論文

査読有り
2014年6月

バイオディーゼル燃料製造用繊維状グラフト重合体の最適化

International Journal of Organic Chemistry
  • 植木 悠二
  • ,
  • 佐伯 誠一
  • ,
  • 柴田 卓弥
  • ,
  • 保科 宏行
  • ,
  • 笠井 昇
  • ,
  • 瀬古 典明

4
2
開始ページ
91
終了ページ
105
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.4236/ijoc.2014.42011

第4級アミン基を有する繊維状グラフト重合体は、高性能なバイオディーゼル燃料(BDF)製造用触媒として機能する。本研究では、効率的なBDF製造を可能とする繊維状グラフト重合体、及び、エステル交換反応条件の最適化を実施した。触媒性能は、トリグリセリド(TG)とエタノール(EtOH)とのバッチ式エステル交換反応により評価した。触媒に導入する最適アミノ基はトリメチルアミンであり、最適グラフト率は170\%であった。エステル交換反応における各要素の最適条件を検討した結果、アミン基導入量は0.8mmol、反応温度は80$^{\circ}$C、TGとEtOHの混合比率は1:200、アルコールは1-ペンタノールでることを見出した。また、本触媒は天然油脂を出発原料とするBDF製造にも適用可能であった。更に、有機酸処理、アルカリ処理、アルコール処理を順次実施することにより、失活した触媒の活性を初期値まで回復させることに成功した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.4236/ijoc.2014.42011
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5047311
ID情報
  • DOI : 10.4236/ijoc.2014.42011
  • ISSN : 2161-4687

エクスポート
BibTeX RIS