茅島路子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/13 10:30
 
アバター
研究者氏名
茅島路子
 
カヤシマ ミチコ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80266238.ja.html
所属
玉川大学
部署
文学部
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2013年
玉川大学 文学部 教授
 

受賞

 
2010年8月
教育システム情報学会 平成22年度論文賞
 
2010年7月
人工知能学会 2010年度全国大会優秀賞
 
2006年8月
教育システム情報学会 平成18年度全国大会研究奨励賞
 
2006年6月
人工知能学会 2005年度研究会優秀賞
 

論文

 
キットビルド概念マップと組み合わせた映像講義による選択的再視聴支援システムの実践利用と利用結果の分析
林雄介,前田啓輔,本多俊雄,北村拓也,茅島路子,平嶋宗
京都大学高等教育研究   22 1-9   2016年   [査読有り]
林 雄介, 宇井 美代子, 茅島 路子, 平嶋 宗
日本教育工学会論文誌   38(suppl.) 149-152   2014年   [査読有り]
概念マップは知識や理解状態を外化するための図的表現の一種であり,理解を深め,記憶を促進させるとともにその評価ツールにもなると期待されている.本研究では,人文科学系の講義のような答えを一意に定めることが難しく,様々な解釈を許容する必要がある学習内容においてもKit-Build概念マップが学習評価に有用であることを実際の講義の中で試験的に利用することで検討する.結果として,レポートとKB概念マップによる課題で要求と評価指標が合っていた場合に有意な相関が得られ,評価を客観的にシステムで処理できる...
A Conceptual Model of Metacognition to Shape Knowledge and Regulation
Alejandro Peña, Michiko Kayashima, Riichiro Mizoguchi, Rafael Dominguez
The Intelligent Tutoring Systems 2012 conference   37-40   2012年6月   [査読有り]
Problem-Solution Process by means of a Hierarchical Metacognitive Model
Michiko Kayashima, Alejandro Peña Ayala, and Riichiro Mizoguchi
Proceedings of the 15th international conference on Artificial intelligence in education   484-486   2011年7月   [査読有り]
Improving Students' Meta-cognitive Skills within Intelligent Educational Systems: A Review
Alejandro Peña Ayala, Michiko Kayashima, Riichiro Mizoguchi, Rafael Dominguez
Proceedings. Lecture Notes in Computer Science   6780 442-451   2011年7月   [査読有り]

Misc

 
「人間学特殊研究」におけるアクティブ・ラーニングの取り組み
茅島路子,宇井美代子,小田部進一,宮崎真由,林大悟
平成28年度玉川大学アクティブ・ラーニング事例集      2017年3月
大学教育における法関連施設参観とその意義—裁判傍聴・刑務所見学等を手掛かりに—
宮崎真由,林大悟,茅島路子,岡本裕一朗
玉川大学文学部紀要『論叢』   56    2016年3月
宇井 美代子, 茅島 路子, 太田 明
論叢 : 玉川大学文学部紀要   (56) 1-24   2015年
本研究では,人間学科における主体的な学修の実態を,メタ認知の理論的枠組みを援用した仮説モデルに基づきながら検討することを目的とする。具体的には,主体的な学修を,メタ認知活動,認知活動,学習観,学習動機の観点から仮説モデルを構成し,人間学科の学生を対象とする質問紙調査を3時点で実施した。その結果,学習動機が学習観を規定し,学習観がメタ認知活動や認知活動を規定するという仮説モデルが一部支持された。また,1年生から4年生にかけて,メタ認知活動や認知活動を高める学習過程重視の学習観が高まることが明...
概念マップを用いた授業内容の伝達状況把握とそれに基づく大学教員の授業リフレクション
茅島 路子、宇井 美代子、林 雄介、平嶋 宗
教育システム情報学会,2014年度第2回研究会      2014年7月
Error-Based Simulation と問題解決試行
茅島 路子・ 宇井美代子・東本崇仁・平嶋宗
人口知能学会研究会資料 SIG-ALST-B302   7-12   2013年10月

講演・口頭発表等

 
Scratch-Build概念マップとKit-Build概念マップからみた知識内容の変化の類型―Kit-Build概念マップ一致率・レポート評価との関連―
宇井美代子,茅島路子,市村美帆,林雄介,平嶋宗
日本教育心理学会第60回総会   2018年9月15日   
成功的教育観に基づく大学授業に対するリフレクションとその効果
茅島路子,宇井美代子,市村美帆,林雄介,平嶋宗
教育システム情報学会第 43 回全国大会   2018年9月5日   
Kit-build 方式概念マップを用いた 5 年間の授業実践
茅島路子,宇井美代子,市村美帆,林雄介,平嶋宗,小田部進一,宮崎真由,林大悟
第 24 回大学教育研究フォーラム   2018年3月20日   
Kit-Build 概念マップとScratch-Build 概念マップからみた授業内容の能動的受容とレポート評価との関連
宇井美代子,茅島路子,市村美帆,林雄介,平嶋宗
日本教育心理学会第59回総会   2017年10月7日   
成功的教育観に基づく授業リフレクションと授業改善
茅島路子,宇井美代子,林雄介,平嶋宗
教育システム情報学会第41回全国大会   2017年8月23日