山本 太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/19 00:28
 
アバター
研究者氏名
山本 太郎
 
ヤマモト タロウ
eメール
taro.daichi.yamamotogmail.com
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70304970.ja.html
所属
長崎大学
部署
熱帯医学研究所
職名
教授
学位
博士(医学)(長崎大学大学院博士課程病理学系専攻), 博士(国際保健学)(東京大学大学院医学系研究科博士課程国際保健学専攻)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1991年
市立札幌病院 救急部 レジデント
 
1998年
 - 
2000年
長崎大学熱帯医学研究所 環境医学部門 助手
 
2000年
 - 
2001年
JICA ジンバブエ感染症対策プロジェクト チーフアドバイザー
 
2001年
 - 
2004年
京都大学大学院医学研究科 社会健康専攻国際保健学分野 助教授
 
2002年
 - 
2003年
ハーバード大学 公衆衛生大学院 特別研究員(武見フェロー)
 
2003年
 - 
2004年
コーネル大学 公衆衛生大学院 客員助教授兼ハイチカポジ肉腫日和見感染症研究所上級研究員
 
2004年
 - 
2007年
外務省 国際協力局 課長補佐
 
2007年
   
 
長崎大学熱帯医学研究所 附属熱帯感染症研究センター  教授
 
2008年
 - 
現在
長崎大学 熱帯医学研究所国際保健学分野 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
長崎大学 医学部 
 
 
 - 
1995年
長崎大学 大学院博士課程病理学系専攻修了 
 
 
 - 
1998年
東京大学 大学院博士課程国際保健学専攻修了 
 

委員歴

 
 
 - 
1999年
日本渡航医学会  評議員(1999)
 
2005年
 - 
現在
日本熱帯医学会  常任理事
 
2009年8月
 - 
2011年3月
内閣府  科学技術外交戦略タスクフォース会合 委員(2009)
 
2009年10月
 - 
2011年3月
海洋研究開発機構  環境・社会システム統合研究フォーラム 外部有識者(2009)
 
2010年
 - 
2012年
日本医学会  日本医学会医学用語代委員 理事
 
2010年4月
 - 
2011年3月
長崎県教育委員会  未来の科学者発掘推進委員
 
2015年10月
 - 
現在
長崎県環境保健研究センター  長崎県環境保健研究センター倫理審査委員会委員
 
2015年12月
 - 
現在
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

受賞

 
2007年
武見奨励賞
 
2017年11月
日本医師会 第70回優功賞
 

論文

 
Demography of sexually transmitted infections with vertical transmission.
Hiromu ito, Taro Yamamoto and Satoru Morita.
Applied Mathematics and Computation.   348 363-370   2019年5月   [査読有り]
Yoshida S, Suga S, Ishikawa S, Mukai Y, Tsuyuguchi K, Inoue Y, Yamamoto T, Wada T
Emerging infectious diseases   24(10) 1937-1940   2018年10月   [査読有り]
Yamamoto K, Takeuchi S, Seto J, Shimouchi A, Komukai J, Hase A, Nakamura H, Umeda K, Hirai Y, Matsumoto K, Ogasawara J, Wada T, Yamamoto T
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases      2018年9月   [査読有り]
Koirala S, Nakano M, Arima H, Takeuchi S, Ichikawa T, Nishimura T, Ito H, Pandey BD, Pandey K, Wada T, Yamamoto T
Journal of physiological anthropology   37(1) 20   2018年8月   [査読有り]
Tu R, Inoue Y, Yazawa A, Hao X, Cai G, Li Y, Lin X, He F, Yamamoto T
Geriatrics & gerontology international   18(7) 1093-1099   2018年7月   [査読有り]
Yazawa A, Inoue Y, Cai G, Tu R, Huang M, He F, Chen J, Yamamoto T, Watanabe C
American journal of human biology : the official journal of the Human Biology Council   30(4) e23135   2018年7月   [査読有り]
Disseminated nontuberculous mycobacterial disease in a cat caused by Mycobacterium sp. strain MFM001.
Hideki Kayanuma, Kikumi Ogihara, Shiomi Yoshida, Kaori Yamamoto, Takayuki Wada, Taro Yamamoto, Yuzo Tsuyuki, Hiroo Madarame.
Veterinary Microbiology   (220) 90-96   2018年6月   [査読有り]
Association between early parental deprivation and cellular immune function among adults in rural Fujian, China.
Aki Yazawa, Yosuke Inoue, Guoxi Cai, Raoping Tu, Meng Huang, Fei He, Jie Chen, Taro Yamamoto, Chiho Watanabe.
American Journal of Human Biology.      2018年   [査読有り]
Seto J, Wada T, Suzuki Y, Ikeda T, Mizuta K, Yamamoto T, Ahiko T
Emerging infectious diseases   23(3) 448-455   2017年3月   [査読有り]
Kobori E, Maeda Y, Yamamoto T
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   64(12) 707-717   2017年   [査読有り]
Nakano M, Yahiro K, Yamasaki E, Kurazono H, Akada J, Yamaoka Y, Niidome T, Hatakeyama M, Suzuki H, Yamamoto T, Moss J, Isomoto H, Hirayama T
Disease models & mechanisms   9(12) 1473-1481   2016年12月   [査読有り]
Igai K, Itakura M, Nishijima S, Tsurumaru H, Suda W, Tsutaya T, Tomitsuka E, Tadokoro K, Baba J, Odani S, Natsuhara K, Morita A, Yoneda M, Greenhill AR, Horwood PF, Inoue J, Ohkuma M, Hongoh Y, Yamamoto T, Siba PM, Hattori M, Minamisawa K, Umezaki M
Scientific reports   6 31942   2016年8月   [査読有り]
Takahashi S, Yonekura Y, Sasaki R, Yokoyama Y, Tanno K, Sakata K, Ogawa A, Kobayashi S, Yamamoto T
PloS one   11(12) e0166817   2016年   [査読有り]
Wada T, Maruyama F, Iwamoto T, Maeda S, Yamamoto T, Nakagawa I, Yamamoto S, Ohara N
Scientific reports   5 17827   2015年12月   [査読有り]
Seto J, Wada T, Iwamoto T, Tamaru A, Maeda S, Yamamoto K, Hase A, Murakami K, Maeda E, Oishi A, Migita Y, Yamamoto T, Ahiko T
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   35 82-88   2015年10月   [査読有り]
Participation in Relief Activities in the Aftermath of the Great Nepal Earthquake and Disaster Reconstruction Assistance.
Yamamoto T
Japan Medical Association journal : JMAJ   58(3) 111-113   2015年9月   [査読有り]
John C, Ichikawa T, Abdu H, Ocheke I, Diala U, Modise-Letsatsi V, Wada T, Okolo S, Yamamoto T
Nigerian medical journal : journal of the Nigeria Medical Association   56(4) 236-239   2015年7月   [査読有り]
Ban E, Yoshida Y, Wakushima M, Wajima T, Hamabata T, Ichikawa N, Abe H, Horiguchi Y, Hara-Kudo Y, Kage-Nakadai E, Yamamoto T, Wada T, Nishikawa Y
Virulence   6(8) 735-744   2015年   [査読有り]
Wada T, Iwamoto T, Tamaru A, Seto J, Ahiko T, Yamamoto K, Hase A, Maeda S, Yamamoto T
PloS one   10(3) e0118495   2015年   [査読有り]
On the risk of severe dengue during secondary infection: a systematic review coupled with mathematical modeling.
Mizumoto K, Ejima K, Yamamoto T, Nishiura H
Journal of vector borne diseases   51(3) 153-164   2014年9月   [査読有り]
Masumoto S, Yamamoto T, Ohkado A, Yoshimatsu S, Querri AG, Kamiya Y
Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation   23(5) 1523-1533   2014年6月   [査読有り]
Vu HH, Okumura J, Hashizume M, Tran DN, Yamamoto T
Tropical medicine and health   42(1) 25-33   2014年3月   [査読有り]
Post-2015 Contemporary Issues: -The example of obesity-.
Yamamoto T
Japan Medical Association journal : JMAJ   57(1) 28-31   2014年2月   [査読有り]
Hatagishi E, Okamoto M, Ohmiya S, Yano H, Hori T, Saito W, Miki H, Suzuki Y, Saito R, Yamamoto T, Shoji M, Morisaki Y, Sakata S, Nishimura H
PloS one   9(8) e103560   2014年   [査読有り]
Xia Pincang, Okumura Junko, Yan Pingping, Xie Meirong, Wu Shouli, Zhuang Meizhu, Zheng Jian, Zhang Chunyang, Zhang Mingya, Kato Masaya, Cai GuoXi, Yamamoto Taro
PLoS ONE   8(9)    2013年9月
Background:At the end of 2009, a total of 501 AIDS patients were receiving antiretroviral therapy (ART) in Fujian Province in China, yet there were no assessments to determine treatment efficacy and HIV-1 preventive potency under the current healt...
Tateishi Y, Tamaru A, Ogura Y, Niki M, Wada T, Yamamoto T, Hirata K, Hayashi T, Matsumoto S
Genome announcements   1(4)    2013年8月   [査読有り]
Mizumoto Kenji, Yamamoto Taro, Nishiura Hiroshi
Journal of International Medical Research   41(3) 716-724   2013年6月
Objectives: To identify epidemiological determinants of the contact behaviour of children and their impact on parental employment, during school closures that took place over the course of the 2009 pandemic influenza (H1N1-2009) in Japan. Methods:...
Haque Ubydul, Glass Gregory E., Bomblies Arne, Hashizume Masahiro, Mitra Dipak Kumar, Noman Nawajish Sayeed, Haque Waziul, Kabir M. Moktadir, Yamamoto Taro, Overgaard Hans J.
The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene   88(4) 727-732   2013年4月
Malaria is endemic to Bangladesh. In this longitudinal study, we used hydrologic, topographic, and socioeconomic risk factors to explain single and multiple malaria infections at individual and household levels. Malaria incidence was determined fo...
Mizumoto K, Ejima K, Yamamoto T, Nishiura H
International journal of environmental research and public health   10(3) 816-829   2013年2月   [査読有り]
While contact tracing and case isolation are considered as the first choice of interventions against a smallpox bioterrorist event, their effectiveness under vaccination is questioned, because not only susceptibility of host and infectiousness of ...
Mizumoto K, Nishiura H, Yamamoto T
Theoretical biology & medical modelling   10 4   2013年1月   [査読有り]
Osada-Oka M, Tateishi Y, Hirayama Y, Ozeki Y, Niki M, Kitada S, Maekura R, Tsujimura K, Koide Y, Ohara N, Yamamoto T, Kobayashi K, Matsumoto S
Microbiology and immunology   57(1) 30-37   2013年1月   [査読有り]
Mizumoto Kenji, Yamamoto Taro, Nishiura Hiroshi
Computational and Mathematical Methods in Medicine   2013 1-8   2013年
The total number of influenza cases with medical attendance has been estimated from sentinel surveillance data in Japan under a random sampling assumption of sentinel medical institutions among the total medical institutions. The 2009 pandemic off...
Otani M, Eguchi K, Ichikawa T, Takenaka Takano K, Watanabe T, Yamaguchi K, Nakao K, Yamamoto T
Tropical medicine and health   40(4) 117-124   2012年12月   [査読有り]
Oki Mika, Yamamoto Taro
PLoS ONE   7(10)    2012年10月
Background: It has been suggested that the probability of dengue epidemics could increase because of climate change. The probability of epidemics is most commonly evaluated by the basic reproductive number (R 0), and in mosquito-borne diseases, mo...
Qin L, Zhou Z, Hu B, Yamamoto T, Watanabe H
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   18(4) 508-514   2012年8月   [査読有り]
OTANI Masashi, HONDA Noritaka, XIA Pin-Cang, EGUCHI Katsuyuki, ICHIKAWA Tatsuki, WATANABE Toshiki, YAMAGUCHI Kazunari, NAKAO Kazuhiko, YAMAMOTO Taro
Tropical medicine and health   40(2) 55-58   2012年6月
Endemic areas of human T-lymphotropic virus type 1 (HTLV-1) have been reported in Japan as well as tropical Africa, Central and South America and Melanesia. The existence of two subgroups, i.e., the transcontinental and Japanese subgroups, was rep...
Hashizume M, Dewan AM, Sunahara T, Rahman MZ, Yamamoto T
BMC infectious diseases   12 98   2012年4月   [査読有り]
Tayama Jun, Ichikawa Tatsuki, Eguchi Katsuyuki, Yamamoto Taro, Shirabe Susumu
Psychosomatics   53(2) 196-197   2012年3月
Sexual behavior and condom use among male students in Dar-Es-Salaam, Tanzania with emphasis on contact with barmaids.
Maswanya ES, Moji K, Yamamoto T, Aoyagi K, Yahata Y, Takemoto T
East African journal of public health   9(1) 39-43   2012年3月   [査読有り]
Haque U, Scott LM, Hashizume M, Fisher E, Haque R, Yamamoto T, Glass GE
Malaria journal   11 63   2012年3月   [査読有り]
Haque U, Hashizume M, Kolivras KN, Overgaard HJ, Das B, Yamamoto T
Bulletin of the World Health Organization   90(2) 150-156   2012年2月   [査読有り]
Kounnavong S, Sunahara T, Hashizume M, Okumura J, Moji K, Boupha B, Yamamoto T
Tropical medicine and health   39(4) 95-103   2011年12月   [査読有り]
Yamamoto Taro
Japan Medical Association Journal   54(6) 413-416   2011年11月
Kounnavong S, Sunahara T, Mascie-Taylor CG, Hashizume M, Okumura J, Moji K, Boupha B, Yamamoto T
Nutrition journal   10 129   2011年11月   [査読有り]
Oki Mika, Sunahara Toshihiko, Hashizume Masahiro, Yamamoto Taro
PLoS Neglected Tropical Diseases   5(10)    2011年10月
Dengue infection is endemic in many regions throughout the world. While insecticide fogging targeting the vector mosquito Aedes aegypti is a major control measure against dengue epidemics, the impact of this method remains controversial. A previou...
Yamamoto T, Kato M, Shirabe S
Lancet (London, England)   378(9788) 318   2011年7月   [査読有り]
Haque U, Sunahara T, Hashizume M, Shields T, Yamamoto T, Haque R, Glass GE
PloS one   6(4) e18908   2011年4月   [査読有り]
Malaria is a major public health concern in Bangladesh and it is highly endemic in the Chittagong Hill Tracts where prevalence was 11.7% in 2007. One sub-district, Rajasthali, had a prevalence of 36%. Several interventions were introduced in early...
Hashizume M, Faruque AS, Terao T, Yunus M, Streatfield K, Yamamoto T, Moji K
Environmental health perspectives   119(2) 239-244   2011年2月   [査読有り]
Eguchi K, Ohsawa K, Fuse Kiyono M, Suzuki J, Kurokawa K, Yamamoto T
AIDS research and human retroviruses   27(2) 113-114   2011年2月   [査読有り]
Haque U, Hashizume M, Glass GE, Dewan AM, Overgaard HJ, Yamamoto T
PloS one   5(12) e14341   2010年12月   [査読有り]
Haque U, Hashizume M, Sunahara T, Hossain S, Ahmed SM, Haque R, Yamamoto T, Glass GE
Malaria journal   9 156   2010年6月   [査読有り]
Haque U, Magalhães RJ, Reid HL, Clements AC, Ahmed SM, Islam A, Yamamoto T, Haque R, Glass GE
Malaria journal   9 120   2010年5月   [査読有り]
Eguchi K, Fujii H, Oshima K, Otani M, Matsuo T, Yamamoto T
Journal of medical virology   81(8) 1450-1456   2009年8月   [査読有り]
Magafu MG, Moji K, Igumbor EU, Hashizume M, Mizota T, Komazawa O, Cai G, Yamamoto T
AIDS patient care and STDs   23(7) 563-570   2009年7月   [査読有り]
Risk factors for malaria infection among ethnic minorities in Binh Phuoc, Vietnam.
Abe T, Honda S, Nakazawa S, Tuong TD, Thieu NQ, Hung le X, Thuan le K, Moji K, Takagi M, Yamamoto T
The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health   40(1) 18-29   2009年1月   [査読有り]
Higuchi A, Chen WY, Yamamoto T, Gomei Y, Fukushima H, Chang Y, Ruaan RC
Biomacromolecules   9(2) 634-639   2008年2月   [査読有り]
Yamamoto T, Crump A
Lancet (London, England)   369(9555) 28   2007年1月   [査読有り]
Karama M, Yamamoto T, Shimada M, Orago SS, Moji K
Journal of biosocial science   38(4) 481-490   2006年7月   [査読有り]
Higuchi A, Aoki N, Yamamoto T, Gomei Y, Egashira S, Matsuoka Y, Miyazaki T, Fukushima H, Jyujyoji S, Natori SH
Biomacromolecules   7(4) 1083-1089   2006年4月   [査読有り]
Combating HIV/AIDS in Mainland China: an epidemiological review of prevention and control measures.
Qin L, Yoda T, Suzuki C, Yamamoto T, Cai G, Rakue Y, Mizota T
The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health   36(6) 1479-1486   2005年11月   [査読有り]
Effects of a school-based education program for schistosomiasis control.
Suzuki C, Mizota T, Awazawa T, Yamamoto T, Makunike B, Rakue Y
The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health   36(6) 1388-1393   2005年11月   [査読有り]
Saita N, Goto E, Yamamoto T, Cho I, Tsumori K, Kohrogi H, Maruo K, Ono T, Takeya M, Kashio Y, Nakamura K, Hirashima M
International archives of allergy and immunology   128(1) 42-50   2002年5月   [査読有り]
山本 太郎, 草野 洋介, 門司 和彦, 森内 良三, 黒川 憲次, 久保田 健二, 溝田 勉, 片峰 茂
日本公衆衛生雑誌   46(4) 304-310   1999年4月
山本 太郎, 門司 和彦
日本公衆衛生雑誌   45(5) 463-468   1998年5月

Misc

 
山本 太郎
みすず   55(9) 46-49   2013年10月
山本 太郎
みすず   55(5) 52-57   2013年6月
山本 太郎
みすず   55(2) 38-43   2013年3月
Yamamoto Taro
Japan Medical Association Journal   56(1) 51-54   2013年1月
山本 太郎
みすず   54(11) 38-42   2012年12月
山本 太郎
みすず   54(10) 34-38   2012年11月
山本 太郎
みすず   54(9) 14-18   2012年10月
山本 太郎
みすず   54(4) 6-12   2012年5月
山本 太郎, 江口 克之, 大沢 一貴
霊長類研究所年報   40 149-150   2010年9月
砂原 俊彦, Trung Ho Dinh, Thuan Le Kahn, 中澤 秀介, 門司 和彦, 高木 正洋, 山本 太郎
衞生動物   61(0)    2010年4月
山本 太郎
世界   (803) 61-66   2010年4月
山本 太郎
予防時報   (234) 8-15   2008年
松山 章子, 岸上 伸啓, 山本 太郎, 池田 満穂, 武井 秀夫, 杉田 映理, 尾崎 啓子, 佐藤 寛, 門司 和彦 [他]
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   18 33-34   2006年
熱帯医学の進展は熱帯途上国の健康開発 Health Development に関連する。近年盛んに提唱されている人間の安全保障の一つが生存と保健・医療分野であり,それは地域あるいは国家の Health Development の問題である。健康開発は地域住民の健康水準を良くすることが目標であるが,そのためにはその地域の人々の生活と価値観を理解し,健康・医療の概念を理解する必要がある。また,健康開発がもたらす社会への影響,人々の考え方,健康観・医療観・死生観の変化までとらえなければならない。...
山本 太郎
保健の科学   47(10) 740-744   2005年10月
中澤 秀介, DAO LE DUC, TUAN NGUYEN VAN, GIANG NGUYEN DUC, HANH TRUONG VAN, 砂原 俊彦, 山本 太郎, 門司 和彦
Tropical medicine and health   32    2004年9月
山本 太郎
世界週報   85(34) 68-69   2004年9月
山本 太郎
世界週報   85(27) 60-61   2004年7月
山本 太郎
世界週報   85(23) 58-59   2004年6月
山本 太郎
世界週報   85(19) 60-61   2004年5月
山本 太郎
世界週報   85(15) 62-63   2004年4月
山本 太郎
世界週報   85(11) 62-63   2004年3月
山本 太郎
世界週報   85(3) 56-57   2004年1月
山本 太郎
世界週報   84(47) 64-65   2003年12月
山本 太郎
世界週報   84(43) 60-61   2003年11月
山本 太郎
世界週報   84(39) 62-63   2003年10月
山本 太郎
世界週報   84(35) 64-65   2003年9月
喜多 悦子, 鈴木 千鶴子, 楽得 康之, 永井 英明, 山本 太郎, 溝田 勉, 山本 秀樹, 谷村 晋, 石崎 光夫, 秦 亮, 佐久間 充
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   15 83-84   2003年8月
溝田 勉, 楽得 康之, 山本 太郎, 山本 秀樹, 鈴木 千鶴子, 谷村 晋, 金田 英子, 秦 亮
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   14    2003年8月
山本 太郎
世界週報   84(28) 62-63   2003年7月
山本 太郎
世界週報   84(21) 58-59   2003年6月
山本 太郎
世界週報   84(14) 64-65   2003年4月
山本 太郎
世界週報   84(7) 60-61   2003年2月
山本 太郎
世界週報   84(1) 78-79   2003年1月
山本 太郎
世界週報   83(45) 62-63   2002年11月
山本 太郎
世界週報   83(39) 60-61   2002年10月
山本 太郎
世界週報   83(32) 74-75   2002年8月
山本 太郎
世界週報   83(26) 62-63   2002年7月
山本 太郎
世界週報   83(22) 58-59   2002年6月
山本 太郎
世界週報   83(17) 60-61   2002年4月
山本 太郎
世界週報   83(14) 6-9   2002年4月
山本 太郎
世界週報   83(3) 58-59   2002年1月
山本 太郎
世界週報   83(2) 72-73   2002年1月
山本 太郎
世界週報   82(48) 56-57   2001年12月
山本 太郎, 橋爪 真弘, 吉川 理子, 京 文靖, 加計 勇輝, 近藤 久禎
日本公衆衛生雑誌   48(12) 963-968   2001年12月
山本 太郎
世界週報   82(43) 58-59   2001年11月
山本 太郎
世界週報   82(39) 54-55   2001年10月
山本 太郎
世界週報   82(36) 56-57   2001年9月
山本 太郎
世界週報   82(29) 54-55   2001年7月
山本 太郎
世界週報   82(25) 48-49   2001年7月
Yamamoto Taro, Shimada Masaaki, Moji Kazuhiko, Mizota Tsutomu
日本熱帯医学会雑誌   29(2) 231-234   2001年6月
This paper showed the trend in the number of paper published on emerging and reemerging diseases by using the list of the Medline, which is one of the most valuable databases in the clinical and biological medicine. The number of research papers p...
山本 太郎, 嶋田 雅曉, 門司 和彦, 溝田 勉
日本熱帯医学会雑誌   29(2) 231-234   2001年6月
山本 太郎
世界週報   82(21) 58-59   2001年6月
山本 太郎
世界週報   82(18) 42-44   2001年5月
山本 太郎
世界週報   82(16) 62-63   2001年4月
山本 太郎
世界週報   82(11) 28-30   2001年3月
溝田 勉, 楽得 康之, 山本 太郎, 野口 真貴子, 鈴木 千鶴子, 谷村 晋, 金田 英子
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   13    2001年
山本 太郎
診断と治療   88(8) 1295-1299   2000年8月
山本 太郎
世界週報   81(22) 56-57   2000年6月
山本 太郎
世界週報   81(3) 34-35   2000年1月
溝田 勉, 木原 正博, 楽得 康之, 永武 毅, 山本 太郎, 木原 雅子, 北澤 潤, 石崎 光夫, 内山田 康, 谷村 晋
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   12 74-75   2000年
佐久間 充, 大木 昌, 二瓶 直子, 石井 羊次郎, 溝田 勉, 山本 太郎 [他]
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   12    2000年
溝田 勉, 木原 正博, 鎌倉 光宏, 永武 毅, 山本 太郎, 木原 雅子, 北澤 潤, 大石 和徳, 片峰 茂
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   11 88-89   1999年
佐久間 充, 伊藤 亮, 石崎 光夫, 大木 昌, 溝田 勉, 中村 安秀, 尾崎 敬子, 大石 和代, 山本 太郎
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   11    1999年
門司 和彦, 堀口 逸子, 山本 太郎
保健の科学   39(5) 300-306   1997年5月
小坂 健, 猪狩 友行, 山本 太郎, 菊地 宏久, 梅内 拓生
日本公衆衛生学会総会抄録集   55(2)    1996年10月
山本 太郎, 梅内 拓生, 菊池 宏久, 韓 士栄, 加計 勇輝, 鈴木 宏, 草野 洋介
日本公衆衛生学会総会抄録集   55(2)    1996年10月
山本 太郎
太平洋学会学会誌   (41)    1989年

書籍等出版物

 
抗生物質と人間――マイクロバイオームの危機
山本 太郎
岩波新書   2017年9月   
人はなぜ太りやすいのか―肥満の進化生物学
山本 太郎 (担当:単訳, 範囲:みすず書房)
2017年7月   
「狩猟採集民からみた地球環境史 自然・隣人・文明との共生」
山本 太郎 (担当:共著, 範囲:「附論5 狩猟採集民・農耕民・ 文明人における病気と病」)
2017年3月   
持続可能な開発目標とは何か-2030年へ向けた変革のアジェンダ
山本 太郎 (担当:共著, 範囲:「第6章 保健衛生問題から見 るSDGs -新たな非感染症疾患としての肥満問題と、処方箋としてのヘルスリテラシー」)
ミネルヴァ書房   2017年3月   
失われてゆく、我々の内なる細菌
山本 太郎 (担当:単訳)
みすず書房   2015年7月   
高所医学ガイドブック(TRAVEL AT HIGH ALTITUDE)
山本 太郎 (担当:共訳)
2015年   
エイズの起源
山本 太郎 (担当:単訳)
みすず書房   2013年7月   
予防医学・公衆衛生学 4部環境と健康
山本 太郎 (担当:共著, 範囲:「第1章感染症の疫学と予防 総論」)
南江堂   2012年   
大震災のなかで 私たちは何をすべきか
山本 太郎 (担当:共著)
岩波新書   2011年6月   
感染症と文明―共生への道
山本 太郎
岩波新書   2011年6月   
主な検疫・輸入感染症
山本 太郎 (担当:共著)
昭和堂   2011年   
地球環境学事典
山本 太郎 (担当:共著)
弘文堂   2010年10月   
ハイチいのちとの闘い―日本人医師の300日
山本 太郎
昭和堂   2008年1月   
感染症疫学―感染性の計測・数学モデル・流行の構造
山本 太郎 (担当:共訳)
昭和堂   2006年12月   
新型インフルエンザ 世界がふるえる日
山本 太郎
岩波新書   2006年9月   
エイズ―ウイルスの起源と進化
山本 太郎 (担当:単訳)
学会出版センター   2001年1月   
国際保健学講義
山本 太郎
学会出版センター   1999年5月   

講演・口頭発表等

 
抗生物質と人間
山本 太郎
第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第66回日本化学療法学会西日本支部総会(三学会合同開催)   2018年11月17日   
ネパール高地民におけるテロメア長を用いた健康リスク評価.
有馬弘晃,Koirala Sweta,中野政之,山本太郎
第59回日本熱帯医学会大会   2018年11月10日   
Current health status and its risk factors of the Tsarang villagers living at high altitude in the Mustang district of Nepal.
Koirala Sweta,中野政之,有馬弘晃,山本太郎.
第59回日本熱帯医学会大会   2018年11月10日   
Mycobacterium caprae infection in a captive Borneo elephant.
Shiomi Yoshida, Satomi Suga, Satoshi Ishikawa, Yasuhiko Mukai, Kazunari Tsuyuguchi, Yoshikazu Inoue, Taro Yamamoto, Takayuki Wada.
The 11th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine (ASCM),Joint Asian Society of Conservation Medicine (ASCM) and Wildlife Disease Association Australasian (WDAA) Section Conference 2018   2018年10月28日   
ネパール高地民におけるテロメア長を用いた健康リスク評価.
有馬弘晃,中野政之,山本太郎
第77回日本公衆衛生学会総会   2018年10月25日   
ネパール国ムスタン地方住民における健康リスク因子の探索.
中野政之,有馬弘晃,山本太郎.
第77回日本公衆衛生学会総会   2018年10月25日   
日本在住外国人の死亡率:示唆されたヘルシー・マイグラント効果.
小堀栄子,前田祐子,山本太郎.
第77回日本公衆衛生学会総会   2018年10月24日   
大阪市における社会経済的指標を用いた結核発生状況の地域差.
山本香織,中谷友樹,竹内昌平,小向潤,青木理恵,松本健二,吉田英樹,山本太郎,和田崇之.
第77回日本公衆衛生学会総会   2018年10月24日   
抗生物質と人間 不在故の病気 [招待有り]
山本 太郎
Congenial Dentists Club   2018年10月18日   
感染症と文明―共生への道他
山本 太郎
平成医新伝習所   2018年10月10日   
抗生物質と人間
山本 太郎
第17回 生殖バイオロジー東京シンポジウム   2018年8月19日   
感染症と人間 共生について
山本 太郎
長崎県立東高等学校スーパーグローバルハイスクール講演会   2018年6月21日   
抗生物質の歴史と人類への影響
山本 太郎
第28回 感染研シンポジウム 明治150周年記念事業 ~感染症対策の歩みと現代の課題~   2018年5月21日   
ヒトは一人では生きていけない
山本 太郎
共同通信社【きさらぎ会】   2017年11月14日   
大阪市あいりん地域における結核の感染伝播状況(2006-2015).
山本香織、和田崇之、小向潤、宇田瑛子、清水直子、松本健二、下内 昭、山本太郎.
第76回日本公衆衛生学会総会   2017年10月31日   
UHC時代の結核検査マネージメント強化ー世界的脅威の疾患対策への応用ーQuality Laboratory Management for Tuberculosis in UHC -Appried for Global Threatening Disease Control-
山本 太郎
JICA国際集団研修コース   2017年10月20日   
Genomic monitoring of clinical strains of Mycobacterium tuberculosis isolated from a captive Asian elephant.
Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Kaori Yamamoto, Taro Yamamoto, Satoshi Ishikawa, Satomi Suga, Yasuhiko Mukai.
10th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine (ASCM)   2017年10月22日   
Climate Change and Infectious Diseases
山本 太郎
The Roundtable Seminar on "Climate Change and Fragility Implications on International Security"​   2017年   
感染症と開発の関係から「ヒト社会」のあり方を考える
山本 太郎
一般財団法人 国際開発機構 FASID 2016年度国際開発入門コース   2016年11月12日   
Mycobacterium pseudoshottsii isolated from maricultured fish in south-western Japan.
Yoshida S, Tsuyuguchi K, Nonaka L, Imajoh M, Yanai T, Tamaru A, Nakajima C, Suzuki Y, Wada T, Yamamoto T.
The 9th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine in Taipei   2016年10月22日   
Genotypic characterization of Mycobacterium avium subsp. hominissuis isolated from cattle with pulmonary infection.
Wada T, Yoshida S, Araki T, Iwamoto T, Yamamoto T, Yanai T.
The 9th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine in Taipei   2016年10月22日   
公衆衛生の転換:人はひとりでは生きていけない
山本 太郎
中野区医師会講演会   2016年10月13日   
公衆衛生学の転換
山本 太郎
2016年度前期 東洋学講座「   2016年7月22日   
公衆衛生対応班の目的・活動
山本 太郎
2016年度国際緊急援助隊感染症対策チーム第一回公衆衛生対応班機能別研修   2016年7月2日   
感染症と非感染性疾患
山本 太郎
日本リザルツ講演会   2016年6月25日   
大阪市あいりん地域における結核菌伝播状況解析(2006~2014).
山本香織、和田崇之、小向潤、長谷篤、松本健二、下内昭、山本太郎.
第91回日本結核病学会総会   2016年5月26日   
次世代シーケンサーを用いたBCG Tokyo 172 のシードロットおよび市販ロットにおけるヘテロ変異検出.
和田崇之、岩本朋忠、前田伸司、山本太郎、山本三郎、大原直也?.
第91回日本結核病学会総会   2016年5月26日   
滅菌水供給装置の汚染が原因と考えられたMycobacterium chimaeraの疑似アウトブレイク
吉田志緒美、東桃代、露口一成?、鈴木克洋、井上義一、和田崇之、山本太郎、林清二.
第91回日本結核病学会総会   2016年5月26日   
国際交流と災害・感染症対応 -未来志向としての国際保健-
山本 太郎
第19回日本臨床緊急医学会総会・学術集会 市民講座国際シンポジウム   2016年5月15日   
次世代シーケンサーを用いたBCG Tokyo172の シードロットおよび市販ロット におけるヘテロ変異検出.
和田崇之, 丸山史人, 岩本朋忠, 山本太郎, 山本三郎, 中川一路, 大 原直也.
第89回日本細菌学会総会   2016年3月23日   
播種性病態を 引き起こした新世界ザル由来Mycobacterium kansasii株の遺伝子解析及び病原性評価.
和田崇之, 吉田志緒美, 露口一成, 山本太郎.
第89回日本細菌学会総会   2016年3月23日   
安全管理(感染症対策)
山本 太郎
JICA国際緊急援助隊感染症対策チーム第一回導入研修プログラム   2016年2月20日   
A case of mycobacteriosis of frogs: insights into virulence and ecology of aquatic mycobacteria as a zoonotic pathogen.
Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Kaori Yamamoto, Yoshiharu Tachikawa, Shin-Ichi Yokota, Sinsaku Hattori, Chie Nakajima, Yasuhiko Suzuki, Kazunari Tsuyuguchi, Tokuma Yanai, Taro Yamamoto.
50th Anniversary Celebration followed by the 18th International Conference on Emerging Infectious Diseases   2016年1月11日   
Evaluation of the virulence between Mycobacterium kansasii isolates adapted to human or animal; using “One-health” infection model in squirrel monkeys (Saimiri sciureus).
Shiomi Yoshida, Takayuki Wada, Kazunari Tsuyuguchi, Tokuma Yanai, Taro Yamamoto.
2015 One Health Conference in Nagasaki   2015年11月6日   
International surveillance on Mycobacteriosis in Asian network: a challenge to unite clinical cases and bacterial information towards One Health.
Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Chie Nakajima, Yasuhiko Suzuki,Tokuma Yanai, Taro Yamamoto.
2015 One Health Conference in Nagasaki   2015年11月6日   
ポスト2015における健康課題:肥満を例として
山本 太郎
シンポジウム「地域から国連目標を考える:持続可能な開発目標論議へのインプットと実施へ向けて」   2015年2月13日   
デング、エボラを考える
山本 太郎
人事院公務員研修所「行政フォーラム」   2014年12月12日   
A History of Infectious Diseases and Civilization: Conquest or Co-existence?
山本 太郎
Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine(2014 meeting in Vietnam   2014年10月15日   
中国上海市における市中気道感染症由来インフルエンザ菌の薬剤感受性及び水平伝番についての研究
秦亮、山本太郎、渡邊浩
第54回日本熱帯医学会大会   2014年10月4日   
ポスト2015年開発アジェンダにおける食料関連目標に関する一考察
山本 太郎
環境経済・政策学会 2014年大会   2014年9月13日   
Evolution Biology/Medicine and Ecohealth
山本 太郎
EcoHealth2014   2014年8月11日   
感染症
山本 太郎
新潟大学医学部, 特別講義   2014年5月1日   
食料SDGについて
山本 太郎
環境研究総合推進費(S-11)「持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究,Project on Sustainability Transformation beyond 2015(POST2015)」拡大テーマ・リーダー会合   2014年4月11日   
結核菌における遺伝型別一致株の比較ゲノム解析.
和田崇之、岩本朋忠、前田伸司、長谷篤、山本太郎.
第87回日本細菌学会   2014年3月26日   
国際協力と国際保健 いま何を考えるべきか
山本 太郎
神戸学院大学,講演   2014年3月5日   
感染症と人類―文明以前と文明以後
山本 太郎
シンポジウム『熱帯の「狩猟採集民」に関する環境史学的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較から』   2014年2月3日   
ポスト2015-現代的課題 肥満を例に
山本 太郎
ハーバード大学公衆衛生大学院 武見国際保健プログラム設立30周年記念プログラム   2013年11月23日   
Mycobcteriumkansasil: its epidemiological background in humans and a case of infection in black berded Sakis in a zoo.
Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Mariko Takata, Motohisa Tomita, Kazunari tsuyuguchi, Tokuma Yanai and Taro Yamamoto.
6th Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine (ASZWM) meeting   2013年10月27日   
わが国における結核分子疫学と伝搬経路推定:結核中蔓延国としての役割について
和田崇之、山本太郎
第54回日本熱帯医学会大会   2013年10月4日   
昭和後期における結核菌の薬剤耐性を探る―抗結核薬の変遷とその影響に関する考察
飛永祥平、松本充生、吉田志緒美、北市正則、鈴木克洋、露口一成、岡田全司、林青二、山本太郎、和田崇之
第54回日本熱帯医学会大会   2013年10月4日   
ハイチにおける結核診療の現況と、日本からの支援についての考察
角泰人、源不二彦、吉田美紀、森安義、白須紀子、山本太郎、森亨
第54回日本熱帯医学会大会   2013年10月4日   
系統的レビュー及び数理モデルを用いたデング二次感染時の重症化に関する疫学的機構の解明
水本憲治、江島啓介、山本太郎、西浦博
第54回日本熱帯医学会大会   2013年10月4日   
東日本大震災における年齢別死亡の考察
高橋宗康、和田崇之、山本太郎
第54回日本熱帯医学会大会   2013年10月3日   
Molecular-to Genomic-Epidemiology of Tuberculosis: Refined Genotypic Characterization of a Nationwide Expanding Strain by Deep Sequencing Analysis.
Takayuki Wada, Tomotada Iwamoto, Atsushi Hase, Aki Tamaru, Shinji Maeda, Junji Seto, Tadayuki Ahiko and Taro Yamamoto.
Cooperative Medical Science Program: Tuberculosis and Leprosy Panel Meeting in Japan   2013年8月20日   
霊長類T細胞白血病ウイルス1型(PTLV-1)の系統分化
江口克之,山本太郎
第22回サル類の疾病と病理のための研究会ワークショップ   2013年7月26日   
感染症とヒト [招待有り]
山本 太郎
沖縄県立沖縄中部病院   2013年5月16日   
感染症と社会、生態学的視点から [招待有り]
山本 太郎
第3回 院内感染対策研修会   2013年2月18日   
Retrospective Characterization of Mycobacterium tuberculosis Clinical Strains from FFPE Specimens Embedded Several Decades Ago.
Shiomi Yoshida, Takayuki Wada, Masanori Kitaichi, Katsuhiro Suzuki, Tomotada Iwamoto, Atsushi Hase, Taro Yamamoto and Kazunari Tsuyuguchi.
US-JAPAN Cooperative Medical Science Program: Tuberculosis and Leprosy Panel Meeting in Japan   2013年8月20日   
Molecular-to Genomic-Epidemiology of Tuberuculosis: Refined Genotypic Characterization of a Nationwide Expanding Strain by Deep Sequencing Analysis.
Takayuki Wada, Tomotada Iwamoto, Atsushi Hase, Aki Tamaru, Shinji Maeda, Junji Seto, Tadayuki Ahiko and Taro Yamamoto.
US-JAPAN Cooperative Medical Science Program: Tuberculosis and Leprosy Panel Meeting in Japan   2013年   
ハイチへの結核診断のための簡易核酸増幅検査LAMP法導入の試み.
角泰人、山本太郎、日置哲二郎、吉田美紀、石塚彩、白須紀子、森安義、神田秀俊、森亨.
第53回日本熱帯医学大会   2012年9月5日   
一般市民のヒトスジシマカによる被刺咬頻度から、日本にケルデング熱再流行リスクを推定する試み
大木美香、砂原俊彦、山本太郎
第53回日本熱帯医学大会   2012年9月5日   
生態学的感染症理解―適応・進化・共生の視点から
山本 太郎
第60回日本化学医療法学会学術集会   2012年4月26日   
感染症と文明
山本 太郎
平成23年度結核・感染症発生動向調査研修会   2012年3月24日   
感染症との共生・・・生態学的、進化学的視点から
山本 太郎
環境史シンポジウム 災害・周縁・環境   2012年3月17日   
Sex trade HIV/STIs epidemic in mainland China.
Guoxi CAI, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO, Konglai Zhang and Kazuhiko Moji.  太郎
2011 joint conference of The 52nd annual meeting of Japanese Society of Tropical Medicine and The 26th annual meeting of Japan Association for International Health.   2011年11月4日   
Social Factors and HIV/STIs prevalence among venue and non-venue based FSWs in China.
Guoxi CAI, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO, Konglai Zhang and Kazuhiko Moji.
Annual meeting of China AIDS Network (CAN).   2011年9月16日   
A community based HIV/AIDS survey among ethnic minorities in Xishuangbanna, China.
Zhang Z, Liow C. H., Cai G. X., Moji K, Yamamoto T.
The 6th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention.   2011年7月17日   
殺虫剤噴霧と媒介蚊発生源除去の対デング熱長期的効果の比較.
大木 美香, 砂原 俊彦,山本 太郎
第63回 日本衛生動物学会大会   2011年4月14日   
Demographic characteristics and vulnerability to infectious diseases among China-Laos migrants.
Guoxi CAI, Ling SHEN, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO and Kazuhiko Moji.
International Symposium of RIHN-China Initiative: Environmental Changes and Health in Southwestern China.   2010年11月2日   
アジアにおけるエイズ流行動向とその課題
山本 太郎
第8回アジア太平洋・渡航医学会議   2010年10月22日   
ハイチという国、そして、ある医師達の生き方.
山本 太郎
シンポジウムⅡ「大規模自然災害に立ち向かう人道・人倫・人知」第25回日本国際保健医療学会学術大会.   2010年9月11日   
Effects of Asian Dust Events on Daily Mortality in Nagasaki, Japan.
M Hashizume, Y Nishiwaki, T Michikawa, K Ueda, D Onozuka, K Yokota, M Mine, A Mori, A Shimizu, N Sugimoto, T Yamamoto.
21nd Conference of the International Society for Environmental Epidemiology.   2010年8月28日   
A Light Shed on The Enigma Surrounding HTLV-1 Epidemic in Japan.
山本 太郎
1st World Congress of Virus and Infections-2010.   2010年7月31日   
Anopheles dirusの人家への飛来数を村の地図から予測する.
砂原 俊彦, Ho Dinh Trung,Le Kahn Thuan,中澤 秀介,門司 和彦,高木 正洋,山本 太郎
第62回 日本衛生動物学会大会   2010年4月2日   
デング熱伝播シミュレーションモデル"Excel-Ent"を用いた,ベクターコントロールの効果の検証.
大木 美香, 砂原 俊彦,山本 太郎
第62回 日本衛生動物学会大会   2010年4月2日   
Floating Population and healthcare service in China.
Guoxi CAI, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO and Kazuhiko Moji.
東アジア環境史研究国際シンポジウム(東アジア地域変化指標―医学衛生史料)   2010年3月13日   
Exce-Ent:デング出血熱患者数と気象データから媒介蚊発生源密度を逆推定する.
大木美香, 砂原俊彦, 山本太郎
第50回日本熱帯医学会大会   2009年10月23日   
中国におけるハイリスク集団を対象とするエイズ予防問題について.
Zhuo Z, Cai G, Shen L, Yamamoto T
第50回日本熱帯医学会大会   2009年10月22日   
Present situation of Malaria control in Bangladesh.
Haque U, Hashizume M, Sunahara T, Yamamoto T
第50回日本熱帯医学会大会   2009年10月22日   
マラリア媒介蚊の発生源の分布を推定する数理モデル.
砂原俊彦, 山本太郎
第50回日本熱帯医学会大会   2009年10月22日   
東アジアにおける成人T細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)の空間的広がりと系統分化 ~ HTLV-1がいつ、どこから日本に来て、どのように広まったのか ~.
江口克之, 藤井秀文, 大島謙吾, 大谷正史, 松尾敏明, 渡邉俊樹, 山本太郎
第50回日本熱帯医学会大会.   2009年10月22日   
新型インフルエンザ:歴史、対策、課題、国際協力の視点から.
山本 太郎
北海道医学大会集中治療分科会.   2009年10月17日   
Needs assessment for AIDS-related healthcare service among China-Laos migrants.
Guoxi CAI, Ling SHEN, Jun KANG, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO, Kaining ZHANG and Kazuhiko Moji.
The third National Health Research Forum (NHRF 2009).   2009年10月2日   
新型インフルエンザ ~歴史・生態・国際協力の視点から~.
山本 太郎
第6回 地域薬剤師卒業後 教育研修センター講演.   2009年5月23日   
デング熱伝播のシュミレーションモデル”Excel-Ent”の開発.
大木美香, 砂原俊彦, 山本太郎
第61回日本衛生動物学会大会.   2009年4月2日   
リモートセンシングによるAnopheles dirus密度予測の試み.
砂原俊彦, 山本太郎
第61回日本衛生動物学会大会   2009年4月2日   
気候変動と感染症:生態学的視点から.
山本 太郎
佐賀県衛生生薬業センター.   2009年2月17日   
命の大切さ:3人の医師との出会い.
山本 太郎
兵庫県立教育研修センター公開講座   2009年2月5日   
気候変動と感染症:生態学の視点から.
山本 太郎
全国保健所長会.   2009年1月30日   
インフルエンザ:歴史・生態学・国際協力の視点から.
山本 太郎
県立長崎シーボルト大学   2009年1月27日   
感染症共生:生態学的視点から.
山本 太郎
近畿熱帯医学研究会.   2009年1月7日   
新型インフルエンザ-歴史・対策・課題- 国際協力の視点から
山本 太郎
長崎透析医会   2008年11月11日   
感染症国際協力最前線:新型インフルエンザを例として.
山本 太郎
第394回長崎医学会例会.   2008年11月8日   
AIDS/STD epidemic among Cross-border Floating People in South China.
Guoxi CAI, Zhuo ZHANG, Taro YAMAMOTO, Kazuhiko Moji and Shihua Li
2008 Joint conference of The 49th annual meeting of Japanese Society of Tropical Medicine and The 23rd annual meeting of Japan Association for International Health.   2008年10月   
感染症国際協力最前線:新型インフルエンザを例として.
山本 太郎
第393回長崎医学会例会.   2008年8月23日   
新型インフルエンザと国際協力.
山本 太郎
長崎市立市民病院内講演会   2008年8月6日   
マラリアコントロールは村はずれの一軒家を優先させるべきである.
山本 太郎
第77回日本寄生虫学会大会.   2008年4月3日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
中国及びネパール高地における適応と肥満、糖尿病とヒト腸内細菌多様性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 山本 太郎
ヒト環境適応機構と疾病に関する探索的研究
総合地球環境学研究所 : IS研究費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山本 太郎
S-11テーマ3サブテーマ(2):保健・健康・衛生・に関する分野におけるポスト・ミレアアム開発目標と指標の提示
環境省: 環境省研究総合推進費
研究期間: 2015年       代表者: 山本 太郎
ネパール国パタン医科大学との国際保健交流:感染症および地域保健における実態調査
長崎大学: 大学高度化推進経費
研究期間: 2014年       代表者: 山本 太郎
中国雲南省の静注薬物常習者のHIV感染リスクの評価と対策構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 山本 太郎
西蔵少数民族の高地適応戦略と生活習慣病
公益財団法人 上原記念生命科学財団: 研究助成金
研究期間: 2013年4月       代表者: 山本 太郎
ウイルス感染症ヒト社会への適応過程に関する一研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 山本 太郎
G型肝炎ウイルス二重感染がHTLV-1母子感染に与える影響:後向きコホート研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 山本 太郎
先進国を中心とした海外におけるエイズ発生動向、調査体制、対策の分析
厚生労働省: 厚生労働省科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 山本 太郎

その他

 
2018年7月   ヒトと病原体の競争進化
『大阪保険医雑誌 2018/7 No.622』に「ヒトと病原体の競争進化」を寄稿
2018年6月   ―人類が生きるために知っておきたい―善も悪もない「微生物」の世界。
東邦出版【自然栽培 Vol.15 】発刊(2018年6月1日) 「―人類が生きるために知っておきたい―善も悪もない「微生物」の世界。」寄稿
2018年4月   放送大学講義
【レジリエンスの諸相―人類史的視点からの挑戦】全10回放送4月2日開始(毎週月曜日11:15~)第7回を担当
2018年4月   よくわかるSDGs講座シリーズ
長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科主催【よくわかるSDGs講座シリーズ】の第一回講座(講師武見敬三先生)が開催され、モデレーターを担当。
     
2018年1月
中国新聞に研究活動についての掲載
2017年5月
廣告社ウェブサイト【逆引き大辞典】SDGs高校生自分ごと化プロジェクトページ内『2.飢餓をゼロに』『3.すべての 人に健康と福祉を』について解説