小杉素子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/03 15:38
 
アバター
研究者氏名
小杉素子
eメール
kosugi.motokoshizuoka.ac.jp
所属
静岡大学大学院
学位
修士(行動科学)(北海道大学), 博士(文学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
静岡大学大学院 総合科学技術研究科
 
1998年4月
 - 
2015年3月
財団法人電力中央研究所 社会経済研究所
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
北海道大学大学院 文学研究科 人間システム科学博士後期課程
 
1996年4月
 - 
1998年3月
北海道大学大学院 文学研究科 行動科学博士後期課程
 
1994年4月
 - 
1996年3月
北海道大学大学院 文学研究科 行動科学修士課程
 
1990年4月
 - 
1994年3月
岡山大学 文学部 
 

委員歴

 
2014年11月
 - 
現在
日本リスク研究学会  編集委員
 
2016年10月
 - 
現在
静岡市防災都市づくり計画策定懇話会  委員
 

受賞

 
2012年11月
日本社会心理学会 奨励論文賞
 

論文

 
気候変動リスクに対する日本人の態度-対象者の明確化と情報提供の課題-
小杉素子・馬場健司・田中充
土木学会論文集G(環境)   74(5) I_41-I_52   2018年   [査読有り]
小杉素子・馬場健司・田中充
環境科学会誌   30(3) 1-13   2017年   [査読有り]
小杉素子・岩見麻子・馬場健司
環境科学会誌   30(6) 373-387   2017年   [査読有り]
馬場健司・河合裕子・小杉素子・田中充
土木学会論文集G(環境)   71(5) I_143-I_151   2015年   [査読有り]
環境・エネルギー問題に関する世論調査-東日本大震災から3年後の人々の意識-
小杉素子
電力中央研究所研究報告      2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
静岡県における防災・減災と原子力
大矢恭久[編] 小杉素子 (担当:分担執筆, 範囲:リスクコミュニケーション(14章))
静岡学術出版   2018年   
リスクの社会心理学
中谷内一也[編] 小杉素子 (担当:分担執筆, 範囲:一般人と専門家の溝(6章))
有斐閣   2012年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
情報提供場面における相互不信からの信頼回復プロセスの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 小杉素子

社会貢献活動

 
JCO臨界事故に関する住民調査
【インタビュアー, 企画, 運営参加・支援, 調査担当, 報告書執筆】  茨城県東海村  1999年10月 - 2000年3月