基本情報

所属
カリフォルニア工科大学 ウォルター・バーク理論物理学研究所 フレッド・カブリ冠教授 および 所長
東京大学 特別教授
アスペン物理学センター 理事長 (終身名誉理事)
学位
理学博士(1989年10月 東京大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-6021-3778
J-GLOBAL ID
201901007450572527
researchmap会員ID
B000369019

外部リンク

1986年に京都大学大学院 修士課程卒業後、東京大学理学部助手、プリンストン高等研究所研究員を経て、1989年にシカゴ大学助教授。同年に東京大学より理学博士号を授与される。京都大学 数理解析研究所助教授、カリフォルニア大学 バークレイ校教授などを歴任。

2000年にカリフォルニア工科大学教授となり、2007年にフレッド・カブリ冠教授の称号を授与された。2010年から5年間は数学・物理学・天文学副部門長 (理学部副学部長に相当)を務めた。2014年にはウォルター・バーク理論物理学研究所の初代所長に就任。

2007年には東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の立ち上げに貢献し、初代主任研究者となり、2018年から5年間は機構長を務めた。2024年に東京大学より特別教授の称号が授与された。

米国コロラド州のアスペン物理学センターでは、2003年より20年間会員を務めた後、終身名誉理事となる。科学書記長、理事、総裁などを歴任し、2021年に理事長に就任。

理論物理学における業績に対し、紫綬褒章、仁科記念賞、アメリカ数学会アイゼンバッド賞、サイモンズ賞、グッゲンハイム・フェローシップ、ドイツ連邦共和国フンボルト賞、ハンブルク賞、 大韓民国ベンジャミン・リー卓越教授賞、中日文化賞などを受賞。アメリカ芸術科学アカデミーとアメリカ数学会のフェローにも選ばれている。

科学解説書『大栗先生の超弦理論入門』(ブルーバックス)に対し講談社科学出版賞を受賞。科学監修をした映像作品『9次元からきた男』は、国際プラネタリウム協会最優秀教育作品賞を受賞し、6か国語に翻訳されて世界各地で公開されている。


学歴

  2

論文

  162

書籍等出版物

  11

MISC

  34

共同研究・競争的資金等の研究課題

  14