講演・口頭発表等

2018年9月

イオンチャネリングのAMS技術への応用開拓

2018年秋季第79回応用物理学会学術講演会
  • 松原 章浩
  • ,
  • 藤田 奈津子
  • ,
  • 石井 邦和

記述言語
日本語
会議種別
開催地
名古屋(日本)

イオンチャネリングは結晶の空隙をイオンが進行し大角散乱等の核的相互作用の確率が著しく低下する現象である。一般的にチャネリングの応用として、イオンビーム分析での結晶性評価が知られる。われわれはチャネリングを加速器質量分析(AMS)の要素技術に応用することを提案している。AMS要素技術へのチャネリングの三つの応用としては、イオンと結晶空隙に存在する価電子との相互作用を積極的に利用するもの(ディグレーダー, ストリッパー)及びチャネリング中のイオンと価電子との相互作用を弱めた場合に現れる結晶の周期場の効果に着目するものである。