Shoichiro Sembon

J-GLOBAL         Last updated: Oct 4, 2019 at 11:46
 
Avatar
Name
Shoichiro Sembon
E-mail
senbonaffrc.go.jp
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Institute of Agrobiological Sciences,NARO
Research funding number
60372661

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2019
 - 
Today
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
 

Published Papers

 
Kaneko H, Kikuchi K, Nakai M, Fuchimoto D, Suzuki S, Sembon S, Noguchi J, Onishi A
Scientific reports   7(1) 17026   Dec 2017   [Refereed]
Nakai M, Suzuki SI, Ito J, Fuchimoto DI, Sembon S, Noguchi J, Onishi A, Kashiwazaki N, Kikuchi K
The Journal of reproduction and development   62(6) 639-643   Dec 2016   [Refereed]
Nakai M, Ito J, Suzuki SI, Fuchimoto DI, Sembon S, Suzuki M, Noguchi J, Kaneko H, Onishi A, Kashiwazaki N, Kikuchi K
The Journal of reproduction and development   62(6) 615-621   Dec 2016   [Refereed]
Suzuki S, Iwamoto M, Hashimoto M, Suzuki M, Nakai M, Fuchimoto D, Sembon S, Eguchi-Ogawa T, Uenishi H, Onishi A
Veterinary immunology and immunopathology   178 37-49   Oct 2016   [Refereed]
Tanihara F, Takemoto T, Kitagawa E, Rao S, Do LT, Onishi A, Yamashita Y, Kosugi C, Suzuki H, Sembon S, Suzuki S, Nakai M, Hashimoto M, Yasue A, Matsuhisa M, Noji S, Fujimura T, Fuchimoto D, Otoi T
Science advances   2(9) e1600803   Sep 2016   [Refereed]

Misc

 
中井美智子, 伊藤潤哉, 鈴木俊一, 淵本大一郎, 千本正一郎, 野口純子, 金子浩之, 柏崎直巳, 大西彰, 菊地和弘
Journal of Reproduction and Development   62(Suppl Japanese Issue) j72-16-OR1-16   Sep 2016
<p><目的>ブタのICSIでは,注入精子による卵活性化誘起効率が低く人為的卵活性化処理が用いられてきた。しかし,依然として胚作出効率は低いため,生理的な卵活性化を誘起させる必要があると考えられる。本研究では,ICSI卵における活性化誘起効率が低い原因を明らかにする目的で,精子内卵活性化因子phospholipase Czeta(PLCzeta)および受精や胚発生に必須と考えられるcalcium-oscillationのパターンに着目した。<方法,結果>実験1)...
鈴木俊一, 鈴木美佐枝, 中井美智子, 千本正一郎, 淵本大一郎, 大西彰
日本畜産学会大会講演要旨   119th 187-187   Mar 2015
ブタ胎仔における胸腺発達過程の遺伝子発現解析および組織学的解析(Transcriptional and Histological Analyses of the Thymic Developmental Process in the Fetal Pig)
鈴木 俊一, 鈴木 美佐枝, 中井 美智子, 千本 正一郎, 淵本 大一郎, 大西 彰
Experimental Animals   63(2) 215-225   Apr 2014
ブタ体内に機能的なヒト細胞や組織を保持した、ヒト化ブタモデルはヒト医学研究において、非常に有用なツールとなりうる。最近、免疫不全ブタが開発され、こうしたモデル開発が現実的なものとなったが、ヒト細胞の効率的な生着や分化には困難が伴うことが予想される。我々は、免疫系が未発達である胎仔期のブタにヒト細胞を移植することにより、こうした問題が軽減される可能性を考え、免疫系の確立にきわめて重要である、胸腺の発達過程を胎仔期ブタにおいて調べることにした。まず、胸腺上皮細胞や胸腺細胞の機能に関わる遺伝子の...
鈴木俊一, 鈴木美佐枝, 中井美智子, 千本正一郎, 淵本大一郎, 大西彰
日本畜産学会大会講演要旨   116th 194-194   Mar 2013
冠動脈不安定粥腫破綻の四次元的な観察
李 予きん, 大西 彰, 須藤 晃正, 福島 聖二, 林 清飛, 鈴木 俊一, 淵本 大一郎, 千本 正一郎, 岩元 正樹, 橋本 径子, 春田 裕典, 高山 忠輝, 國本 聡, 廣 高史, 松本 太郎, 三俣 昌子, 杉谷 雅彦, 斎藤 頴, 平山 篤志
日本大学医学部総合医学研究所紀要   1 47-49   Dec 2013
LDLコレステロール受容体ノックアウト(LDLR-/-)ブタを用いて、急性冠症候群の患者と似た冠動脈不安定プラークを持つ大動物モデルを確立し、長期間にわたり経時的に冠動脈を観察することにより、粥腫形成の初期段階(内膜肥厚)から最終的に破綻に至るまでの自然進展経過を把握する目的で研究を開始した。併せて、血管内イメージング法で得られた粥腫の三次元立体構造に時間軸を加え四次元的に再現することで、粥腫不安定化の分子・組織・力学的な要因を解明し、粥腫の破綻を未然に防ぐ治療法の開発指針をもたらすことを...