基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 茶業研究領域長
学位
農学修士(筑波大学)

J-GLOBAL ID
200901031780626250

2021年4月より、農研機構の果樹茶業研究部門茶業研究領域長として、茶業研究の総括を担っている。専門分野は農業機械。1991年に農研機構(旧農林水産省試験研究機関)に採用され、製茶機械の自動化研究をテーマに、研究者としてのキャリアをスタートする。その後、四国に移り、傾斜カンキツ園及び中山間地の施設栽培の省力化技術開発に携わる。再び茶業研究に戻り、茶園管理作業の省力化に従事する。最近では、農林水産省と連携して日本茶輸出の障壁となっている問題等の解決にも従事し、2019~2020年「スマート農業実証プロジェクト」堀口製茶スマート実証の実証代表者を務め、茶業におけるスマート農業を推進した。


学歴

  3

論文

  3

MISC

  10

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

産業財産権

  3