基本情報

所属
東京慈恵会医科大学 解剖学講座 教授
学位
博士(医学)(1996年7月 東京慈恵会医科大学)

J-GLOBAL ID
200901081291209481
researchmap会員ID
0000003473

外部リンク

東京慈恵会医科大学卒業後、ショウジョウバエの感覚器をモデルに発生現象の遺伝子メカニズムの研究を始めました。発生遺伝学的手法を用いて、胚の伸展受容器(chordtonal organ)の発生におけるEGFシグナルの役割の研究(argosやsprouty遺伝子など)、成虫の機械刺激受容器の発生における神経特異的RNA結合タンパク質をコードするmusashi遺伝子の役割の研究、胚中枢神経系におけるグリア細胞の運命決定機構の研究(gcmやrepo遺伝子)、体節特異的感覚器の誘導メカニズムの探究(atonalやPax6遺伝子)などを行いました。最後の体節特異的感覚器の誘導メカニズムの研究は、昆虫の形態進化に関わる研究であり、進化発生学に強い興味を持ちました。留学を契機に、脊椎動物の形態形成の研究を始め、脊椎動物の各タクサにおける咽頭嚢から発生する器官に着目し、魚類の鰓、四肢動物の副甲状腺の発生メカニズムを比較して、鰓から副甲状腺が生じたことを報告しました。これは、今から4億年前に、魚類のような脊椎動物がどのようにして上陸し、四肢動物に進化したのかを考察する研究でもあります。現在は、Gcm2遺伝子に着目し鰓から副甲状腺が進化したメカニズムの研究、Tbx4遺伝子に着目し魚類の進化の過程でいかにして原始的な肺から現在の鰾(浮き袋)が生じたのかなどについて、進化発生学的研究に従事しています。


研究キーワード

  5

委員歴

  19

受賞

  1

論文

  109

MISC

  35

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  281

共同研究・競争的資金等の研究課題

  27