Satoshi Mizukami

J-GLOBAL         Last updated: Nov 6, 2019 at 12:23
 
Avatar
Name
Satoshi Mizukami

Research Areas

 
 

Published Papers

 
地域在宅高齢者における転倒恐怖感と日常生活活動との関連
富田 義人, 有馬 和彦, 川尻 真也, 辻本 律, 金ヶ江 光生, 水上 諭, 岡部 拓大, 山本 直子, 大町 いづみ, 中原 和美, 西村 貴孝, 安部 恵代, 青柳 潔
日本公衆衛生雑誌   66(7) 341-347   Jul 2019
目的 地域在宅高齢者において、転倒恐怖感と日常生活活動(Activities of daily living:ADL)の一部を構成する4動作(脊柱屈曲動作、脊柱伸展動作、立位持久力、歩行関連動作)困難との関連を明らかにする。方法 対象は、65歳以上の642人(男性267人、女性375人)である。年齢は72.2±5.1歳であった。転倒恐怖感の有無および、その関連要因として痛み(腰痛または膝痛)、転倒歴、慢性疾患、白内障の有無について調べた。ADLは、脊柱屈曲動作(車の乗り降り、床から軽い物を...
Nishimura T, Arima K, Abe Y, Kanagae M, Mizukami S, Okabe T, Tomita Y, Goto H, Hasegawa M, Sou Y, Horiguchi I, Aoyagi K
Annals of human biology   46(4) 330-334   Jun 2019   [Refereed]
Tomita Y, Arima K, Kawashiri SY, Tsujimoto R, Kanagae M, Mizukami S, Okabe T, Yamamoto N, Ohmachi I, Nakahara K, Nishimura T, Abe Y, Aoyagi K
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   66(7) 341-347   2019   [Refereed]
整形外科領域における高齢リハビリテーション外来患者の健康関連QOLの要因に関する研究
岡部 拓大, 東 登志夫, 高沢 浩太郎, 坂本 健次, 水上 諭, 富田 義人, 金ヶ江 光生
作業療法   37(3) 256-264   Jun 2018
本研究では、整形外科領域の高齢リハビリテーション外来患者91名を対象に健康関連QOLの要因について検討した。SF-36v2、身体機能、包括的ADLを評価し関連性を解析の結果、包括的ADL困難度は、多くのSF-36v2下位項目と有意な相関を認めた。また身体機能のうち痛み部位数は、多くのSF-36v2下位項目と有意な相関があり、重回帰分析でも身体機能、身体の痛み、全体的健康感と有意に関連していた。痛みは心身機能・身体構造のみならず活動と参加にも影響することから、整形外科領域のリハビリテーション...
Nishimura T, Arima K, Abe Y, Kanagae M, Mizukami S, Okabe T, Tomita Y, Goto H, Horiguchi I, Aoyagi K
Medicine   97(8) e9962   Feb 2018   [Refereed]
Tomita Y, Arima K, Tsujimoto R, Kawashiri SY, Nishimura T, Mizukami S, Okabe T, Tanaka N, Honda Y, Izutsu K, Yamamoto N, Ohmachi I, Kanagae M, Abe Y, Aoyagi K
Medicine   97(4) e9721   Jan 2018   [Refereed]
Izutsu K, Arima K, Abe Y, Okabe T, Tomita Y, Mizukami S, Kanagae M, Nishimura T, Aoyagi K
Journal of physical therapy science   29(12) 2126-2132   Dec 2017   [Refereed]
Okabe T, Abe Y, Tomita Y, Mizukami S, Kanagae M, Arima K, Nishimura T, Tsujimoto R, Tanaka N, Goto H, Horiguchi I, Aoyagi K
Geriatrics & gerontology international   17(7) 1096-1101   Jul 2017   [Refereed]
Nishimura T, Arima K, Okabe T, Mizukami S, Tomita Y, Kanagae M, Goto H, Horiguchi I, Abe Y, Aoyagi K
Geriatrics & gerontology international   17(4) 659-661   Apr 2017   [Refereed]
Nishimura T, Arima K, Okabe T, Mizukami S, Tomita Y, Kanagae M, Goto H, Horiguchi I, Abe Y, Aoyagi K
Geriatrics & gerontology international   17(4) 668-669   Apr 2017   [Refereed]
Arima K, Abe Y, Nishimura T, Okabe T, Tomita Y, Mizukami S, Kanagae M, Aoyagi K
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 176   Apr 2017   [Refereed]
Abe Y, Nishimura T, Arima K, Kanagae M, Mizukami S, Tomita Y, Okabe T, Goto H, Horiguchi I, Aoyagi K
Journal of physiological anthropology   35(1) 25   Oct 2016   [Refereed]
整形外科外来患者における床からの立ち上がり所要時間と身体機能との関連性
富田 義人, 東 登志夫, 川原 洋一, 岡部 拓大, 水上 諭, 金ヶ江 光生
理学療法科学   30(6) 833-838   Dec 2015
[目的]整形外科外来患者において床からの立ち上がり所要時間(立ち上がり時間)と、身体機能や痛みとの関連性を検討することとした。[対象]整形外科外来通院高齢者88名とした。[方法]年齢、性別、痛みを有する部位の総数(痛み総数)を聴取し、立ち上がり時間、BMI、筋力(握力、膝伸展筋力)、バランス能力(FRT)、柔軟性(FFD)を測定した。[結果]年齢、性別、BMIで調整した重回帰分析の結果、痛み総数、膝伸筋力、FRT、FFDが立ち上がり時間と有意に関連していた。[結語]立ち上がり時間の遅延は身...
Nishimura T, Arima K, Abe Y, Kanagae M, Mizukami S, Okabe T, Tomita Y, Goto H, Horiguchi I, Aoyagi K
Medicine   94(44) e1797   Nov 2015   [Refereed]
Tomita Y, Arima K, Kanagae M, Okabe T, Mizukami S, Nishimura T, Abe Y, Goto H, Horiguchi I, Aoyagi K
Medicine   94(35) e1449   Sep 2015   [Refereed]
高齢女性における各種脊柱後彎変形簡易評価法の妥当性に関する研究
岡部 拓大, 東 登志夫, 坂本 健次, 水上 諭, 金ヶ江 光生
日本作業療法研究学会雑誌   17(2) 1-6   Mar 2015
本研究は脊柱後彎変形の評価としてwall-occiput distance(以下、WOD)、rib-pelvis distance(以下、RPD)、arm span-height difference(以下、AHD)、円背指数の4つの中で、どの評価法が最も妥当性が高く、また身体機能やADL能力の低下を反映しているかについて検討した。対象は高齢女性外来患者79名(平均年齢77.0±5.6歳)とした。全対象者に4つの脊柱後彎変形評価、身体機能の評価として筋力、バランス機能、柔軟性、歩行能力及び...
高齢外来患者における脊柱後彎変形が身体機能とADLに及ぼす影響について
岡部 拓大, 東 登志夫, 坂本 健次, 水上 諭, 金ヶ江 光生
作業療法   33(6) 537-544   Dec 2014
高齢リハビリテーション外来通院患者における脊柱後彎変形(以下,脊柱後彎)が身体機能とADLに及ぼす影響について検討した.高齢女性患者79名を対象に,身体機能およびADL評価を行った.脊柱後彎はwall-occiput distance 0.5cm以上をもって"脊柱後彎あり"とし,対象者を"脊柱後彎あり群"と"脊柱後彎なし群"の2群に分類し,各評価項目について比較検討した.その結果,脊柱後彎あり群は,指床間距離(finger floor distance),functional reach ...
Mizukami S, Abe Y, Tsujimoto R, Arima K, Kanagae M, Chiba G, Aoyagi K
Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   25(6) 1727-1734   Jun 2014   [Refereed]
Mizukami S, Arima K, Abe Y, Kanagae M, Kusano Y, Niino N, Aoyagi K
The Tohoku journal of experimental medicine   231(4) 299-303   Dec 2013   [Refereed]
Abe Y, Aoyagi K, Tsurumoto T, Chen CY, Kanagae M, Mizukami S, Ye Z, Kusano Y
Geriatrics & gerontology international   13(4) 881-886   Oct 2013   [Refereed]

Misc

 
地域在住高齢女性における痛みとADL困難度との関連
水上 諭, 金ヶ江 光生, 安部 恵代, 本田 純久, 青柳 潔
日本公衆衛生学会総会抄録集   69回 351-351   Oct 2010
地域在宅高齢者における転倒時の環境因子
水上 諭, 樋口 健吾, 渡邊 博, 山口 寿, 釜崎 敏彦, 中倉 裕文, 北田 智則, 宮崎 潤, 金ヶ江 光生, 千葉 憲哉, 本田 純久, 渡辺 進
理学療法学   32(Suppl.2) 118-118   Apr 2005

Conference Activities & Talks

 
椎体骨折スクリーニング 直接法と間接法
水上 諭
日本生理人類学会誌   Aug 2013   
地域在住高齢女性における痛みとADL困難度との関連
水上 諭, 金ヶ江 光生, 安部 恵代, 本田 純久, 青柳 潔
日本農村医学会雑誌   Mar 2011   
地域在住女性における転倒恐怖感
水上 諭, 金ヶ江 光生, 安部 恵代, 本田 純久, 青柳 潔
日本農村医学会雑誌   May 2010   
地域在住中高年女性における脊柱の前傾とADLとの関連(第2報)
水上 諭, 金ヶ江 光生, 青柳 潔
理学療法学   Mar 2009   
転倒恐怖感が生活体力及びQOLにおよぼす影響について
水上 諭, 釜崎 敏彦, 渡辺 博, 富田 義人, 北田 智則, 樋口 健吾, 金ヶ江 光生, 千葉 憲哉, 塩塚 順, 木戸 浩一郎
理学療法学   Apr 2007   
Spinal curvature assessed by a computer-assisted device and anthropometric indicators are useful in discriminating vertebral fractures among individuals with back pain
Satoshi Mizukami
American Society for Bone and Mineral Research   20 Sep 2019