基本情報

所属
岐阜大学 応用生物科学部 共同獣医学科 獣医微生物学研究室 准教授
学位
博士(獣医学)(岐阜大学)
Ph.D

研究者番号
90853250
J-GLOBAL ID
201901006029652710
researchmap会員ID
B000348363

2013年から2019年まで、私はテキサス大学医学部ガルベストン校で、ラクダからヒトへ(あるいはヒトからヒトへ)感染拡大する人獣共通感染症である中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの研究に従事していました。MERSコロナウイルスは、2012年に発見されたヒトに致死的な呼吸器疾患を引き起こす危険な病原体です。その高い病原性にも関わらず、残念ながらまだ治療法もワクチンも開発されていません。私はそれらを開発するための手掛かりを得るために、ウイルスがどうやって感染細胞の中で効率よく増えているのかを調べる基礎研究を行っていました。研究の結果、感染細胞内で作られるnsp1蛋白質とアクセサリー蛋白質4aという2つのウイルス由来蛋白質がMERSコロナウイルスの効率的な増殖を助けていることを明らかにしました。こうした知見の蓄積が、MERSに対する治療法・予防法の確立に貢献できる可能性があります。2019年5月から現職に着任し、今まで培った手技と考え方をもとに、動物とヒトのコロナウイルスに関する研究を幅広く展開しております。


学歴

  2

論文

  20

MISC

  1

講演・口頭発表等

  11

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7

その他

  2