大島一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/14 11:11
 
アバター
研究者氏名
大島一
eメール
h-oshimaninjal.ac.jp
所属
国立国語研究所
部署
言語変異研究領域
職名
プロジェクトPDフェロー
学位
博士(社会学)(一橋大学大学院社会学研究科)
その他の所属
桜美林大学東京外国語大学
科研費研究者番号
10538036

プロフィール

 ハンガリー語が日本語と大変似ているということを知って以来,ハンガリー語・日本語対照研究に携わってきました。現在はハンガリー共和国の国境外に居住するハンガリー人マイノリティの言語状況,特にオーストリア共和国ブルゲンラント州におけるハンガリー語話者のハンガリー語方言を調査・研究しています。なかでも,この方言に見られる複数所有のバリエーションに注目するとともに「複数」について,日本語諸方言も含めて通言語的に見ていきたいと思います。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立国語研究所 言語変異研究領域 プロジェクトPDフェロー
 
2015年11月
 - 
2017年3月
国立国語研究所 広報室 広報コミュニケーター(非常勤研究員)
 
2015年4月
 - 
現在
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 ジュニア・フェロー
 
2013年4月
 - 
現在
東京外国語大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 研究機関研究員
 
2011年5月
 - 
2012年3月
ハンガリー文化センター スタッフ
 
2010年4月
 - 
2011年3月
一橋大学大学院社会学研究科 特別研究員
 
2009年10月
 - 
2011年3月
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所コーパス開発センター プロジェクト奨励研究員
 
2008年6月
 - 
2009年9月
独立行政法人国立国語研究所研究開発部門言語資源グループ 研究補佐員
 
2007年4月
 - 
現在
桜美林大学リベラルアーツ学群 非常勤講師
 

担当経験のある科目

 

書籍等出版物

 
大島 一
白水社   2017年10月   ISBN:4560087601
有対動詞の通言語的研究―日本語と諸言語の対照から見えてくるもの―
大島一 (担当:分担執筆, 範囲:コーパスから見たハンガリー語の自他動詞)
くろしお出版   2015年12月   ISBN:4874246796
東京外国語大学出版会   2013年1月   ISBN:4904575237
大島 一
白水社   2009年10月   ISBN:4560085196
日本放送出版協会   2008年3月   ISBN:4140072318

論文

 
The possessive plural marker in the Burgenland dialect of Hungarian in Austria
Hajime Oshima
Studia uralo-altaica 51: Uralic and Siberian Lexicology and Lexicography   131-147   2017年7月   [査読有り]
大島一
語学研究所論集   (21) 91-100   2016年3月   [査読有り]
大島一
言葉とその周辺をきわめる3   51-70   2016年3月
オーストリア・ブルゲンラント州におけるハンガリー語話者の言語状況について
大島一
ウラリカ   (16) 55-71   2015年8月   [査読有り]
大島一
語学研究所論集   (20) 133-142   2015年3月   [査読有り]
オーストリア・ブルゲンラント州におけるハンガリー語話者調査記録旅行誌
大島一
金沢大学 文化資源学研究   (12) 133-142   2013年2月
コーパス収録上問題となるネット表現―Yahoo!知恵袋データを対象に―
大島一,西部みちる,小林正行,柏野和佳子
『ことば工学研究会(第35回)』   9-16   2010年8月
オーストリアのブルゲンラント州におけるハンガリー語話者の現状と展望
大島 一
『日本言語政策学会第9回大会予稿集』   19-22   2007年6月
ハンガリー語の副動詞構文について
大島 一
上田功・野田尚史(編)『言外と言内の交流分野:小泉保博士 傘寿記念論文集』大学書林   97-107   2006年5月
ハンガリー語の所有接辞を含む後置詞について
大島 一
『ウラリカ』   (14) 19-32   2006年3月   [査読有り]
ハンガリー語の動詞接頭辞及びアスペクトに関する研究:日本語アスペクトとの対照分析
大島 一
博士学位請求論文,一橋大学大学院社会学研究科      2005年11月   [査読有り]
ハンガリー語の副動詞構文の形成条件について
大島 一
『日本言語学会第130回 大会予稿集』   258-263   2005年6月

Misc

 
大島一
『Field+』(フィールドプラス)   9 22-23   2013年1月
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における電子化テキストの構築
西部みちる,大島一,間淵洋子,小林正行,田島孝治,高田智和,山口昌也
特定領域研究「日本語コーパス」平成22年度研究成果報告書      2011年2月
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における電子化フォーマット ver.2.2
山口昌也,高田智和,北村雅則,間淵洋子,大島一,小林正行,西部みちる
特定領域研究「日本語コーパス」平成22年度研究成果報告書      2011年2月
大島 一, 西部 みちる, 小林 正行
ことば工学研究会   35 9-16   2010年8月

競争的資金等の研究課題

 
ハンガリー語の周辺方言における結合の複数に関する調査研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大島一
オーストリア共和国ブルゲンラント州におけるハンガリー語話者の言語調査
金沢大学大学院人間社会環境研究科: 文化資源学フィールド・マネジャー養成プログラム
研究期間: 2012年1月 - 2012年3月    代表者: 大島一
北海道大学スラブ研究センター: 「スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究」
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 大島 一

講演・口頭発表等

 
Kibe, Nobuko and Hajime, Oshima
The 25th Japanese/Korean Linguistics Conference   2017年10月13日   
大島一
Methods in Dialectology XVI   2017年8月7日   
A heterogén többes szám funkcionális használata a magyarban a korpusz kutatásával (Functional Usage of Associative Plural in Hungarian with a Corpus Study)
大島一
VIII. Nemzetközi Hungarológiai Kongresszus   2016年8月24日   
A magyaroktatás Tokióban (Hungarian Language Education in Tokyo)
大島一
VIII. Nemzetközi Hungarológiai Kongresszus   2016年8月23日   
ハンガリー語の結合の複数について:大規模コーパスによる分析試論
大島一
第43回日本ウラル学会研究発表大会   2016年7月2日   
ハンガリー語と日本語の結合の複数について
大島一
NINJALサロン   2016年2月23日   
The Functional Meaning of Associative Plural in Hungarian: Contrast with the Burgenland Dialect of Hungarian in Austria
大島一
The 12th International Congress for Finno-Ugric Studies   2015年8月19日   
The Possessive Plural Marker in the Burgenland Dialect of Hungarian in Austria
大島一
The 4th Mikola Conference on Lexicology and Lexicography of the Uralic and Siberian languages   2014年11月14日   
ハンガリー語:日本語と似ているところ,違うところ
大島一
東京外国語大学オープンアカデミー 『言葉とその周辺をきわめる3』   2014年10月21日   
オーストリア・ブルゲンラント州のハンガリー語方言における複数所有接尾辞について
大島一
第41回日本ウラル学会研究発表大会   2014年7月5日   
コーパスから見たハンガリー語の自他動詞
大島一
「述語構造の意味範疇の普遍性と多様性」研究発表会:言語類型論チーム 25年度第一回研究会   2013年7月27日   
オーストリア・ブルゲンラントのハンガリー語話者の方言調査
大島一
フィールド言語学カフェ@東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   2012年9月   
オーストリア・ブルゲンラント州のハンガリー語話者に対するハンガリー・メディア情報センターの活動について
大島一
第39回日本ウラル学会研究大会   2012年6月   
ハンガリー語の自動詞と他動詞:類型論的観点から
大島一
第38回日本ウラル学会研究大会   2011年7月   
大島一
北海道大学スラブ研究センター 共同利用・共同利用拠点公募プログラム研究報告会   2010年2月   
オーストリア・ブルゲンラント州のハンガリー語話者言語データの保存に関する試み:電子コーパス構築における諸問題
大島 一
第36回ウラル学会研究大会   2009年7月   
Linguistic Situation of Hungarian Minority in Burgenland (Austria) and its relation to Language Policy in Hungary
OSHIMA Hajime
1st. East Asian Conference for Slavic Eurasian Studies 2009   2009年2月   
〔ハンガリー〕派遣国における日本文化 [招待有り]
大島 一
日本文化発信プログラム   2008年10月   国際交流基金
ハンガリー語の結果状態を意味する表現について
大島 一
第32回ウラル学会研究大会   2005年7月   
On –ageru/-agaru in Japanese compound verbs: from directional meaning to aspectual meaning
OSHIMA Hajime
The 10th International Conference of the European Association for Japanese Studies (EAJS)   2003年8月   

社会貢献活動

 
外国語から見る日本語:ことばの対照とは?
【講師】  国立国語研究所  十文字学園女子大学来所見学  2016年12月21日
ことばはゆれる
【講師】  ING進学教室・スプリングユネスコクラブ  第14回エッセイ作文コンクール/第7回NIE作文大賞表彰式(於,国立国語研究所)  2016年12月4日
外国語から見る日本語
【講師】  国立国語研究所  文科省研修生等による立川4機関の実地研修  2016年6月30日
ことばの対照―似ている/似ていない外国語―
【講師】  国立国語研究所  NINJAL職業発見プログラム  2016年1月22日

その他

 
大島 一,2008. 「ハンガリー」NHK放送文化研究所(編)『NHKデータブック世界の放送2008』187-189,日本放送出版協会.
大島 一, 2007. 「ハンガリー」NHK放送文化研究所(編)『NHKデータブック世界の放送2007』182-184,日本放送出版協会.