基本情報

所属
国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授
学位
2000年 神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了(博士(学術),Ph.D.)

J-GLOBAL ID
200901095120842896

外部リンク

インドで日本語教師をしていた時,学生からの質問にうまく答えることができず,言語の仕組みを客観的に分析・理解する必要性を感じ,日本への留学を決意し,言語学に世界に足を踏み入れました。母語のマラーティー語と日本語の対照研究から始まった研究は,その後興味の対象が拡大することにつれいつの間にかアジア諸語の対照研究に発展してきました。言語そのものおよび言語と文化のより深い理解を目指して,様々な言語を学ぶことにも力を入れています。
【研究テーマ】
類型論的な観点から主にヴォイス,他動性,複合動詞構文,基本動詞の文法化などに関する諸言語現象を追求し,世界の言語の多様性(バリエーション)と普遍性(共通性)の両面の探求を進めています。言語類型論的な研究に加えて,心理言語学や認知言語学,コーパス言語学,日本語学・日本語教育にも関心があり,理論言語学で提唱された諸概念の心理的実在性の探求および理論研究の成果の教育現場への還元に資する研究を目指しています。自分でさまざまな言語を学んできた経緯から言語習得にも関心があり,今後インド人学習者の日本語習得に関する研究を行いたいと思っています。

受賞

  9

書籍等出版物

  19

論文

  96

講演・口頭発表等

  195

MISC

  9

共同研究・競争的資金等の研究課題

  8

所属学協会

  3

社会貢献活動

  2

その他

  15