向井 信彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/06 14:19
 
アバター
研究者氏名
向井 信彦
 
ムカイ ノブヒコ
URL
http://www.vgl.cs.tcu.ac.jp
所属
東京都市大学
部署
知識工学部 情報科学科
職名
教授
その他の所属
東京都市大学大学院

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
2001年3月
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
 
2002年4月
 - 
2006年3月
武蔵工業大学 工学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
武蔵工業大学 知識工学部 教授
 
2009年4月
 - 
現在
東京都市大学(旧武蔵工業大学) 知識工学部 教授
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
大阪大学 基礎工学部 機械工学科
 
1983年4月
 - 
1985年3月
大阪大学 大学院 基礎工学研究科 物理系専攻
 
1995年9月
 - 
1997年1月
コーネル大学 大学院 工学修士課程 情報科学
 
2000年10月
 - 
2001年9月
大阪大学 大学院 基礎工学研究科 システム人間系
 

委員歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
国際標準化委員会  ISO/IEC JTC1/SC24/WG2 小委員会 委員
 
1991年4月
 - 
1993年3月
国際標準化委員会  ISO/IEC JTC1/SC24/WG2 小委員会 幹事
 
1991年4月
 - 
1993年3月
日本規格協会  INSTAC WG3 委員
 
1993年4月
 - 
1995年3月
国際標準化委員会  ISO/IEC JTC1/SC24/WG6/API SG 主査
 
1993年4月
 - 
1995年3月
国際標準化委員会  ISO/IEC JTC1/SC24 専門委員会 委員
 

受賞

 
2003年5月
映像情報メディア学会 研究奨励賞 Weathered Textureの自動生成手法
 
2017年6月
埼玉県警草加警察署 感謝状 連続放火事件解決への貢献
 
2018年7月
SIMULTECH 2018 Best Paper Award Particle based Waterfall Simulation with Spray Cloud Emerging from Basin
 

論文

 
Particle based Droplet Simulation in Liquid-Liquid Two-phase Flow
Takukya Natsume, Masamichi Oishi, Marie Oshima, and Nobuhiko Mukai
MODSIM 2019   822-827   2019年12月   [査読有り]
Particle based Blood Flow Simulation in the Aorta and the Left Ventricle
Nobuhiko MUKAI
IDDST(International Drug Discovery Science and Technology)   044-044   2019年11月   [招待有り]
Pressure Change Simulation in the Aorta and the Left Ventricle with Compression
Nobuhiko MUKAI, Kazuhiro Aoyama, Takuya Natsume, and Youngha Chang
International Conference of the Society for Medical Innovation and Technology      2019年10月   [査読有り]
粒子法による液滴の滴下挙動再現と定量的評価
夏目拓也, 大石正道, 大島まり, 向井信彦
芸術科学会論文誌   18(3) 106-113   2019年9月   [査読有り]
Candle Flame Simulation Considering Combustion States
Nobuhiko Mukai, Shu Akasaka, and Youngha Chang
IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing      2019年8月   [査読有り]

Misc

 
VR based Simulator for Japanese Flower Affrangement
Nobuhiko Mukai
International Conference on Image and Graphics Processing      2019年2月   [依頼有り]
映像表現およびコンピュータグラフィックスの研究動向
向井信彦, 盛岡寛史, 森谷友昭, 吉川浩
映像情報メディア学会誌   72(1) 84-88   2018年1月   [依頼有り]
Physical Simulation with Particle Methods
Nobuhiko Mukai
International Conference on Advances in Engineering and Technology      2017年3月   [依頼有り]
大動脈弁の変形と圧力および応力分布の可視化
向井信彦
画像ラボ   24(1) 30-35   2013年1月   [依頼有り]
東京都市大学 画像工学研究室
向井信彦
画像電子学会誌   42(1) 137-138   2013年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Particle Based Blood Pressure Simulation in the Aorta with the Model Generated from CT Images
Nobuhiko Mukai, Kazuya Aoyama, Takuya Natsume, and Youngha Chang (担当:共著, 範囲:pp.102-113, Advances in Intelligent Systems and Computing 873)
Springer   2019年1月   
基礎からのコンピュータグラフィックス
Nobuhiko Mukai
日新出版   2012年4月   ISBN:978-4-8173-0244-1
Computer Graphics
Nobuhiko Mukai (担当:編者, 範囲:Editor)
InTech - Open Access Company   2012年3月   
Analytical Method for Reflection and Refraction
Nobuhiko Mukai
InTech - Open Access Company   2012年   ISBN:978-953-51-0455-1
立体視テクノロジー
坂根他 (担当:共著, 範囲:pp.641-648)
(株)エヌ・ティー・エス   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
VRとARの事例紹介 [招待有り]
向井信彦
映像情報メディア学会年次大会   2019年8月   
界面張力モデルによる脳動脈瘤用塞栓材液滴形成の比較
夏目拓也, 大石正道, 向井信彦, 大島まり
日本バイオレオロジー学会   2019年6月   
側音化構音の舌運動様式についてー3次元舌モデルとエレクトロパラトグラフィを用いた分析の試みー
武井良子, 森紀美江, 山田紘子, 長谷川和子, 向井信彦, 高橋浩二
第20回日本言語聴覚学会   2019年6月   
フェイシャルアニメーションのための例示データからの制御点配置推定法の検討
山名承太郎, 向井智彦, 向井信彦
映像情報メディア学会研究会   2019年3月   
小規模ブロック作品のためのボクセルモデル低解像度化手法
石毛勇哉, 張英夏, 向井信彦
映像情報メディア学会冬季大会   2018年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
粒子シミュレーションによる左心室から大動脈への血流の可視化と圧力変化の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 向井信彦
心拍と軸流を考慮した大動脈内の血流と大動脈弁開閉動作の解析に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 向井信彦
大動脈弁にかかる応力分布の可視化に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 向井信彦
超音波診断装置を用いた4次元舌運動モデルに基づく視覚的構音訓練法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 山下夕香里
手術シミュレータ向け血管内圧力を考慮した血管の変形方式
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 向井信彦

特許

 
特許04273219 : 変形曲面表示装置および変形曲面表示方法
向井信彦, 原田雅之, 室井克信, 吉田晃敏
特許04315266 : 仮想剥がし感覚発生システム
原田雅之, 向井信彦, 室井克信, 吉田晃敏
特許United States Patent 6,126,450 : MEDICAL SIMULATOR SYSTEM AND MEDICAL SIMULATOR NOTIFYING APPARATUS
Nobuhiko Mukai, Masayuki Harada, and Katsunobu Muroi