関 亮平

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 10:25
 
アバター
研究者氏名
関 亮平
 
セキ リョウヘイ
所属
国立遺伝学研究所
職名
特任研究員
学位
博士(生命科学)(東北大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 特任研究員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2010年6月
 - 
2011年3月
東北大学 国際高等研究教育院 修士研究教育院生
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学 大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 器官形成分野(博士課程)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 器官形成分野(修士課程)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東北大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
2016年12月
日本遺伝学会 第88回大会 Best Papers 賞 鳥類の形態的特徴を生み出すゲノム基盤
受賞者: 関亮平、Cai Li、松原遼、近藤眞央、佐藤智彦、江川史朗、林真一、齋藤大介、入江直樹、Guojie Zhang、田村宏治、城石俊彦
 
2013年10月
東北大学 大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 生命機能インテリジェンス教育拠点 生命機能卓越研究奨励賞
 

論文

 
Amano T, Sagai T, Seki R, Shiroishi T
G3 (Bethesda, Md.)   7(9) 2991-2998   2017年9月   [査読有り]
Seki R, Li C, Fang Q, Hayashi S, Egawa S, Hu J, Xu L, Pan H, Kondo M, Sato T, Matsubara H, Kamiyama N, Kitajima K, Saito D, Liu Y, Gilbert MT, Zhou Q, Xu X, Shiroishi T, Irie N, Tamura K, Zhang G
Nature communications   8 14229   2017年2月   [査読有り]
Seki R, Kitajima K, Matsubara H, Suzuki T, Saito D, Yokoyama H, Tamura K
Developmental biology      2015年8月   [査読有り]
Hayashi S, Kobayashi T, Yano T, Kamiyama N, Egawa S, Seki R, Takizawa K, Okabe M, Yokoyama H, Tamura K
Zoological letters   1 17   2015年6月   [査読有り]
Seki R, Kamiyama N, Tadokoro A, Nomura N, Tsuihiji T, Manabe M, Tamura K
Zoological science   29 631-644   2012年10月   [査読有り]
Kamiyama N, Seki R, Yokoyama H, Tamura K
Development, growth & differentiation   54 619-632   2012年8月   [査読有り]
Tamura K, Nomura N, Seki R, Yonei-Tamura S, Yokoyama H
Science (New York, N.Y.)   331 753-757   2011年2月   [査読有り]
Sato K, Seki R, Noro M, Yokoyama H, Tamura K
Journal of experimental zoology. Part B, Molecular and developmental evolution   314 539-551   2010年11月   [査読有り]

Misc

 
鳥類出現の背景にあるゲノム進化−ゲノムに刻まれた“鳥らしさ”を求めて
関亮平、田村宏治
生物の科学 遺伝   71(4) 325-331   2017年7月   [依頼有り]
鳥類の指と恐竜の指は同じもの
野村直生、関亮平、米井小百合、横山仁、田村宏冶
細胞工学 秀潤社   30(12) 1301-1305   2011年

講演・口頭発表等

 
鳥はいかにして進化してきたか? —鳥だけがもつゲノム配列からのアプローチ— [招待有り]
関亮平
第10回Evo-Devo青年の会   2017年6月17日   
鳥らしさを生み出すゲノム配列とその機能 [招待有り]
関亮平
第4回生態進化発生コロキウム   2016年12月28日   
Developmental and genomic aspects of macroevolution in vertebrates [招待有り]
田村宏治、関亮平、北嶋慶一、植本俊明、佐藤智彦、近藤眞央、阿部玄武、城石俊彦、Cai Li、入江直樹、Guojie Zhang
Avian Model Systems 9: A New Integrative Platform   2016年3月29日   
Acquisition of novel cis-elements behind bird macroevolution [招待有り]
関亮平, Cai Li, 近藤眞央, 佐藤智彦, 松原遼, 齋藤大介, 林真一, 江川史朗, 北嶋慶一, Jiang Hu, Luohao Xu, Hailin Pan, 入江直樹, Guojie Zhang, 城石俊彦, 田村宏治
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会・合同大会)   2015年12月1日   

競争的資金等の研究課題

 
鳥類の水かきをモデルとした収斂進化のゲノム基盤の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 関亮平
鳥類の共有派生形質を規定するゲノム配列とその機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 関亮平
形態の種間差を創出する多様化機構の解明:四足動物の指形態形成機構をモデルとして
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 関亮平
医学から進化を解く、発生学の新展開:四肢の形態形成を例にして
東北大学: 国際高等研究教育院: 修士研究教育院生(ライフ・バイオ・メディカル基盤領域)
研究期間: 2010年6月 - 2011年3月    代表者: 関亮平

その他

 
2017年3月
2017年3月17日付 日本経済新聞 33面
「かがくアゴラ」にて研究紹介記事の掲載