有田 通恒

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 11:20
 
アバター
研究者氏名
有田 通恒
 
アリタ ミチツネ
eメール
cwwaritamed.toho-u.ac.jp
所属
東邦大学
部署
医学部 医学科
職名
助教
科研費研究者番号
80307719

プロフィール

東邦大学赴任後は一貫して、DNAミスマッチ修復機構の破綻が腫瘍形成と進展に与える影響を研究する。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東邦大学医学部 免疫学講座 助教
 
1998年1月
 - 
2011年3月
東邦大学医学部 分子生物学研究室 助教
 

論文

 
Onozato M, Tanaka Y, Arita M, Sakamoto T, Ichiba H, Sadamoto K, Kondo M, Fukushima T
Practical laboratory medicine   12 e00099   2018年11月   [査読有り]
Kinoshita T, Ishikawa Y, Arita M, Akishima-Fukasawa Y, Fujita K, Inomata N, Suzuki T, Namiki A, Mikami T, Ikeda T, Yamazaki J, Ishii T, Akasaka Y
Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology   23(2) 92-100   2014年3月   [査読有り]
Li J, Koike J, Kugoh H, Arita M, Ohhira T, Kikuchi Y, Funahashi K, Takamatsu K, Boland CR, Koi M, Hemmi H
Biochimica et biophysica acta   1823(4) 889-899   2012年4月   [査読有り]
Mizuiri S, Aoki T, Hemmi H, Arita M, Sakai K, Aikawa A
Nephrology (Carlton, Vic.)   16(6) 567-572   2011年8月   [査読有り]
ヒト尿細管上皮細胞株HK-2におけるAngiotensin-Converting Enzyme 2発現調節因子の検索(Factors Regulating Angiotensin-Converting Enzyme 2 Expression in a Human Proximal Tubular Cell Line HK-2)
青木 敏行, 逸見 仁道, 有田 通恒, 酒井 謙, 相川 厚, 水入 苑生, 東邦大学医学部教育委員会
東邦医学会雑誌   58(1) 19-26   2011年1月
背景:Renin-angiotensin系は糖尿病性腎症を含めた多くの腎疾患の進展に重要な働きをしている。近年新たに発見されたangiotensin-converting enzyme(ACE)2は抗angiotensin II作用を示し腎保護的に働くと考えられている。糖尿病性腎症では腎内ACE2発現の低下が報告されているが、腎内ACE2発現に影響を与える因子は同定されていない。今回、腎内ACE2発現に影響を与える因子の検索をin vitroモデル系を用いて行った。方法:ヒト尿細管上皮由来...

講演・口頭発表等

 
三上義礼, 有田通恒
東邦医学会雑誌   2018年6月1日   
有田通恒, 小池淳一, 近藤元就, 逸見仁道
日本生化学会大会(Web)   2017年12月   
甘草由来化合物Licochalcone AによるTrkB mRNA分解促進作用
有田 通恒, 小池 淳一, 吉川 展司, 近藤 元就, 逸見 仁道
日本小児血液・がん学会雑誌   2017年10月   
転写抑制因子Eedによる腸管恒常性維持の分子機構の解明
松井 幸英, 有田 通恒
東邦医学会雑誌   2016年6月   
リコカルコンAは複数の増殖シグナル伝達経路を標的としてSK-N-SHの増殖を抑制する(Licochalcone A inhibits hypoxic and normoxic growth via different proliferative pathways in a human neuroblastoma cell line SK-N-SH)
有田 通恒, 小池 淳一, 吉川 展司, 近藤 元就, 逸見 仁道
日本小児血液・がん学会雑誌   2015年10月   

特許

 
逸見 仁道, 有田 通恒
逸見 仁道, 小池 淳一, 有田 通恒