内海 真生

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:57
 
アバター
研究者氏名
内海 真生
 
ウツミ モトオ
eメール
utsumi.motoo.geu.tsukuba.ac.jp
URL
http://researchmap.jp/Motoo_UTSUMI
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学), 修士(環境科学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
   
 
筑波大学 准教授
 
2000年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 講師
 

受賞

 
2007年11月
日本水処理生物学会 日本水処理生物学会 第10回論文賞
 
2003年
日本生態工学学会 生態工学学会論文賞
 

論文

 
Pham, T. L.;Shimizu, K.;Dao, S. T.;Utsumi, M.
Environ. Toxicol. Chem.      2017年6月   [査読有り]
Pham, T. L.;Dao, S. T.;Tran, D. N.;Nimptsch, J.;Wiegand, C.;Utsumi, M.
JOURNAL OF LIMNOLOGY   53 89-100   2017年4月   [査読有り]
Cyanobacterial blooms can be harmful to environmental and human health due to the production of toxic secondary metabolites, known as cyanotoxins. Microcystins (MCs), one of the most widespread class of cyanotoxins in freshwater, have been found t...
Zulkeflle, S. N. M.;Yusaimi, Y. A.;Sugiura, N.;Iwamoto, K.;Goto, M.;Utsumi, M.;Othman, N. B.;Zakaria, Z.;Hara, H.
Microbiology   162 2064-2074   2016年12月   [査読有り]
Sasaki, M.;Kim, Y. W.;Uchida, M.;Utsumi, M.
Polar Science      2016年6月   [査読有り]
Accumulation and elimination of microcystins in freshwater clam Corbicula leana under laboratory conditions, assessment of risks to humans.
Pham, T. L.;Dao, S. T.;Utsumi, M.
J. Biotechnology   14(1A) 1-10   2016年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Environment and Biotechnology; Chapter 12: Degrada tion of some secondary metabolites in aquatic envi ronment.
Norio, Sugiura;Qiang, Xue;Jieming, Li;Kazuya, Shimizu;Motoo, Utsumi;Zhenya, Zhang;Kishore, R. Sakharkar
LAP Lambert Academic Publishing   2012年   
4.未知のバイオ資源 -深海の可能性
内海真生 (担当:監修)
海洋白書2006 日本の動き 世界の動き 海洋白書2006 日本の動き 世界の動き 海洋政策研究財団   2006年1月   

講演・口頭発表等

 
Reduced prokaryotic heterotrophic production at in situ pressure conditions in the dark ocean
Amano-Sato, Chie;Sintes, Eva;Reinthaler, Thomas;Utsumi, Motoo;Herndl, Gerhard J.
European Geosciences Union General Assembly 2017   2017年4月23日   EGU
In situ incubation for marine prokaryotes using ROCS incubation system.
Amano,C.;Li,Q.;Takahashi,S.;Utsumi,M.
2014 Ocean Sciences Meeting   2014年2月23日   
Ammonia-oxidizing Archaea in the Pacific cector of the Arctic Ocean: Characteristics of distribution and diversity.
Li,Q.;Amano,C.;Ijichi,M.;Utsumi,M.
2014 Ocean Sciences Meeting   2014年2月23日   
Accumulation and depuration of microcystins in freshwater clam Corbicula leana under laboratory conditions.
Luu,T.-H.;Shimizu,K.;Dao,T.-S.;Utsumi,M.
The 2nd International Summit on Toxicology   2013年10月7日   
CO2, CH4 fluxes and bacterial diversities at terrestrial ecosystem along the trans-Alaska pipeline in tundra and boreal forest, Alaska.
Utsumi,M.;Uchida,M.;Kondo,M.;Adachi,M.;Yamamoto,T.
2012 AGU Fall Meeting   2012年12月4日   

競争的資金等の研究課題

 
暗黒海である海洋中・深層水中の微生物群集の増殖および代謝活性現場測定法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 内海真生
マレーシア汚濁淡水源におけるエコゲノミクスを用いた浄水処理障害微生物の実態調査
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)海外学術調査
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 杉浦則夫
海洋有光層下水中古細菌群集の増殖および代謝活性の現場測定手法の構築
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 内海真生
北極高緯度土壌圏における近未来温暖化影響予測の高精度化に向けた観測及びモデル開発研究
アラスカ州立大学フェアバンクス校: 国内共同研究
研究期間: 2010年6月 - 2013年3月    代表者: 内田昌男
温暖化によるフィードバック現象が最も大きいと考えられている北極圏およびその周辺地域土壌圏の現在の生態系構造や土壌呼吸・ガスフラックスを定量的に測定・評価することは、より正確なモデルの構築および将来環境変動予測に大きく寄与する重要な研究課題である。本研究課題を国立環境研究所と共同で実施することにより、温暖化に対する正確な将来予測に関する重要な情報を社会に対して発信できる。
琵琶湖沈水植物下における放線菌の臭気物質産生能に関する研究
財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構: 国内共同研究
研究期間: 2010年5月 - 2011年3月    代表者: 内海真生
琵琶湖南湖のカビ臭発生に関与する放線菌群集の特性について解析する。

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 
1994年4月
 - 
1997年3月
筑波大学 生物科学研究科 生物学
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
2019年5月
茨城県環境審議会  委員
 
2017年6月
 - 
2018年11月
第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)実行委員会  霞ヶ浦セッション委員会委員
 
2017年5月
 - 
2018年11月
第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)実行委員会  企画推進委員会委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
茨城県霞ケ浦環境科学センター  機関評価委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
茨城県霞ケ浦環境科学センター  客員研究員