MISC

2002年2月

フッ化処理のための熱力学データ取得

JNC TJ6400 2001-014
  • 梅津 浩
  • ,
  • 森本 靖之
  • ,
  • 後藤 浩仁
  • ,
  • 長安 孝明
  • ,
  • 池上 宗平
  • ,
  • 千代 亮*
  • ,
  • 東 達弘*

開始ページ
39
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

転換施設に固有であるウラン等を含有するアルミナに対する処理技術として溶融塩電解法をあげることができる。その適用性を検討する上で不足している熱力学データを取得する必要があり、昨年度セリウムウをウラン模擬物質として用い超電力測定試験を行ったところ、弗化物系においてアルミニウムよりも卑な電位をもつセリウムは正確な検証ができないことがわかった。そこで本年度はアルミニウムよりもニッケルを用いて試験を行い、試験体系の妥当性、試験条件棟の最適化を図ることとした。研究の結果、アルミナは弗化物溶融塩に溶解する際同じく溶融塩中に溶解させたフッ化ニッケルを酸化させることが分かった。この現象はウランにおいても生じることが予想でき、電解還元によるアルミナからのウラン回収が難しいことを示唆するものであった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4019473

エクスポート
BibTeX RIS