Hironobu Ohkita

J-GLOBAL         Last updated: May 20, 2019 at 17:27
 
Avatar
Name
Hironobu Ohkita
E-mail
ohkitachem.tut.ac.jp
Affiliation
Toyohashi University of Technology
Section
Department of Environmental and Life Sciences
Job title
Research Assoiciate
Degree
Master of engineering(Toyohashi University of Technology)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
T.Saeki, H.Ohkita, N.Kakuta, T.Mizushima
J. Jpn. Petrol. Inst.   59(1) 16-23   2016   [Refereed]
T.Saeki, H.Ohkita, N.Kakuta, T.Mizushima
J. Jpn. Petrol. Inst.   58(5) 341-350   2015   [Refereed]
T.Saeki, H.Ohkita, N.Kakuta, T.Mizushima
J. Ceram. Soc. Jpn.   123(10) 955-960   2015   [Refereed]
B.Kobayashi, H.Ohkita, T.Mizushima, N.Kakuta
Catal. Comm.   45 21-24   2014   [Refereed]
B.Kobayashi, R.Yamamoto, H.Ohkita, T.Mizushima, A.Hiraishi, N.Kakuta
Top. in Catal.   56 618-622   2013   [Refereed]

Misc

 
NAKABAYASHI Ai, OHKITA Harunobu, MIZUSHIMA Takanori, KAKUTA Noriyoshi
希土類 = Rare earths   (60) 50-51   May 2012
TAKAHASHI Tatsuya, OHKITA Harunobu, MIZUSHIMA Takanori, KAKUTA Noriyoshi
希土類 = Rare earths   (58) 154-155   May 2011
Kataoka Masato, Ohkita Hironobu, Mizushima Takanori, Kakuta Noriyoshi
Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management   22(0) 167-167   2011
使用済み農ビフィルムはその約70%は再生利用(リサイクル)され、残りは埋め立てや焼却といった形で処分されている。本研究室では、リサイクルの方法として脱塩素化済みのPVC炭素残差を用いた活性炭化について研究を行ってきた。この製造法では熱分解時に発生した揮発炭化水素が水トラップで液化・固化して、タール成分が大量に析出する。このタールは活性炭製造装置の排気システムの閉塞を導くばかりではなく、タールそのものの処理方法も考えることが必要である。本研究では生成したタールの構造特性評価およびタールの炭化...
Kojima Yuu, Ohkita Hironobu, Mizushima Takanori, Kakuta Noriyoshi
Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management   22(0) 133-133   2011
本研究室では、農業で使用済みの塩ビフィルムから作製した活性炭を農業用資材としてのリサイクル化について検討を行ってきた。一般に農業資材として使用する炭素材料には、保水・排水性、肥料保持、農薬及び過剰肥料の吸着、微生物の住居などの性能が必要であると考えられるが、詳細は不明である。さらに、炭のような炭化物は、そもそも燃料として作製してきた由来があり、活性炭のように作製方法、評価方法の規格(JIS)はないのが現状である。本研究では市販されている農業用の炭や水槽用の活性炭などの物性評価を行い、本研究...
KAKUTA Noriyoshi, TAKAHASHI Tatsuya, OHKITA Harunobu, MIZUSHIMA Takanori
希土類 = Rare earths   (56) 44-45   May 2010

Books etc

 
オレフィン系、スチレン系樹脂の高機能化/改質技術
大北 博宣,角田 範義 (Part:Contributor, リサイクル機能を付加したポリエチレン(page 216-222)))
株式会社 技術情報協会   Oct 2000   
工業材料
大北 博宣,水嶋 生智,角田 範義 (Part:Contributor, リサイクル機能を付加したポリエチレンの開発(page 20-24))
日刊工業新聞社   Mar 2000   
X線分析の進歩 第30集
H.Hayashi, O.Onodera, Y.Udagawa, H.Ohkita, N.Kakuta (Part:Contributor, Wave-Dispersive Measurements on X-Ray Fluorescence Spectra of TiO2 Films (page 11-19))
アグネ技術センタ-   Mar 1999   
触媒
西尾 末広,上野 晃史,大北 博宣,角田 範義 (Part:Contributor, 廃プラスチックの触媒によるリサイクル (page 342-347))
一般社団法人 触媒学会   May 1994   

Conference Activities & Talks

 
逆ミセル法により調製したNi/CeO2触媒のエタノ-ル水蒸気改質における炭素析出抑制効果
名和 典幸,大北 博宣,水嶋 生智
第122回触媒討論会   Sep 2018   
メンブレン状触媒を備えた平板積層型プラズマ反応器による低濃度エチレンの酸化分解
渡邉 涼太,大北 博宣,水嶋 生智
第122回触媒討論会   Sep 2018   
沈殿剤によるCeO2-ZrO2の酸素貯蔵放出特性の変化
太田 卓翔,大北 博宣,水嶋 生智
第48回中部化学関係学協会支部連合秋季大会   Nov 2017   
Al2O3担持Al1-xPdxO3触媒の熱安定性評価
田中 雄樹,大北 博宣,水嶋 生智
第7回CSJ化学フェスタ2017   Oct 2017   
逆ミセル法により調製したNi/CeO2触媒上でのエタノ-ル水蒸気改質反応
石井 大貴,大北 博宣,水嶋 生智
第120回触媒討論会   Sep 2017   
Agを担持したメンブレン状触媒管によるエチレンプラズマ分解の高効率化
Ku Azzuin Binti Ku Azmi,大北 博宣,水嶋 生智
第120回触媒討論会   Sep 2017   
固体酸触媒を用いた有機化学反応
角田 範義,大北 博宣
第24回合同講演会   Feb 2017   
自動車排ガス用CeO2-ZrO2助触媒の酸素貯蔵能に対する調製法の効果
太田 卓翔,大北 博宣,水嶋 生智,角田 範義
第6回CSJ化学フェスタ2016   Nov 2016   
可視光応答型角柱状TiO2担持酸化バナジウム触媒の調製と特性化
仙波 雄大,大北 博宣,水嶋 生智,角田 範義
第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会   Nov 2016   
角柱状TiO2担持CeO2触媒の調製とキャラクタリゼ-ション
長田 理孝,大北 博宣,水嶋 生智,角田 範義
第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会   Nov 2016   

Social Contribution

 
社会科追究学習への取材協力・講義・助言・指導(ごみ問題、リサイクル、持続可能な循環、消費者としての生き方からこれからの日本の社会構造の姿を考える-ペットボトルゴミを例として-)
[Interviewee, Media coverage cooperation, Lecturer, Advisor, Informant]  愛知教育大学附属岡崎中学校  27 Jun 2018