Noriyuki Kimura

J-GLOBAL         Last updated: Oct 27, 2018 at 16:43
 
Avatar
Name
Noriyuki Kimura
E-mail
noriyukioita-u.ac.jp

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Oita Medical University
 

Published Papers

 
Aso Y, Chikazawa R, Kimura Y, Kimura N, Matsubara E
BMC neurology   18(1) 119   Aug 2018   [Refereed]
Ishibashi M, Kimura N, Aso Y, Matsubara E
Clinical neurology and neurosurgery   168 7-11   May 2018   [Refereed]
Abe Y, Kimura N, Takahashi R, Gotou M, Mizukami K, Uchida H, Matsubara E
Geriatrics & gerontology international   17(11) 1907-1913   Nov 2017   [Refereed]
Kimura N, Nishimura N, Iwama N, Aihara Y, Ogawa Y, Miyaguchi Y
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   88(10) 1615-1622   Oct 2017   [Refereed]
Takemaru M, Kimura N, Abe Y, Goto M, Matsubara E
Clinical neurology and neurosurgery   160 111-115   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
ニボルマブ投与後に脊髄炎および多発神経根炎を発症した一例
角 華織, 堀 大滋, 薮内 健一, 麻生 泰弘, 木村 成志, 松原 悦朗, 楠 進
臨床神経学   58(8) 544-544   Aug 2018
抗Lrp-4抗体、抗VGCC抗体、抗Amphiphysin抗体陽性であったPCD-LEMSの一例
中道 淳仁, 石橋 正人, 軸丸 美香, 木村 成志, 松原 悦朗
臨床神経学   58(5) 354-354   May 2018
アルツハイマー病の大脳白質病変が脳機能および臨床症状に及ぼす影響
木村 成志, 松原 悦朗
BIO Clinica   31(14) 1519-1525   Dec 2016
認知症研究分野におけるMRI、SPECT、PETなどの画像技術の進歩はめざましく、診断や病態解明に大きく貢献してきた。これまで、著者らは、無症候性大脳白質病変(WML)が、認知機能と脳血流量に及ぼす影響を頭部MRIと脳血流SPECT画像を用いて検討し、高齢者ADでは脳室周囲や大脳深部白質に白質病変を高頻度に認め、前頭葉や辺縁系の脳血流低下やMMSEの進行に影響することを明らかにした。さらに、アミロイドPETや髄液中のバイオマーカー測定を用いた研究を進めている。MWLの病的意義の解明は、発症...
Nishiyama Kazutoshi, Yokoyama Kazumasa, Kuroda Hiroshi, Takiyama Yoko, Kimura Noriyuki
The Japanese Journal of Sarcoidosis and Other Granulomatous Disorders   36(1) 13-16   Oct 2016
<p> 神経系や筋を侵すサルコイドーシスを神経筋サルコイドーシスと呼ぶ.神経系サルコイドーシスは診断,治療において無 作為化比較試験(RCT)が乏しく,科学的エビデンスに欠ける分野である.そのために診療ガイドラインの整備が遅れてい た.今回,日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会が主体となり,サルコイドーシスのガイドラインの全面改訂が進めら れている.神経筋サルコイドーシスについても,少ないながらもエビデンスを集積し,現段階でどこまでのことが解明され ているかを客観的に検討し,ガイドライン...
地域在宅高齢者に対する認知症啓発および検診の重要性
木村 成志, 軸丸 美香, 麻生 泰弘, 堀 大滋, 松原 悦朗, 藤野 孝雄
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 261-261   Feb 2018