
辞書を利用する機械翻訳システムにおいて、未登録語が多く存在する文書の翻訳結果は、質の悪いものとなる。しかし、辞書のメンテナンスは非常にコストがかかり、新語や、時事的な単語を辞書に継続的に登録することは容易ではない。本研究では、このような機械翻訳の辞書を補完するという目標のもとに、Wikipediaの言語間リンクを用いて中日の翻訳辞書を作成する方法を提案する。また、この翻訳辞書の活用事例として、多言語ニュースサイトの比較分析システムNSContrastの紹介を行う。
吉岡 真治, 冨岡 克広, 原 真二郎, 福井 孝志
人工知能学会全国大会論文集   2010(0) 1B33-1B33   2010年
<p>ナノ結晶デバイスの開発プロセスにおいては、製造プロセスがデバイスの性質に大きな影響を与えるため、試行錯誤的な実験の繰り返しが必要とされる。しかし、その試行錯誤に関する知識はあまり明示化されていないため、熟練者の「匠の技」である暗黙知に依存している。本研究では、デバイス生成のための実験を行った記録を情報源として、この暗黙知の明示化を支援する実験記録データの活用システムを提案する。</p>
吉岡真治, 冨岡克広, 原真二郎, 福井孝志
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   24th ROMBUNNO.1B3-3-4   2010年
佐藤 由紀, 横本 大輔, 中崎 寛之, 宇津呂 武仁, 吉岡 真治, 福原 知宏, 神門 典子, 中川 裕志, 清田 陽司
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2009(10) 1-8   2009年11月
本研究では,検索エンジン等を用いた検索行動のうちでも,特に,客観的かつ恒久的な事実を記載した Wikipedia,詳細な事実情報を報道するニュース,および,個人の主観的意見や経験などを豊富に記載したブログの検索に焦点を当てて,利用者の検索行動を支援する枠組みを提供することを目的とする.本論文では,Wikipedia エントリを介して,関連するニュース・ブログを対応付ける方式において,各 Wikipedia エントリの有効性を分析し,ニュース・ブログ間の相補的検索において Wikipedia...
吉岡 真治, 神門 典子, 関 洋平
研究報告 情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2011(2) 1-8   2011年7月
本研究では、日中韓を中心とした複数国の新聞を比較分析する NSContrast を提案している。本システムでは、実際に毎日の新聞を新聞社のサイトから収集し、その日に注目を浴びている単語のリストや、そのような単語を含む記事数の増減や関連語などを表示することにより、従来のニュースポータルとは異なった観点からの新聞記事分析を可能にするものである。本稿では、本システムの有効性を検証するために行ったユーザ実験とその分析結果について報告する。We have already proposed a sys...
中崎 寛之, 阿部 佑亮, 宇津呂 武仁, 河田 容英, 福原 知宏, 神門 典子, 吉岡 真治, 中川 裕志, 清田 陽司
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2009(9) 1-8   2009年11月
我々は,これまで,ブログ空間中に存在する有用な情報や知識に的確にアクセスし利用するという目的のもとで,体系化された知識体系である Wikipedia とブログサイトを対応づける研究を行ってきた.しかし,同一のトピックについて記述しているブログであっても,ブロガーの立場や環境は大いに異なることがわかった.そこで,本研究では,ブログ空間の情報や知識を類型化するための方式の一つとして,「ブロガーの立場」 に着目してブログサイト・ブログ記事を類型化するというアプローチをとる.具体的には,本稿では,...
角谷 和俊, 吉岡 真治, 佐藤 哲司
情報処理学会論文誌. データベース   2(2) i-iii   2009年6月
DIEB Thaer M., YOSHIOKA Masaharu
言語処理学会年次大会発表論文集   17th (CD-ROM) ROMBUNNO.P1-29   2011年3月
吉岡 真治
情報処理学会研究報告. DD, [デジタル・ドキュメント]   2009(1) 1-8   2009年5月
本研究では、複数国のニュースサイトにおける興味の違いを比較対照分析するためのシステム NSContrast を提案している。この NSContrast では、各国のニュースサイトの日本語版の記事だけではなく、原語版の機械翻訳結果も組み合わせたデータベースをもとに、共起語解析やバースト解析を行うことにより、その違いを分析する。本発表では、この NSContrast における評価手法についての検討結果を分析実験の結果と共に報告する。
大塚 博紀, 吉岡 真治
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2009(35) 9-14   2009年3月
Web文書の特徴はリンクによりお互いの文書の関係が示されている点にあり、この情報はPageRankに代表されるWeb空間の解析手法に用いられている。しかし、これらの解析では、サイト内、サイト外といった分類は考慮されているものの、ページの中でのアンカーテキストの役割には、注目していない。本研究では、このアンカーテキストの役割の違いに注目し、適切に分類することで、リンク構造解析やWebページ上でのユーザーの行動解析に役立てる事を目標としている。本稿では、人手による役割分析の結果に基づいたアンカ...
吉岡 真治, 伊藤 正彦, Michele Sebag, Jean-DanielFekete
研究報告情報学基礎(FI)   2010(8) 1-6   2010年2月
多次元尺度構成法(MDS)は、高次元のデータを2次元で表現する手法である。しかし、ユーザが初期の出力結果に満足できない場合が存在する。この問題に対し、本発表では、ユーザにとって分類に役立つ次元を学習する距離尺度学習の手法を応用することによって、MDSの結果をインタラクティブに操作する方法を提案する。また、このシステムを論文の類似度を元にして作成した複数研究者の関係を可視化するシステムに適用した結果について紹介する。Multi Dimensional Scaling (MDS) is one...
高橋潔考, 杉山明紀, 下村芳樹, 舘山武史, 千葉龍介, 吉岡真治, 武田英明
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2009(0) C62-210   2009年2月
前報までに、著者らは創造的設計の総合支援環境であるUniversal Abduction Studio(UAS)で利用するための設計に有用な情報を、Web上から自動取得し、当該システム用の知識ベースを構築するための基本手法を提案した。本稿では、上記提案手法を計算機上の一連のソフトウェアとして実装した内容と、実装システムにより取得された知識の設計上の利用可能性のさらに詳細な検証結果について報告する。
吉岡 真治
人工知能学会全国大会論文集   2009(0) 2G1NFC58-2G1NFC58   2009年
<p>本研究では、様々な国から発信される多言語ニュースに対し、機械翻訳システムを利用して対照比較を行うNSContrastの研究を行っている。本システムの分析には、翻訳間違いや表記の違いが解析に大きな影響を与えるため、正規化が必要である。本稿では、Wikipediaの言語間リンクを用いた翻訳用辞書の生成や、redirectの関係を用いた表記のバリエーションへの対応を行い、実運用における評価を行う。</p>
杉山 明紀, 下村 芳樹, 千葉 龍介, 吉岡 真治, 武田 英明
精密工学会学術講演会講演論文集   2009(0) 211-212   2009年
創造的設計のためには,異領域知識間の柔軟な統合が重要であると考えられており,著者らはそれを実現する統合計算機環境の開発を行っている.本稿では,知識中に記述される語彙情報から階層構造と単位次元により表現する視点情報を計算機により自動的に推定・付与するシステムを提案・開発する.また,視点情報に基づき生成する仮説的知識の創造性と有用性を可変とする操作性を,事例を用いた検証により確認する.
高橋 潔考, 下村 芳樹, 舘山 武史, 吉岡 真治, 武田 英明
設計工学・システム部門講演会講演論文集   2008(18) 305-309   2008年9月
In recent years, comprehensive problem solving by a designer has been required as the demand for an artifact grows and complicates more. In the above background, we have proposed Universal Abduction Studio (UAS), a computer environment, which supp...
吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   23rd ROMBUNNO.2G1-NFC5-8-4   2009年
杉山 明紀, 下村 芳樹, 吉岡 真治, 武田 英明
設計工学・システム部門講演会講演論文集   2008(18) 181-185   2008年9月
In order to realize a creative design, it is thought to be important to unify the knowledge from different knowledge areas flexibly. The computer environment that supports designers in an integrated way has been developed. The extended method of t...
ABE Yusuke, UTSURO Takehito, KAWADA Yasuhide, FUKUHARA Tomohiro, KANDO Noriko, YOSHIOKA Masaharu, NAKAGAWA Hiroshi, KIYOTA Yoji, TSUCHIYA Masatoshi
Lect Notes Comput Sci   6335 498-509   2010年
高橋潔考, 杉山明紀, 下村芳樹, 舘山武史, 千葉龍介, 吉岡真治, 武田英明
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008(0) ROMBUNNO.H82-650   2008年9月
近年,人工物に対する要求の高度化・複雑化に伴い,設計者に対する負担が一層増大している.以上の背景のもと,著者らは創造的設計を総合的に支援する計算機環境Universal Abduction Studio(UAS)を提案している.本稿では,設計に有用な情報をWeb情報より自動的に取得,UASで利用可能な知識表現に変換することにより,UASの設計知識データベースを効率的に拡充するための手法を提案する.
YOSHIOKA Masaharu
Lect Notes Comput Sci   6458 588-598   2010年
杉山明紀, 下村芳樹, 千葉龍介, 武田英明, 吉岡真治
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008(0) ROMBUNNO.H81-648   2008年9月
著者らは,創造的設計を支援する統合計算機環境の構築を行っている.これまでに,語彙情報をタグ付けした知識から概念類似度を基に生成される仮説的知識の有用性向上手法を提案しているが,場面に即した仮説的知識を効率的に取得するためには語彙の属性に基づくタグ付け手法とそれを用いた推論が有効である.本稿では,知識に対して語彙情報に基づく物理量をタグ付けする知識表現手法を提案し,その有効性を検証する.
原口 誠, 吉岡 真治
人工知能基本問題研究会   70(0) 49-52   2008年7月
井川 拓, 原口 誠, 吉岡 真治
ことば工学研究会   28(0) 31-34   2008年3月
角谷和俊, 吉岡真治, 佐藤哲司
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   2(3) i-iii   2009年9月
秋葉 隆次, 原口 誠, 吉岡 真治
人工知能基本問題研究会   69(0) 39-42   2008年3月
角谷 和俊, 吉岡 真治, 佐藤 哲司
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   2(2) i-iii   2009年6月
角谷 和俊, 吉岡 真治, 佐藤 哲司
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   2(1) i-iii   2009年3月
高橋潔考, 鈴木遼, 下村芳樹, 舘山武史, 吉岡真治, 武田英明
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008(0) E83-438   2008年3月
近年、人工物に対する要求がより高度化・複雑化することに伴い、設計者による包括的な問題解決が求められている。以上の背景のもと、著者らは創造的設計を総合的に支援する計算機環境Universal Abduction Studio(UAS)を提案している。本稿では、情報抽出の手法を用いてWeb情報から設計に有用な情報を取得することにより、UASの設計知識データベースを効率的に拡充するための手法を提案する。
大塚 博紀, 吉岡 真治
研究報告デジタルドキュメント(DD)   2009(35) 9-14   2009年3月
Web 文書の特徴はリンクによりお互いの文書の関係が示されている点にあり、この情報は PageRank に代表される Web 空間の解析手法に用いられている。しかし、これらの解析では、サイト内、サイト外といった分類は考慮されているものの、ページの中でのアンカーテキストの役割には、注目していない。本研究では、このアンカーテキストの役割の違いに注目し、適切に分類することで、リンク構造解析や Web ページ上でのユーザーの行動解析に役立てる事を目標としている。本稿では、人手による役割分析の結果に...
中西雅俊, 鈴木遼, 下村芳樹, 武田英明, 吉岡真治
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2008(0) E82-436   2008年3月
本研究では創造的設計を総合的に支援する計算機環境の構築を目指している。著者らは、これまでに創造的設計を支援するための知識記述形式や推論機構、オントロジー利用の枠組みなどを提案してきた。しかしながらこれらを用いて創造的な設計を支援するためには以上の構成要素群を統合する必要がある。本稿では創造的設計を支援するための統合計算機環境を提案し、その具体的な実装構造を例示する。
佐藤由紀, 中崎寛之, 川場真理子, 宇津呂武仁, 吉岡真治, 福原知宏, 中川裕志, 神門典子
言語処理学会年次大会発表論文集   15th 300-303   2009年3月
大塚 博紀, 吉岡 真治
人工知能学会全国大会論文集   8(0) 203-203   2008年
本研究では、Webのリンク構造を分類して利用することを目標として、アンカーテキストの情報を用いたリンクの役割分析を行っている。本発表では、役割分類の基準とそれに基づいた自動分類の手法について提案する。
大塚博紀, 吉岡真治
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   22nd 2P-04(2P2-04)-3   2008年
吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集   15th 494-497   2009年3月
吉岡真治
人工知能学会誌   22(1)    2007年10月
角谷和俊, 吉岡真治, 佐藤哲司
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   1(3) i-iii   2008年12月
吉岡真治, 落合翔平
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2007(0) G61-514   2007年9月
TRIZなどに代表されるようにアイディア検索のために特許を利用する方法が提案されている。このような状況では、表面上の表記に注目した同分野の特許を検索するのではなく、類似の問題を扱っている特許を検索することが重要となる。本研究では、アイディアの根幹にある物理法則をキーとした検索を考え、学習により文書に対して関連物理法則のラベルをつけ、分類する方法を提案する。
角谷和俊, 吉岡真治, 佐藤哲司
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   1(2) i-iii   2008年9月
吉岡真治
情報処理   48(8) 920-921   2007年8月
吉岡 真治, 矢入 郁子
人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   22(2)    2007年3月
杉山明紀, 鈴木遼, 中西雅俊, 下村芳樹, 吉岡真治, 武田英明
設計工学・システム部門講演会講演論文集   2007(17) 286-287   2007年3月
In order to realize a creative design, it is thought to be important to unify the different knowledge group flexibly, and the concept of the computer environment which supports designers in an integrated way has been proposed. Our project, called ...
高橋潔考, 鈴木遼, 下村芳樹, 舘山武史, 吉岡真治, 武田英明
横幹連合コンファレンス(CD−ROM)   2nd(0) ROMBUNNO.29D10-45   2007年
近年,人工物に対する要求がより高度化・複雑化することに伴い,設計者による包括的な問題解決が求められている.以上の背景のもと,著者らは創造的設計を総合的に支援する計算機環境Universal Abduction Studio(UAS)を提案している.本稿では, Web上のリソースから設計に有用な情報を抽出することにより,UASにおいて利用される設計知識情報データベースをより拡充する手法を提案する.
原口誠, 吉岡真治
人工知能学会人工知能基本問題研究会資料   70th 49-52   2008年6月
中西雅俊, 鈴木遼, 下村芳樹, 武田英明, 吉岡真治
設計工学・システム部門講演会講演論文集   2006(16) 206-207   2006年11月
We argue that abduction for integrating theories can be a basic principle to formalize creative design processes. Based on this principle, we have proposed Universal Abduction Studio, a design environment in which designers combine different theor...
吉岡 真治
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2006(94) 27-33   2006年9月
Web情報の最も大きな特徴は、ハイパーリンクにより、複数のページが関係付けられ、その関係がアンカーテキストという形で記述されている点にある。本研究では、大規模なWeb文書コレクションであるるNTCIRのnw100gテストコレクションから抽出したアンカーテキストを対象に、アンカーテキストの機能分類を提案すると共に、機能分類の自動化のための方針、機能分類の特徴を生かしたWeb情報活用システムの応用手法について述べる。
吉岡真治
言語処理学会年次大会発表論文集   14th 592-595   2008年3月
吉岡真治
情報処理学会研究報告   2006(94(FI−84 NL−175)) 27-33-33   2006年9月
Web情報の最も大きな特徴は、ハイパーリンクにより、複数のページが関係付けられ、その関係がアンカーテキストという形で記述されている点にある。本研究では、大規模なWeb文書コレクションであるるNTCIRのnw100gテストコレクションから抽出したアンカーテキストを対象に、アンカーテキストの機能分類を提案すると共に、機能分類の自動化のための方針、機能分類の特徴を生かしたWeb情報活用システムの応用手法について述べる。Most significant characteristics of the...

講演・口頭発表等

 
Knowledge exploratory project for nanocrystal device development [招待有り]
ISMAC 2016 2016 International Symposium on Multimedia and Communication Technology   2016年9月2日   
Supporting design and engineering by physical concept ontologies [招待有り]
吉岡真治
The Tenth International Symposium on Tools and Methods of Competitive Engineering (TMCE 2014)   2014年5月22日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 吉岡 真治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 吉岡 真治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 宇津呂 武仁
本研究では,ウェブ上で収集可能な多言語ニュース・ブログ・電子掲示板等の文書を情報源として,多言語での報道内容,関心動向や,意見の分布を分析し,国・文化・言語の間でどのような違いがあるのかを発見する過程を支援する.平成23年度は,以下の研究を行った.(1)一つのトピックの中での詳細な話題・関心事項の推定宇津呂,吉岡の研究成果においては,広義には同一のトピックについてのニュース記事・ブログ記事であっても,各言語での記述内容における詳細な話題・関心事項を正確に特定し,その微妙な差異を言語間で検出...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 吉岡 真治
本研究は、日中韓の異なる言語で記述されているニュースサイトの内容を比較対照することにより、ニュース分析を行うシステムを提案した。この中で、多様な観点からのニュースを比較するためのマルチファセット分析と、その分析を支えるための、地名などのデータベースの構築、意見分析システムの構築を行った。さらに、このようなシステムを評価するために、システム利用前後の知識の変化に注目したシステムの分析手法の提案を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 原口 誠
潜在的なクラスタ間接続を, たとえ, 外延的な重なりが小さな場合でも, 内包的な繋がりが高い場合は有意義なクラスタ間接続関係を与える「情間」と捉える.こうした「情間」は, クラスタの外延と内包に対する評価関数を設定することにより, 制約条件下の最適化問題として捉えることができ, 具体的には, 形式概念束探索における分枝限定アルゴリズムとして設計・開発・実証を行った.形式概念束は, 概念の抽象階層と見なすことができ, 主要なクラスタを繋ぐ適切な概念を抽象階層から見出すことを意味している.実証...

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
人工知能学会  理事
 
2013年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会  情報基礎とアクセス技術研究会 幹事
 
2011年
 - 
2013年
情報処理学会 情報基礎とアクセス技術研究会 運営委員
 
2009年
 - 
2011年
情報処理学会  研究会論文誌TOD編集委員
 
2009年
 - 
2011年
情報処理学会  情報学基礎研究会 運営委員