Naoki Kato

J-GLOBAL         Last updated: Dec 27, 2018 at 17:56
 
Avatar
Name
Naoki Kato
E-mail
nkatogifu-u.ac.jp
Affiliation
Gifu University
Section
Information and Multimedia Center

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
YAMAZAKI Senji, KAKEGAWA Junichi, OGAWA Hisashi, KATO Naoki, OKIDO Ritsuko, MORIHIRO Koichiro
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   31(2) 37-48   Nov 2015   [Refereed]
通知表所見の記述に苦労する小学校教員は多く,その際に参考となる特徴的な単語を知りたいと考える教員も多い.学校情報セキュリティ上の制約に配慮して教員自らが校内で所見から特徴単語を得ようとしても,テキストマイニングによる既存の抽出手法は計算が複雑なため困難であり,より簡明な手法が求められている.これに対して,筆者らが提案した手法は理解しやすいシンプルさをもちながら,所見記述支援に有効な特徴単語を抽出することもできている.そこで,提案手法を含めた10種類の異なるテキストマイニング手法による所見の...
OIKAWA Hirokazu, KATO Naoki, YOKOYAMA Takamitsu
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   31(1) 33-42   Jul 2015   [Refereed]
タブレットPCを活用した中学理科授業において,評価問題と学びの意識ならびに学習者の行動を分析した.評価問題について分析した結果,タブレットPCを活用した授業では,活用しない授業に比べ,記述問題で無答者の割合が有意に低く,正答者の割合が有意に高いという結果が得られた.この結果を踏まえて,学びの意識のアンケートから,タブレットPCに対する特性認識が,学びの自己評価に与える影響を見るモデルを考え,共分散構造分析を行った.その結果,タブレットPCを活用した授業では,タブレットPCに対する「協働性」...
YAMAZAKI Senji, KAKEGAWA Junichi, OGAWA Hisashi, KATO Naoki, OKIDO Ritsuko, MORIHIRO Koichiro
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   30(3) 23-35   Mar 2015   [Refereed]
通知表の所見は,経験年数がある教員においても表現の偏りが出るなど,記述に苦労する校務である.しかし,実際に記述された内容の分析や表現の偏りを防ぐ支援については,ほとんど先行研究がなされていない.本研究では,小学校通知表の所見データに対してテキストマイニングを利用した教員間比較を行い,他の教員と比べてある教員が特に多用する特徴的な単語を,その教員の特徴単語として抽出した.結果,抽出された特徴単語は所見において,より偏った使い方がなされていた.また,対象教員の特徴単語を提示することで記述パター...
鷹岡 亮, 加藤 直樹, 上市 善章
教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report   29(6) 159-166   Mar 2015
IMAI Michiko, KATO Naoki
Annual report of the Faculty of Education, Gifu University. Humanities and social sciences   63(2) 195-210   Mar 2015
IMAI Michiko, KATO Naoki
Annual report of the Faculty of Education, Gifu University. Humanities and social sciences   63(1) 151-159   Oct 2014
YOKOYAMA Takamitsu, KATO Naoki, HIBI Mitsuharu, OKIDO Ritsuko, YAMAZAKI Senji, OIKAWA Hirokazu
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   29(2) 45-50   Jan 2014   [Refereed]
小中学校の一斉学習にタブレットPCを活用すると,タブレットPC画面をのぞき込んだりタブレットPCを介して相談したりする時間が増え,考察の時間が増えることがわかった.その結果,タブレットPCを活用すると学び合いの時間が増えて知識理解が深まるだけでなく,思考力を高めることが示唆された.また,意識調査から,学習者は自分にあった方法やスピードで進めることができ,進んで学習に参加できたり授業に集中して取り組むことができたりすると感じていることが示唆された.しかし,タブレットPCの活用が学習に影響を及...
KATO Naoki, YOKOYAMA Takamitsu, MURASE Koichiro, HIBI Mitsuharu, OKIDO Ritsuko, YAMAZAKI Senii, OIKAWA Hirokazu, MATSUI Toru, HANIOKA Yasushi
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   29(2) 39-44   Jan 2014   [Refereed]
学校教育へのタブレットPCの導入は,機動性や操作性という機能面への着目に加えて,背景とする社会モデルや学習理論の検討を重視する必要がある.そこで,まず知識創発型社会において協働学習の教育的価値がより高まることを示し,次に協働学習を構成主義の理論にもとづいて協働,納得や創発を生起させる活動として意昧づけた.そのうえで,創発につながる協働を促進するためのタブレットPCの教育利用として検討すべき課題を,これまでの研究の枠組みと成果の一部を整理し検討した.
OIKAWA Hirokazu, KATO Naoki
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌   29(1) 13-19   Sep 2013   [Refereed]
日本語初学者である留学生を対象に開発した「聴解ストラテジーを育成する学習カリキュラム」は,学習者が持つ言語能力が,どのくらいの水準に達している場合に高い学習効果が得られるかについて,言語能力の筆記試験と聴解ストラテジーの意識調査から分析した.その結果,学習前に一定水準の語彙力を持った学習者は,「推測」の聴解ストラテジーを意識的に使用し,聴解力の高い伸びが認められた.また,付随的に語彙力についても伸びが認められた.
YOKOYAMA Takamitsu, KATO Naoki, HIBI Kouji, OKIDO Ritsuko, YAMAZAKI Senji, OIKAWA Hirokazu, TSUNETOMI Masahiro
日本教育工学会研究報告集   2013(2) 123-128   May 2013

Books etc

 
メディアを活かした授業づくり
Jul 1999   

Misc

 
横山隆光, 加藤直樹, 興戸律子, 及川浩和, 山崎宣次, 葛口菜穂
日本科学教育学会年会論文集(CD-ROM)   41st 359‐360   Aug 2017
南匡彌, 加藤直樹, 及川浩和
日本教育情報学会年会論文集   32nd 310‐311   Aug 2016
OIKAWA Hirokazu, KATO Naoki, TAKAOKA Ryo, KAMIICHI Yoshiaki, MURAMATSU Yuko, AIBE Reiko
年会論文集   (31) 300-301   Aug 2015
高校生と大学生を対象として,モバイル端末の学習経験が問題解決方法に与える影響を調査した.モバイル端末を活用した問題解決を想定した場面として,グループでの問題解決とその伝達の道具を含む方法について質問し,自由記述回答をテキストマイニングにより分析した.その結果,情報科生は,普通科生に比べ,個人や他者との知識創造に繋がる語彙が多く出現することがわかった.モバイル端末の学習経験が日常の問題解決場面で適用され,知識創造社会に向けたICTを活用した新しい学びの可能性が示された.
横山 隆光, 加藤 直樹, 興戸 律子
日本教育工学会研究報告集   15(1) 399-404   Feb 2015
鷹岡亮, 若杉祥太, 加藤直樹, 上市善章, 村松祐子, 相部礼子, 渡邊芳雅, 嶋本雅宏
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   40th ROMBUNNO.G4T-1   2015

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2010 - 2013    Investigator(s): Naoki KATO
The researchers examined how Education Management Information System is constructed to support the sustained improvement in school education, and have developed the program which uses the application of a tablet PC and Web-site in order to record ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Yukiko TAKAHASHI
A satisfaction survey on learning acquired using a blended learning system was conducted of 72 second-year students enrolled in a four-year university nursing program. Over 75% of the respondents were positive about using the system. Analysis of a...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2006 - 2009    Investigator(s): Naoki KATO
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Yukiko TAKAHASHI
The objective of the research is the development of web-based training materials and the establishment of e-learning for the purpose of raising preoperative training competencies in clinical nursing and to validate their learning outcomes.The titl...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Norifumi MASHIKO
1. Development of teachers' resource management activityTeachers' are designing lessons based on selecting and processing many resources. Resource management abilities are very important in science and technology teachers, because many special lea...