中﨑 崇

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 15:32
 
アバター
研究者氏名
中﨑 崇
 
ナカザキ タカシ
所属
就実大学
部署
人文科学部 表現文化学科
職名
准教授
学位
博士(言語文化学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
就実大学 人文科学部表現文化学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
就実大学 人文科学部表現文化学科 講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
京都橘大学 人間発達学部児童教育学科 助教
 
2009年4月
 - 
2010年3月
京都橘大学 文学部児童教育学科 助教
 

論文

 
西谷 工平, 中﨑 崇
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要 = JACET Chugoku-Shikoku Chapter research bulletin   (15) 55-71   2018年3月   [査読有り]
西谷 工平, 中﨑 崇, ダンテ ローレンス
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要 = JACET Chugoku-Shikoku Chapter research bulletin   (14) 69-86   2017年3月   [査読有り]
中﨑 崇, 城田 俊
就実表現文化   (11) 76-64   2017年1月
中﨑 崇, 城田 俊
就実論叢 = The research bulletin of Shujitsu University and Shujitsu Junior College   (47) 39-55   2017年
中﨑 崇, 西谷 工平, 小田 希望
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要 = JACET Chugoku-Shikoku Chapter research bulletin   (13) 33-52   2016年3月   [査読有り]
中﨑 崇, 城田 俊
就実論叢 = The research bulletin of Shujitsu University and Shujitsu Junior College   (46) 63-76   2016年
西谷 工平, 中﨑 崇, ダンテ ローレンス
教育実践学研究   18(1) 1-9   2016年   [査読有り]
西谷 工平, 中﨑 崇
Persica   (42) 45-57   2015年3月   [査読有り]
中﨑 崇
就実表現文化   (8) 146-132   2014年1月

Misc

 
“A is B”に関わる誤用―“is”に焦点を当てて
西谷 公平・中﨑 崇
日本教育実践学会第21回研究大会論文集   114-115   2018年12月
英語学習者による前置詞byのエラーに関する追跡調査
中﨑 崇・西谷 工平
日本教育実践学会第20回研究大会論文集   94-95   2017年11月
英語の「複数標識+可算名詞原形」に見る指導上の課題
中﨑 崇・西谷 工平・ローレンス ダンテ
日本教育実践学会第19回研究大会論文集   35-36   2016年11月
日本語から英語への機械的置換が産出する英語での意味的冗長性―「と思う」と“I think”を例に―
西谷 工平・中﨑 崇・ローレンス ダンテ
日本教育実践学会第18回研究大会論文集   101-102   2015年10月
英語の誤出力から日本語の文法指導の重要性を考える―「できた」と“could”を例に―
西谷工平・中﨑崇
日本教育実践学会第17回研究大会論文集   86-87   2014年11月
終助詞「ぜ」の機能に関する一考察-独話場面での用法を中心に-
中﨑 崇
日本語学会2005年度春季大会予稿集   79-86   2005年5月
終助詞「ヨ」の機能に関する一考察
中崎 崇
日本語文法学会第三回大会発表論文集   31-40   2002年12月

書籍等出版物

 
就実大学吉備地方文化研究所 (担当:分担執筆, 範囲:「外国語習得における母語知識の活性化の必要性-形態素、語、文、そして文を超える階層まで-」)
和泉書院   2018年1月   ISBN:4757608624

講演・口頭発表等

 
“A is B”に関わる誤用―“is”に焦点を当てて
西谷 公平・中﨑 崇
日本教育実践学会第21回研究大会   2018年12月2日   
英語学習者による前置詞byのエラーに関する追跡調査
中﨑 崇・西谷 工平
日本教育実践学会第20回研究大会   2017年11月26日   
英語学習者による前置詞 “by ” のエラーに関する言語学的予備調査
西谷 工平・中﨑 崇
平成29年度JACET中国・四国支部春季研究大会   2017年6月3日   
英語の「複数標識+可算名詞原形」に見る指導上の課題
中﨑 崇・西谷 工平・ローレンス ダンテ
日本教育実践学会第19回研究大会   2016年11月5日   
複数形態素“-s”に関するエラーと言語的差異の意識化の必要性
西谷工平・中﨑崇
平成28年度JACET中国・四国支部春季研究大会   2016年6月4日   

競争的資金等の研究課題

 
外国語における語彙的誤出力の要因とその予防策―母語の多義性の観点から
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月