福間 長知

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/12 15:30
 
アバター
研究者氏名
福間 長知
 
フクマ ナガハル
eメール
fukumatakasaki-u.ac.jp
所属
高崎健康福祉大学
部署
薬学部 臨床病態学研究室
職名
教授
学位
医学博士(日本医科大学)
その他の所属
日本医科大学/循環器内科

プロフィール

臨床医(循環器医)として、病態生理に関する研究を行っています。
30年以上の内科臨床医経験・卒前卒後の指導医経験・多くの学位論文指導経験をもとにした臨床研究(特に生理学的知見を基盤として)を展開します。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本医科大学 循環器内科 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
高崎健康福祉大学 薬学部薬学科 教授
 
2012年10月
 - 
2017年3月
日本医科大学 第1内科 准教授
 
2004年10月
 - 
2012年9月
日本医科大学 第1内科 講師
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1983年3月
日本医科大学 医学部 
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
日本循環器心身医学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本血管不全学会  評議員・編集委員会委員
 
2015年8月
 - 
現在
日本心臓リハビリテーション学会地方会関東甲信越支部  幹事
 
2014年8月
 - 
現在
日本心臓リハビリテーション学会  理事
 
2014年8月
 - 
現在
日本心臓リハビリテーション学会  学術委員会委員長
 

論文

 
Clinical Backgrounds and the Time Course of Sleep-Disordered Breathing in Patients after Myocardial Infarction.
福間 長知
J Nippon Med Sch   80(3) 192-199   2013年6月   [査読有り]
Prognostic value of depression, anxiety, and anger in hospitalized cardiovascular disease patients for predicting adverse cardiac outcomes.
福間 長知
Am J Cardiol   111(10) 1432-1436   2013年5月   [査読有り]
Denervated Sympathetic Nerve Distributed to Motor Muscle as a Possible Cause of Enhanced BP Response to Exercise in Patients with Heart Disease.
福間 長知
J Jpn Coron Assoc   18(3) 189-193   2012年10月   [査読有り]
Baroreflex mechanisms and response to exercise in patients with heart disease.
福間 長知
Clin Physiol Funct Imaging   32(4) 305-309   2012年6月   [査読有り]
Sleep Disordered Breathing with Nighttime Hypocapnia Relates to Daytime Enhanced Ventilatory Response to Exercise in Patients with Heart Disease.
福間 長知
J Nippon Med Sch   79(6) 409-415   2012年2月   [査読有り]
Sympathetic excitation during exercise as a cause of attenuated heart rate recovery in patients with myocardial infarction.
福間 長知
J Nippon Med Sch   76(2) 76-83   2009年2月   [査読有り]
Analysis of alteration of blood pressure response to exercise through baroreflex.
福間 長知
J Nippon Med Sch   74(2) 123-130   2007年2月   [査読有り]
Relationship between plasma norepinephrine at peak exercise and 123I-MIBG imaging of the heart and lower limbs in heart failure.
福間 長知
Jpn J Clin Physiol   36(1) 31-37   2006年1月   [査読有り]
Improvement of sympathetic response to exercise by oral administration of ascorbic acid in patients after myocardial infarction.
福間 長知
Int J Cardiol. 111(2):240-246, 2006.   111(2) 240-246   2004年2月   [査読有り]
Chemoreflex Hypersensitivity and Anaerobic Product to PaCO2 during Exercise in Patients with Chronic Heart Failure.
福間 長知
Jpn J Clin Physiol   36(1) 31-37   2006年1月   [査読有り]
Impaired baroreflex as a cause of chronotropic incompetence during exercise via autonomic mechanism in patients with heart disease.
福間 長知
Int J Cardiol   97(3) 503-508   2004年3月   [査読有り]
Attenuated Heart Rate Response to Exercise Correlates with Severity of Heart Failure.
福間 長知
Jpn J Clin Physiol. 6:315-322. 2001.   6 315-322   2001年12月   [査読有り]
Plasma natriuretic peptide levels and daily physical activity in patients with pacemaker implantation.
福間 長知
Jpn Heart J. 42(4):471-482, 2001.   42(4) 471-482   2001年4月   [査読有り]
Clinical significance of increased plasma concentration of macrophage colony-stimulating factor in patients with angina pectoris.
福間 長知
J Am Coll Cardiol. 35(3):655-665, 2000.   35(3) 655-665   2000年3月   [査読有り]
Correlation between atrial natriuretic peptide and baroreflex sensitivity in patients with congestive heart failure.
福間 長知
Jpn Circ J. 63(11):893-899, 1999.   63(11) 893-899   1999年11月   [査読有り]
Significant characteristics of variant angina patients with associated syncope.
福間 長知
Jpn Heart J   37(3) 317-326   1996年3月   [査読有り]
Prognostic indicators of major cardiac events in patients with asymptomatic coronary artery disease.
福間 長知
Jpn Heart J. 37(1):59-72, 1996.   37(1) 59-72   1996年1月   [査読有り]
Circadian variation of ischemic threshold in patients with chronic stable angina.
福間 長知
Int J Cardiol   35(1) 65-70   1992年1月   [査読有り]
A new strategy for the reduction of acute myocardial infarction in variant angina.
福間 長知
Am Heart J   122(6) 1554-1561   1991年6月   [査読有り]
Role of perceptive threshold in myocardial infarction patients without previous angina.
福間 長知
Jpn Circ J   55(4) 316-323   1991年4月   [査読有り]
Evaluation of a new vasodilating beta-blocking agent, carvedilol, in exertional angina using holter monitoring.
福間 長知
Jpn Heart J   31(4) 449-460   1990年4月   [査読有り]
Clinical significance and management of silent myocardial ischemia in patients with angina pectoris and myocardial infarction.
福間 長知
Jpn Circ J   53(11) 1444-1451   1989年11月   [査読有り]

Misc

 
特集「循環器疾患と睡眠呼吸障害」 冠動脈疾患と睡眠呼吸障害
福間 長知
睡眠医療 ライフサイエンス社      2016年9月   [依頼有り]
睡眠呼吸障害と心血管疾患
福間 長知
Heartview誌 メジカルビュー社      2016年3月   [依頼有り]
心筋梗塞急性期におけるうつ病への対応 -うつをどのように診つけるか、その診断から治療
福間 長知
先端医学社      2015年6月   [依頼有り]
日常診療に役立つうつ病の知識 心筋梗塞
福間 長知
臨床と研究 大道学館出版部      2014年5月   [依頼有り]
うつ・不安・怒りは心臓病の予後にいかに影響するのか(2014.3.11放送)
福間 長知
ラジオNikkei      2014年3月   [依頼有り]
循環器疾患患者の精神・心理的問題に対する取り組み
福間 長知
不整脈News and View      2012年10月   [依頼有り]
心筋梗塞後の心血管リスクとしての睡眠時無呼吸
福間 長知
日本心臓病学会雑誌      2012年1月   [依頼有り]
心不全の発症・進展における睡眠呼吸障害の役割―OSA,CSAそれぞれの心不全との関わり方
福間 長知
Progress in Medicine      2011年9月   [依頼有り]
自律神経と心臓リハビリテーション―自律神経障害に対する介入を考える―
福間 長知
心臓リハビリテーション学会誌      2011年2月   [依頼有り]
急性骨髄性白血病・扁平上皮癌・脳梗塞を併発した慢性活動性EBウイルス感染症
福間 長知
内科      2010年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
心臓リハビリテーション
福間 長知 (担当:分担執筆, 範囲:糖尿病, 高尿酸血症、左室流出路狭窄)
医歯薬出版   2018年7月   
心臓リハビリテーション必携
福間 長知 (担当:分担執筆, 範囲:生理機能検査)
日本心臓リハビリテーション学会   2010年   
循環器内科学
福間 長知 (担当:分担執筆, 範囲:循環制御)
シェブリンガー・ジャパン   2010年   
循環器検査のグノーティ・セアウトン
福間 長知 (担当:分担執筆, 範囲:運動負荷心電図)
シナジー   2009年   
周術期心筋虚血予防とβ遮断薬. 周術期におけるβ遮断薬の使い方
福間 長知 (担当:分担執筆)
真興交易出版   2004年   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム 自律神経機能障害による運動負荷に対する血圧・心拍応答の修飾
福間 長知
第40回日本高血圧学会総会   2017年10月   
シンポジウム 包括的リハビリテーションの未来 -日本心臓リハビリテーション学会レジストリーシステム-
福間 長知
第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2016年7月   
シンポジウム うつ・不安・怒りは心臓病の予後にいかに影響するのか
福間 長知
第61回日本心臓病学会学術集会   2013年9月   
パネル 心筋梗塞後うつに対するガイドラインに基いた系統的介入の問題点と対応
福間 長知
第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2013年7月   
シンポジウム 心筋梗塞後患者合併高血圧症に対する包括的心臓リハビリテーションとしての系統的介入
福間 長知
第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2013年7月   
パネル Importance of Management of Salt Intake and Hypertension as a Comprehensive Cardiac Rehabilitation in Patients with Myocardial Infarction.
福間 長知
第77回日本循環器学会学術集会   2013年3月   
シンポジウム ストレスと心臓病 心筋梗塞後の抑うつと介入に関する検討
福間 長知
日本心臓病学会総会   2011年9月   
シンポジウム 睡眠時無呼吸症候群と心血管リスク 心筋梗塞後の心血管リスクとしての睡眠時無呼吸
福間 長知
日本心臓病学総会   2011年9月   
シンポジウム 心疾患の運動リハビリ-心筋梗塞後運動リハビリ症例において検討されるべき新たな冠危険因子について-
福間 長知
日本心臓病学総会   2010年9月   
レクチャー 自律神経と心臓リハビリテーション-自律神経機能障害に対する介入を考える-
福間 長知
日本心臓リハビリテーション学会総会   2010年7月   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
シンポジウム座長 多職種による心不全緩和医療
【司会】  第75回日本循環器心身医学会学術総会  2018年11月
特別企画座長 循環器学のトピックスと心臓リハビリテーション
【司会】  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2018年7月
シンポジウム座長 心臓リハビリテーションの動機付けと継続意欲の維持
【司会】  第74回日本循環器心身医学会学術集会  2017年11月
教育講演座長 実例から学ぶ臨床研究の進め方・学会発表の基本
【司会】  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2017年7月
特別企画座長 循環器学のトピックスと心臓リハビリテーション-心リハ領域の学術研究課題-
【司会】  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2017年7月
シンポジウム座長 心臓リハビリテーションの現場で遭遇する心身医療
【司会】  第73回日本循環器心身医学会学術集会  2016年7月
特別企画座長 循環器学のトピックスと心臓リハビリテーション
【司会】  第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2016年7月
教育講演座長 医療統計を知る
【司会】  第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会  2016年7月
シンポジウム座長 循環器疾患における生活習慣病と心身ケア
【司会】  第72回日本循環器心身医学会学術集会  2015年11月
セミナー座長 循環器SAS
【司会】  第52回日本臨床生理学会総会  2015年11月