Norihisa TAMURA

J-GLOBAL         Last updated: Oct 1, 2019 at 13:19
 
Avatar
Name
Norihisa TAMURA
Nickname
Norihisa TAMURA
E-mail
tamura65hiroshima-u.ac.jp
Affiliation
Hiroshima University
Job title
Assistant Professor
Degree
Ph.D(Hiroshima International University)
Research funding number
00739435
ORCID ID
0000-0003-4384-7327

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Dec 2016
 - 
Mar 2017
Visiting Researcher, Japan Somnology Center, Neuropsychiatric Research Institute, Tokyo, Japan
 

Published Papers

 
Komada Y, Narisawa H, Ueda F, Saito H, Sakaguchi H, Mitarai M, Suzuki R, Tamura N, Inoue S, Inoue Y
Nutrients   9(2)    Feb 2017   [Refereed]
Tamura N, Tanaka H
Journal of Behavioral Medicine   40(4) 659-668   Aug 2017   [Refereed]
Tamura N, Sasai-Sakuma T, Morita Y, Okawa M, Inoue S, Inoue Y
Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine   12(12) 1659-67   Dec 2016   [Refereed]
Tanaka H, Tamura N
Sleep and Biological Rhythms   14(1) 89-99   2016   [Refereed][Invited]
Komada Y, Breugelmans R, Drake CL, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue S, Inoue Y
Chronobiology international   33(10) 1311-9   2016   [Refereed]

Misc

 
不眠の認知行動療法 うまくいかないときの"見直し"ポイント(第26回) <ケースレポート> 不規則睡眠・覚醒リズム障害の疑われた症例に対するCBT-Iを活用した実践
田村 典久
睡眠医療   13(2) 229-235   Jun 2019   [Invited]
【認知症と睡眠障害】認知症と睡眠教育
田中 秀樹, 田村 典久
睡眠医療   12(4) 523-528   Dec 2018
・本稿では日中の適正な覚醒維持技術、生活リズム調整技術を用いた高齢者および施設スタッフへの睡眠教育、施設での睡眠マネジメントについて、実践例を交えながら紹介する。・睡眠と深く関与する深部体温リズムは、55歳以降、個人差が顕著に増大するが、その背景にはライフスタイルや環境が影響している。・認知症高齢者へのケアに関しては、施設スタッフへの睡眠教育も重要な意味をもつ。知識にあわせて、睡眠に重要な生活習慣を獲得・維持し、その経験をケアに活用していくことも重要である。・高齢者、認知症高齢者の睡眠改善...
【パワースリープ:健康と体力を高める睡眠】高齢者の快眠 ストレス緩和に向けた習慣づくり
田中 秀樹, 渡辺 綾子, 田村 典久, 嵩原 広宙
体育の科学   68(11) 815-821   Nov 2018
【高齢者の睡眠ケアの新展開】不眠高齢者への睡眠改善からヘルスアップと地域連携
田中 秀樹, 田村 典久, 渡辺 綾子, 嵩原 広宙
Geriatric Medicine   56(1) 39-43   Jan 2018
高齢者の睡眠健康支援には正しい知識に併せて、睡眠に有効な生活習慣を獲得・維持させていくことが重要である。日中の適正な覚醒維持技術、生活リズム調整技術を用いた睡眠支援は現場の事情に沿った形で運営され、「笑い」を加えている地域もある。主に、(1)短期集中型健康教室、(2)生活リズム健康法(自己調整法)、(3)睡眠相談に分けられるが、(1)、(2)の組み合わせも多い。基本的には、睡眠に良好な習慣を体験学習し、認知と行動の変容を図ることを主目的としているが、生体リズムの規則性調整には最低でも2週間...
【意外と知らない?眠りの秘密】認知症予防のための睡眠健康教育
田中 秀樹, 田村 典久
Modern Physician   37(8) 871-875   Aug 2017
<ポイント>高齢者の睡眠改善には正しい知識および睡眠にとって重要な生活習慣を獲得・維持していくことが重要である。睡眠と深く関与する深部体温リズムは、55歳以降、個人差が顕著に増大する。高齢者の睡眠マネジメントのポイントは、ライフスタイルの改善と睡眠環境の整備である。高齢者の睡眠改善には、日中の適正な覚醒維持、夕方以降の居眠り防止が重要である。睡眠マネジメントで認知症高齢者の夜間コールが激減する。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
Clusters of total sleep time and sleep debt in Japanese adolescents are associated with excessive daytime sleepiness, irritability, unhappy and depressive mood
12 Jul 2018   
The relationship between social jetlag and the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J) score in school-aged children
Komada Y, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue Y
Nov 2016   
Sleep disturbance in severe visual impairment in Japan: a preliminary study
Tamura N, Komada Y, Morita Y, Okawa M, Inoue Y.
Nov 2014   
Social jetlag affects subjective sleepiness among school-aged children in Japan
Komada Y, Tamura N, Tanaka H, Inoue Y
European Biological Rhythms Conference   Sep 2014   
Effects of sleep education with self-help treatment for elementary school children with nocturnal lifestyle and irritability: a randomized controlled trial
Tamura N, Tanaka H
The 2nd Asia Future Conference   Aug 2014