基本情報

所属
星槎大学 共生科学部 副学長/教授
東京大学医科学研究所 非常勤講師
学位
博士(社会学)(東京大学)

通称等の別名
miwhosoda
研究者番号
00640161
J-GLOBAL ID
201401006252868565

星槎大学副学長。星槎大学大学院教育学研究科教授。星槎大学共生科学部教授。博士(社会学)。専門社会調査士。International Sociological Association RC15会長(2019-2023)。アジア太平洋社会学会会長(2017-2019)。東京大学医科学研究所非常勤講師。公益財団法人がん研究会評議員。
1992年に東京大学文学部社会学科卒業、同大学大学院修士・博士課程を経て、日本学術振興会特別研究員(PD)。2005年9月から2008年8月までコロンビア大学メイルマン公衆衛生大学院アソシエイト、2008年9月から2012年7月までハーバード公衆衛生大学院フェローとなる。2011年10月から星槎大学教授、2012年12月より星槎大学学長補佐、2013年4月より現職。
専門は社会学、医療社会学、公衆衛生学、生命倫理学。現在の関心は医療ガバナンス、患者会のアドボカシー活動の国際比較、疾病文化論、環境教育やSDGsなど。
主著書に、『脳卒中を生きる意味―病いと障害の社会学』(青海社)、『パブリックヘルス 市民が変える医療社会』(明石書店)、『チーム医療とは何か』(日本看護協会出版会)、『グローカル共生社会へのヒント』(星槎大学出版会)等。共著に『生命倫理学』(中央法規)、『はじめて出会う生命倫理』(有斐閣)、『復興は教育からはじまる』(明石書店)、『祈りと再生のコスモロジー』等。論文多数。

書籍等出版物

  19

論文

  29

MISC

  88

講演・口頭発表等

  5