丸山大輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/04 14:33
 
アバター
研究者氏名
丸山大輔
 
マルヤマ ダイスケ
ハンドル
dmaru
eメール
dmaruyokohama-cu.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80724111.ja.html
所属
横浜市立大学
部署
理学部 理学科 生命ナノシステム科学研究科 生命環境システム科学専攻
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
80724111

プロフィール

2010年に名古屋大学理学研究科で博士(理学)を取得。同年に名古屋大学GCOEプレフェロー、2011年に日本学術振興会特別研究員(PD)、2014年に名古屋大学の若手育成プログラム(YLC)教員を経て現職に至る。
2015年に日本細胞生物学会に若手最優秀発表賞、名古屋大学石田賞を受賞。
2016年に文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜市立大学 木原生物学研究所 国際総合科学部 生命環境コース 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM) 特任助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM) 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2010年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 GCOEプレフェロー
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2010年3月
名古屋大学 大学院 理学研究科 生命理学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 理学部 生命理学科
 

受賞

 
2018年9月
日本植物学会 奨励賞 新奇の細胞融合現象による花粉管誘引停止メカニズムの解明
 
2016年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 細胞融合による被子植物の花粉管誘引停止機構の研究
 
2015年11月
石田財団 名古屋大学石田賞 重複受精後の急速な花粉管誘引停止メカニズムの解明
 
2015年9月
日本植物形態学会 平瀬賞 Rapid Elimination of the Persistent Synergid through a Cell Fusion Mechanism.
受賞者: Maruyama, D. Volz, R. Takeuchi, H. Mori, T. Igawa, T. Kurihara, D. Kawashima, T. Ueda, M. Ito, M. Umeda, M. Nishikawa, S. Gross-Hardt, R. Higashiyama, T.
 
2015年8月
高遠・分子生物学シンポジウム 最優秀ポスター賞 花粉管誘引を停止させる助細胞の排除は細胞融合によって起こる
受賞者: 丸山大輔, Völz. R., 武内秀憲, 森稔幸, 井川智子, 河島友和, 西川周一, Groß-Hardt R. & 東山哲也
 

論文

 
Kazuki Motomura, Tomokazu Kawashima, Frédéric Berger, Tetsu Kinoshita, Tetsuya Higashiyama, Daisuke Maruyama
Journal of Cell Science   131(2) jcs204123   2018年1月   [査読有り]
Xin’Ai Zhao, Jonathan Bramsiepe, Matthias Van Durme, Shinichiro Komaki, Maria Ada Prusicki, Daisuke Maruyama, Joachim Forner, Anna Medzihradszky, Erik Wijnker, Hirofumi Harashima, You Lu, Anja Schmidt, Daniela Guthörl, Rosa Sahún Logroño, Yonsheng Guan, Gaetan Pochon, Ueli Grossniklaus, Thomas Laux, Tetsuya Higashiyama, Jan U. Lohmann, Moritz K. Nowack, Arp Schnittger
Science   356(6336) eaaf6532   2017年4月   [査読有り]
Ohtsu M, Sato Y, Kurihara D, Suzaki T, Kawaguchi M, Maruyama D, Higashiyama T
Protoplasma   254(6) 2107-2115   2017年3月   [査読有り]
Ohtsu M, Kurihara D, Sato Y, Suzaki T, Kawaguchi M, Maruyama D, Higashiyama T
Cytologia   82(3) 251-259   2017年2月   [査読有り]
Susaki D, Maruyama D, Yelagandula R, Berger F, Kawashima T
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1669 47-54   2017年9月   [査読有り]
Maruyama D, Higashiyama T
Current opinion in plant biology   34 122-126   2016年11月   [査読有り]
Kasahara RD, Notaguchi M, Nagahara S, Suzuki T, Susaki D, Honma Y, Maruyama D, Higashiyama T
Science advances   2(10) e1600554   2016年10月   [査読有り]
Motomura K, Berger F, Kawashima T, Kinoshita T, Higashiyama T, Maruyama D
Cell structure and function   41(2) 121-125   2016年8月   [査読有り]
Maruyama D, Ohtsu M, Higashiyama T
Seminars in cell & developmental biology   60 127-135   2016年7月   [査読有り]
Akane G Mizukami, Rie Inatsugi, Jiao Jiao, Toshihisa Kotake, Keiko Kuwata, Kento Ootani, Satohiro Okuda, Subramanian Sankaranarayanan, Yoshikatsu Sato, Daisuke Maruyama, Hiroaki Iwai, Estelle Garénaux, Chihiro Sato, Ken Kitajima, Yoichi Tsumuraya, Hitoshi Mori, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami, Narie Sasaki, Tetsuya Higashiyama
Current Biology   26(8) 1091-1097   2016年4月   [査読有り]
丸山大輔、東山哲也
Plant Morphology   28(1) 43-47   2016年4月   [査読有り][招待有り]
Maruyama D, Kawashima T, Higashiyama T
Oncotarget   6(31) 30447-30448   2015年10月   [査読有り]
Maruyama D, Völz R, Takeuchi H, Mori T, Igawa T, Kurihara D, Kawashima T, Ueda M, Ito M, Umeda M, Nishikawa S, Groß-Hardt R, Higashiyama T
Cell   161(4) 907-918   2015年5月   [査読有り]
Maruyama D, Endo T, Nishikawa S
Plant signaling & behavior   10(7) e1035853   2015年   [査読有り]
Maruyama D, Yamamoto M, Endo T, Nishikawa S
Plant & cell physiology   55(11) 1937-1944   2014年11月   [査読有り]
Kawashima T, Maruyama D, Shagirov M, Li J, Hamamura Y, Yelagandula R, Toyama Y, Berger F
eLife   3    2014年10月   [査読有り]
Maruyama D, Sugiyama T, Endo T, Nishikawa S
Plant & cell physiology   55(4) 801-810   2014年4月   [査読有り]
Maruyama D, Hamamura Y, Takeuchi H, Susaki D, Nishimaki M, Kurihara D, Kasahara RD, Higashiyama T
Developmental cell   25(3) 317-323   2013年5月   [査読有り]
Kasahara RD, Maruyama D, Higashiyama T
Plant signaling & behavior   8(4) e23690   2013年4月   [査読有り]
Kasahara RD, Maruyama D, Hamamura Y, Sakakibara T, Twell D, Higashiyama T
Current biology : CB   22(12) 1084-1089   2012年6月   [査読有り]
Maruyama D, Endo T, Nishikawa S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(4) 1684-1689   2010年1月   [査読有り]
Yamamoto M, Maruyama D, Endo T, Nishikawa S
Plant & cell physiology   49(10) 1547-1562   2008年10月   [査読有り]
Nishikawa S, Zinkl GM, Swanson RJ, Maruyama D, Preuss D
BMC plant biology   5 22   2005年10月   [査読有り]

Misc

 
元村一基, 丸山大輔, 栗原大輔, 熊倉直祐, 渡邊雄一郎, 東山哲也, 東山哲也
日本植物生理学会年会(Web)   59th ROMBUNNO.P.375   2018年
丸山 大輔, 東山 哲也
化学と生物   52(6) 380-386   2014年6月
一つの卵に対して一つの精子が受精すること,これは一部の例外を除き,正しく次世代の個体を形作るうえで必須の条件である.動物の卵は熾烈な競争を勝ち抜いた最初の精子だけを受精させる,多精拒否という仕組みを備えている.植物の生殖においても,卵細胞を内部にもつ胚珠に対して,精細胞を運ぶ花粉管が通常1本しか侵入しないように調節する「多花粉管拒否」現象が存在する.本総説では,この細胞レベルのメカニズムと,受精の成功率を高める植物の戦略について解説する.
元村一基, 丸山大輔, 丸山大輔, 栗原大輔, 熊倉直祐, 渡邊雄一郎, 東山哲也, 東山哲也
日本植物学会大会研究発表記録   81st 228   2017年9月
須崎大地, 東山哲也, 東山哲也, 木下哲, 丸山大輔
日本植物学会大会研究発表記録   81st 177   2017年9月
前田愛, 木下哲, 丸山大輔
日本植物学会大会研究発表記録   81st 246   2017年9月

講演・口頭発表等

 
二本目の花粉管誘引を利用する多精拒否機構の解明
丸山大輔
日本細胞生物学会   2016年6月15日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 丸山大輔
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 丸山大輔
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 丸山 大輔