南 彰

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 10:10
 
アバター
研究者氏名
南 彰
ハンドル
A.Minami
eメール
aminamiu-shizuoka-ken.ac.jp
所属
静岡県立大学
部署
薬学部 生化学分野
職名
講師
学位
博士(薬学)(静岡県立大学大学院薬学研究科)
科研費研究者番号
80438192

プロフィール

神奈川県横須賀市生まれ,県立横須賀高校卒,静岡県立大学薬学部卒・大学院薬学研究科博士課程修了(奥直人教授)博士(薬学).米国カリフォルニア大学バークレー校留学(Robert S. Zucker教授)後,2008年より現職.専門:神経糖鎖生物学.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
静岡県立大学薬学部 講師(大学院兼務)
 
2013年4月
 - 
現在
静岡済生会看護専門学校非常勤講師(兼業)
 
2008年1月
 - 
現在
静岡県立大学薬学部 助教(大学院兼務)
 
2005年4月
 - 
2007年12月
米国カリフォルニア大学バークレー校 博士研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
静岡県立大学薬学部 客員共同研究員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
現在
静岡県立大学 大学院 薬学研究科
 
2002年3月
 - 
現在
静岡県立大学 大学院 薬学研究科博士前期課程
 
2000年3月
 - 
現在
静岡県立大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
現在
糖鎖科学名古屋拠点  委員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本生化学会中部支部  幹事
 
2014年
 - 
2014年
新学術領域「神経糖鎖生物学」  班友
 

受賞

 
2017年
静岡県立大学 学長表彰
 
2010年
日本生化学会中部支部奨励賞
 
2010年
第28回内藤コンファレンス、葉山 財団法人内藤記念科学振興財団ポスター賞
 
2003年
衛生薬学・環境トキシコロジーフォーラム 優秀若手研究者実行委員長賞
 
2014年
日本薬学会東海支部学術奨励賞
 
2016年
静岡県立大学 学長表彰
 

論文

 
Yasunori Iwao, Izumi Tomiguchi, Ayaka Domura, Yusuke Mantaira, Akira Minami, Takashi Suzuki, Takashi Ikawa, Shin-ichiro Kimura, Shigeru Itai
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics   125 141-147   2018年   [査読有り]
An easy, rapid, and sensitive method for detection of drug-resistant influenza virus by using a sialidase fluorescent imaging probe, BTP3-Neu5Ac.
Kato D, Kurebayashi Y, Takahashi T, Otsubo T, Otake H, Yamazaki M, Tamoto C, Minami A, Ikeda K, Suzuki T.
PLoS One   13(7) e0200761   2018年   [査読有り]
固体発色性色素を用いたシアリダーゼライブイメージングプローブの開発
大坪 忠宗, 池田 潔, 紅林 佑希, 南 彰, 高橋 忠伸, 鈴木 隆
有機合成化学協会誌   76(12) 1272   2018年   [査読有り]
Royal jelly does not prevent bone loss but improves bone strength in ovariectomized rats
Saki Shimizu, Hiroshi Matsushita, Akira Minami, Hiroaki Kanazawa, Takashi Suzuki, Kazushi Watanabe, Wakatsuki Akihiko
Climacteric   21(6) 601-606   2018年   [査読有り]
南 彰,鈴木 隆
生化学   90(1) 94-98   2018年   [査読有り][招待有り]
Akira Minami, Ami Ishii, Sumika Shimba, Takahiro Kano, Eri Fujioka, Saki Sai, Nagisa Oshio, Sayaka Ishibashi, Tadanobu Takahashi, Yuuki Kurebayashi, Hiroaki Kanazawa, Nobuhiro Yuki, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki
J. Biochem   163(4) 273-280   2018年   [査読有り]
Long-term supplementation with young coconut juice does not prevent bone loss but rather alleviates body weight gain in ovariectomized rats.
Hiroshi Matsushita, Akira Minami, Hiroaki Kanazawa, Takashi Suzuki, Sanan Subhadhirasakul, Kazushi Watanabe, Akihiko Wakatsuki
Biomedical. Reports   6 585-591   2017年   [査読有り]
Monira Pervin, Keiko Unno, Aimi Nakagawa, Yuu Takahashi, Kazuaki Iguchi, Hiroyuki Yamamoto, Minoru Hoshino, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, Shinjiro Imai, Yuriyuki Nakamura
Biochem. Biophys. Rep.   9 180-186   2017年   [査読有り]
Improvement in Cognitive Function with Green Soybean Extract May Be Caused by Increased Neuritogenesis and BDNF Expression.
Monira Pervin, Keiko Unno, Yuya Nakayama, Hiroyuki Ikemoto, Shinjiro Imai, Kazuaki Iguchi, Akira Minami, Yoriyuki Nakamura
J. Food. Process. Technol.   8 695   2017年   [査読有り]
Keiko Unno, Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Kazuaki Iguchi, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, Yuriyuki Nakamura
Mol. Nutr. Food. Res.   61 1700294   2017年   [査読有り]
Rapid regulation of sialidase activity in response to neural activity and sialic acid removal during memory processing in rat hippocampus
Akira Minami, Yuko Meguro, Sayaka Ishibashi, Ami Ishii, Mako Shiratori, Saki Sai, Yuuki Horii, Hirotaka Shimizu, Hokuto Fukumoto, Sumika Shimba, Risa Taguchi, Tadanobu Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki
J. Biol Chem.   292(14) 5645-5654   2017年   [査読有り]
Takahashi T, Unuma S, Kawagishi S, Kurebayashi Y, Takano M, Yoshino H, Minami A, Yamanaka T, Otsubo T, Ikeda K, Suzuki T.
Pharm. Bull.   39(10) 1728-1733   2016年   [査読有り]
Kurebayashi Y, Takahashi T, Tamoto C, Sahara K, Otsubo T, Yokozawa T, Shibahara N, Wada H, Minami A, Ikeda K, Suzuki T.
PLoS One   11(5) e0156400   2016年   [査読有り]
高橋忠伸、紅林佑希、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
分析化学   65(12) 689-701   2016年   [査読有り]
Minami A, Saito M, Mamada S, Ieno D, Hikita T, Takahashi T, Otsubo T, Ikeda K, Suzuki T.
PLoS One.   11(10) e0165257   2016年   [査読有り]
Minami A, Matsushita H, Ieno D, Matsuda Y, Horii Y, Ishii A, Takahashi T, Kanazawa H, Wakatsuki A, Suzuki T.
Climacteric   19(6) 568-573   2016年   [査読有り]
Morii Y, Matsushita H, Minami A, Kanazawa H, Suzuki T, Subhadhirasakul S, Watanabe K, Wakatsuki A.
Phytotherapy Research   29(12) 1950-1955   2015年   [査読有り]
Watanabe I, Hikita T, Mizuno H, Sekita R, Minami A, Ishii A, Minamisawa Y, Suzuki K, Maeda H, Hidari KI, Suzuki T.
Glycobiology   25 953-962   2015年   [査読有り]
Takahashi T, Takano M, Kurebayashi Y, Agarikuchi T, Suzuki C, Fukushima K, Takahashi S, Otsubo T, Ikeda K, Minami A, Suzuki T.
Biological and Pharmaceutical Bulletin   38 1214-1219   2015年   [査読有り]
Takahashi T, Agarikuchi T, Kurebayashi Y, Shibahara N, Suzuki C, Kishikawa A, Fukushima K, Takano M, Suzuki F, Wada H, Otsubo T, Ikeda K, Minami A, Suzuki T.
PLoS ONE   10 e0144038   2015年   [査読有り]
Fukushima K, Takahashi T, Ueyama H, Takaguchi M, Ito S, Oishi K, Minami A, Ishitsubo E, Tokiwa H, Takimoto T, Suzuki T.
FEBS Letters   589 1278-1282   2015年   [査読有り]
Highly sensitive histochemical imaging of sialidase activity and role of sialidase in hippocampal memory.
Minami A.
Yakugaku Zasshi   135(12) 1341-1348   2015年   [査読有り]
Taguchi R*, Minami A* (*these authors contributed equally), Matsuda Y, Takahashi T, Otsubo T, Ikeda K, Suzuki T.
PLoS ONE   10 e0131061   2015年   [査読有り]
Takahashi T, Otsubo T, Ikeda K, Minami A, Suzuki T.
Biological and Pharmaceutical Bulletin   37 1668-1673   2014年   [査読有り]
Takano M, Takahashi T, Agarikuchi T, Kurebayashi Y, Minami A, Otsubo T, Ikeda K, Kanazawa H, Suzuki T.
Virology   206,464-212,465   2014年   [査読有り]
Takahashi T, Takano M, Kurebayashi Y, Masuda M, Kawagishi S, Takaguchi M, Yamanaka T, Minami A, Otsubo T, Ikeda K, Suzuki T.
Journal of Virology   88 8445-8456   2014年   [査読有り]
Takahashi T, Takano M, Agarikuchi T, Kurebayashi Y, Minami A, Otsubo T, Ikeda K, Suzuki T.
Journal of Virological Methods   209 136-142   2014年   [査読有り]
Ohyama Y, Matsushita H, Minami A, Kanazawa H, Suzuki T, Watanabe K, Wakatsuki A.
Climacteric   17 492-499   2014年   [査読有り]
Kurebayashi Y, Takahashi T, Otsubo T, Ikeda K, Takahashi S, Takano M, Agarikuchi T, Sato T, Matsuda Y, Minami A, Kanazawa H, Uchida Y, Saito T, Kawaoka Y, Yamada T, Kawamori F, Thomson R, von Itzstein M, Suzuki T.
Scientific Reports   4 4877   2014年   [査読有り]
Fukushima K, Takahashi T, Ito S, Takaguchi M, Takano M, Kurebayashi Y, Oishi K, Minami A, Kato T, Park EY, Nishimura H, Takimoto T, Suzuki T.
Virology   464,424-465,431   2014年   [査読有り]
Minami A, Otsubo T, Ieno D, Ikeda K, Kanazawa H, Shimizu K, Ohata K, Yokochi T, Horii Y, Fukumoto H, Taguchi R, Takahashi T, Oku N, Suzuki T.
PLoS ONE   9 e81941   2014年   [査読有り]
Otsubo T, Minami A, Fujii H, Taguchi R, Takahashi T, Suzuki T, Teraoka F, Ikeda K.
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   23 2245-2249   2013年   [査読有り]
Takahashi T, Kawakami T, Mizuno T, Minami A, Uchida Y, Saito T, Matsui S, Ogata M, Usui T, Sriwilaijaroen N, Hiramatsu H, Suzuki Y, Suzuki T.
PLoS ONE   8 e78125   2013年   [査読有り]
Minami A, Ishibashi S, Ikeda K, Ishitsubo E, Hori T, Tokiwa H, Taguchi R, Ieno D, Otsubo T, Matsuda Y, Sai S, Inada M, Suzuki T.
FEBS Open Bio   3 231-236   2013年   [査読有り]
Minami A, Matsushita H, Horii Y, Ieno D, Matsuda Y, Saito M, Kanazawa H, Ohyama Y, Wakatsuki A, Takeda A, Hidari KI, Sabaratnam V, Suzuki T.
Biological and Pharmaceutical Bulletin   36 1990-1995   2013年   [査読有り]
Minami A, Suzuki T.
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   24 112-121   2012年   [査読有り]
Fukushima K, Takahashi T, Takaguchi M, Ueyama H, Ito S, Kurebayashi Y, Kawanishi T, McKimm-Breschkin JL, Takimoto T, Minami A, Suzuki T.
Biological and Pharmaceutical Bulletin   34 996-1000   2011年   [査読有り]
Minami A, Shimizu H, Meguro Y, Shibata N, Kanazawa H, Ikeda K, Suzuki T.
Neuroimage   58 34-40   2011年   [査読有り]
Saha RK, Takahashi T, Kurebayashi Y, Fukushima K, Minami A, Kinbara N, Ichitani M, Sagesaka YM, Suzuki T.
Antiviral Research   88 10-18   2010年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Sakurada N, Nakajima S, Oku N.
Neurochemistry International   50 322-327   2007年   [査読有り]
Unique response of extracelluar zinc in the ventral hippocampus against novelty stress.
Takeda A, Kannno S, Ando M, Sakurada N, Minami A, Oku N.
Neuroscience Research   58 S164   2007年   [査読有り]
Minami A, Xia YF, Zucker RS.
Journal of Physiology   585 413-427   2007年   [査読有り]
Takeda A, Fuke S, Minami A, Oku N.
Journal of Neuroscience Research   85 1310-1317   2007年   [査読有り]
Takeda A, Sakurada N, Kanno S, Minami A, Oku N.
Journal of Neurochemistry   99 670-676   2006年   [査読有り]
Takeda A, Nakajima S, Fuke S, Sakurada N, Minami A, Oku N.
Brain Research Bulletin   68 442-447   2006年   [査読有り]
Minami A, Sakurada N, Fuke S, Kikuchi K, Nagano T, Oku N, Takeda A.
Journal of Neuroscience Research   83 167-176   2006年   [査読有り]
Takeda A, Yamada K, Minami A, Nagano T, Oku N.
Epilepsy Research   63 77-84   2005年   [査読有り]
Role of synaptotagmin on exocytosis and retrieval of synaptic vesicles.
Minami A.
Pharmacia   40 765-766   2004年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Seki Y, Oku N.
Journal of Neuroscience Research   75 225-229   2004年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Yamaide R, Oku N.
Neuroscience Letters   358 119-122   2004年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Seki Y, Nakajima S, Oku N.
Brain Research Bulletin   63 253-257   2004年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Oku N.
Epilepsy Research   57 169-174   2003年   [査読有り]
Neuromodulatory action of zinc in the release of neurotransmitters.
Takeda A, Minami A, Oku N.
Biomedical Research on Trace Elements   14 287-289   2003年   [査読有り]
Minami A, Takeda A, Yamaide R, Oku N.
Brain Research   936 91-94   2002年   [査読有り]
Cadmium action in synapses in the brain.
Minami A, Takeda A, Nishibaba D, Takefuta S, Oku N.
Riken Review   35 59-63   2001年   [査読有り]
Takeda A, Minami A, Takefuta S, Tochigi M, Oku N.
Journal of Neuroscience Research   63 447-452   2001年   [査読有り]
Enhanced susceptibility to epileptic seizures under zinc deficiency.
Takeda A, Hirate M, Minami A, Oku N.
Neuroscience Research   S25,S164   2001年   [査読有り]
Zinc functions in synapses in the brain.
Minami A, Takeda A, Oku N.
Biomedical Research on Trace Elements   12 263-264   2001年   [査読有り]
Minami A, Takeda A, Nishibaba D, Takefuta S, Oku N.
Brain Research   894 336-339   2001年   [査読有り]
Learning and behavior under zinc deficiency.
Takeda A, Hanajima T, Takefuta S, Minami A, Oku N.
Biomedical Research on Trace Elements   11 397-398   2000年   [査読有り]
Effect of the methanol extract of the lion's mushroom, hericium erinaceus, on bone metabolism in ovariectomised rat
Noriko Morita, Hiroshi Matsushita, Akira Minami, Rika Tachibana, Hiroaki Kanazawa, Takashi Suzuki, Kazushi Watanabe, Akihiko Wakatsuki
Clinical and experimental obstetrics & gynecology   in press    [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Development of high sensitive imaging probe for sialidase activity in mammalian tissues [招待有り]
Akira Minami
The 13th China-Japan International Symposium on Health Sciences   2018年11月15日   
Safety antidiabetic medicine from glycobiology [招待有り]
Akira Minami
Japan-China joint University fair & forum in CHINA 2018   2018年5月11日   
低血糖副作用を回避できる新規糖尿病治療薬の開発
南 彰
イノベーション・ジャパン2017 ―大学見本市&ビジネスマッチング―   2017年8月31日   
内視鏡観察下における新規蛍光プローブを利用した癌部位の高感度可視化法の創出 [招待有り]
南 彰
公益財団法人双葉電子記念財団   2017年7月14日   
高い血液脳関門透過性を示す神経症状に特化したホルモン補充療法代替薬の探索 [招待有り]
南 彰
山田養蜂場みつばち研究所   2017年3月3日   
Novel therapeutic approach for memory impairment and depression in postmenopausal women [招待有り]
Akira Minami
The 3rd International Conference on Pharma and Food (ICPF)2016   2016年11月17日   
内視鏡観察下における新規蛍光プローブを利用した癌部位の高感度可視化法の創出 [招待有り]
南 彰
公益財団法人双葉電子記念財団   2016年7月8日   
希少シアル酸分子種が認知症に及ぼす影響の解明 [招待有り]
南 彰
平成27年度中部乳酸菌研究会総会   2015年11月21日   
新規糖鎖機能分析ツールを利用した記憶におけるシアリダーゼの機能解明 [招待有り]
南 彰
新学術領域研究 班会議プログラム   2015年6月25日   
Improvement of depression-like behavior and memory impairment with the ethanol extract of Pleurotus eryngii in ovariectomized rats. [招待有り]
Akira Minami
The 2nd International Conference on Pharma-Food (ICPF 2014)   2014年11月6日   
海馬における興奮性神経伝達調節機構の多角的解析と糖鎖機能分析ツールの開発 [招待有り]
南 彰
第60回 日本薬学会東海支部 総会・大会2014   2014年7月5日   
シアリダーゼ活性の高感度イメージングとその応用 [招待有り]
南 彰
平成25年度中部乳酸菌研究会総会   2013年11月12日   

競争的資金等の研究課題

 
シアリダーゼを標的とした低血糖副作用を回避できる新規糖尿病治療薬の開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 平成30年度 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター 橋渡し研究戦略的推進プログラム・シーズA
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 南 彰
新規糖鎖機能解析ツールを利用した記憶形成過程における迅速な糖鎖シグナル制御の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 南 彰
老化に伴った神経障害性のある希少糖分子の脳内蓄積と認知症に及ぼす影響の解明
浜松科学技術研究振興会: 平成30年度科学技術試験研究助成
研究期間: 2018年7月       代表者: 南 彰
老化に伴う神経障害性糖分子の脳内蓄積と認知症に及ぼす影響の解明
公益財団法人 武田科学振興財団: 薬学系研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 南 彰
子宮頸がんを高感度に可視化するがん検出プローブの開発
公益財団法人 高橋産業経済研究財団: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 南 彰
新規蛍光プローブを利用した糖鎖酵素活性の可視化による子宮頚がんの超高感度検出
双葉電子記念財団: 平成28年度自然科学研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 南 彰
子宮頸がんを高感度に可視化するがん検出プローブの開発
高橋産業経済研究財団: 
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 南 彰
早期大腸癌を高感度に検出する新規シアリダーゼ活性イメージングプローブの開発
中部科学技術センター: 平成26年度学術奨励研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
内視鏡観察下における新規蛍光プローブを利用した癌部位の高感度可視化法の創出
双葉電子記念財団: 平成27年度自然科学研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
高い血液脳関門透過性を示す神経症状に特化したホルモン補充療法代替薬の探索
山田養蜂場: 2015年度みつばち研究助成基金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
新規蛍光プローブを利用した糖鎖酵素活性の可視化による子宮頚がんの超高感度検出
ホクト生物科学振興財団: 平成27年度研究奨励金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
更年期の精神神経症状改善に特化した高い血液脳関門透過性を示すホルモン補充療法の代替薬の探索
かなえ医薬振興財団: 平成27年度(第44回)アジア・オセアニア交流研究助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
記憶形成時における海馬神経興奮と連動したシアリダーゼ活性変化のインビボ解析
日本学術振興会: 科学研究費若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 南 彰
更年期の精神神経症状の改善を目的としたホルモン補充療法の代替薬の探索
日本女性医学学会 : 平成26年度 JMWH Bayer Grant
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 南 彰
早期大腸癌を高感度に検出する新規シアリターゼ活性イメージングプローブの開発
公益財団法人中部科学技術センター: 中部科学技術センター学術奨励研究助成事業
研究期間: 2014年 - 2015年3月    代表者: 南 彰
神経活動と連動した迅速な糖鎖構造変化と記憶における役割の解明
財)浜松科学技術研究振興会: 天野工業技術研究所基金研究助成
研究期間: 2013年1月 - 2014年12月    代表者: 南 彰
高感度な早期大腸癌検出用蛍光プローブの開発
金原一郎記念医学医療振興財団: 第28回基礎医学医療研究助成
研究期間: 2013年 - 2014年9月    代表者: 南 彰
神経興奮に伴うシアリターゼ活性の変化
内藤記念科学振興財団: 内藤記念特別研究助成
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 南 彰

特許

 
特願2017-103232 : シアリダーゼ阻害活性を有する化合物を含むインスリン分泌促進剤、血糖値上昇抑制剤及び糖尿病治療剤、並びにそれらの財のスクリーニング方法
南彰、鈴木隆、金子雪子、石川智久
特開2016-141652 : 新規化合物及び該化合物を含む蛍光組成物
鈴木隆、高橋忠伸、南彰、池田潔、大坪忠宗

社会貢献活動

 
日本生化学会中部支部 幹事
【運営参加・支援】  2014年 - 2016年
東洋医学研究部顧問
【運営参加・支援】  2014年 - 現在
漢方薬研究部顧問
【運営参加・支援】  2014年 - 現在
静岡済生会看護専門学校非常勤講師(兼業)
【講師】  2013年 - 現在
糖鎖科学名古屋拠点メンバー
【助言・指導】  2008年 - 現在
新学術領域「神経糖鎖生物学
【助言・指導】  2014年