MISC

2015年6月

水域に飛散したセシウムを捕集する材料の開発

放射線と産業
  • 瀬古 典明
  • ,
  • 柴田 卓弥
  • ,
  • 笠井 昇
  • ,
  • 植木 悠二
  • ,
  • 佐伯 誠一
  • ,
  • 保科 宏行

138
開始ページ
9
終了ページ
12
記述言語
日本語
掲載種別

福島の原子力発電所災害以降、環境資源材料研究グループでは環境中の水域に飛散した放射性物質のうち、特にセシウムに対して効果のある捕集材料の開発を進めてきた。これまでの実績から水に対して接触効率が良好で、取り扱いの簡便な不織布繊維を基材に用い、これにセシウムに対して親和性のある吸着基を量子ビーム技術を活用した放射線グラフト重合技術により導入した。材料の評価では、福島被災地の各所で実施したフィールドテストで評価を重ね、最終的には井戸水, 沢水を対象にした飲用水向けのモニター試験を進め、その良好な結果から給水器の発売に繋げた経緯について紹介する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5051343
ID情報
  • ISSN : 0286-8873

エクスポート
BibTeX RIS