基本情報

所属
法政大学 情報科学部コンピュータ科学科 教授
学位
Ph.D

J-GLOBAL ID
200901061739818700

外部リンク

1982年西安交通大学コンピュータ科学科卒業、1987年同大学のコンピュータ科学研究科修士課程修了。1992年イギリス・マンチェスター大学コンピュータ科学研究科ソフトウェア開発の形式的手法専攻より博士(Ph.D)の学位を取得。1992年から1998年まで西安交通大学コンピュータ科学科で助教および講師を務め、コンパイラとプログラミング言語の講義を担当しました。1990年から1993年 イギリス・ヨーク大学コンピュータ科学科で研究助手、1993年から1994年までロンドン大学で研究助手、ソフトウェア開発の形式的手法により安全重要システム(例えば、飛行機、電車、銀行システム)の開発および分析手法を研究しました。1994年から2000年まで広島市立大学情報数理学科で助教授を務め、形式手法VDM、プログラミング言語の形式意味論などの講義を担当しました。2000年法政大学情報科学部助教授に就任、2001年から同学部教授です。

1994年イギリス・ベルファスト・クイーンズ大学客員研究員、1998年オックスフォード大学客員教授、2005から2006までヨーク大学客員教授。2003年から上海交通大学客員教授、上海大学客員教授、西安交通大学客員教授、西安電子科技大学客員教授、西安工程大学客員教授。

IEEEコンピュータ科学協会の計算複雑性技術協会副会長、「ソフトウェアテスト、検証および信頼性」という国際ジャーナルSTVRの編集委員、多数の国際会議委員長、プログラム委員長、および運営委員会委員。IEEE国際会議ICFEMの創設者。IEEEコンピュータ協会上級会員、英国コンピュータ協会会員、日本ソフトウェア科学会会員。1996年IEEE複雑コンピュータシステム工学国際会議から「優秀論文賞」受賞、1997年以降IEEEコンピュータ科学協会の計算複雑性技術協会から二つの「重要なサービス証書」を授与されました。

私の研究は次のテーマに集中しています。(1)ソフトウェア開発の形式工学手法、(2)知的ソフトウェア工学環境、(3)高信頼コンピュータシステム。具体的には、以下の研究を行っています。


(1) ソフトウェアモデリング、検査、およびテストのために実用性と厳密性とが共に高い形式工学手法SOFL(Structured Object-Oriented Formal Language)の発展。
(2)ソフトウェア形式的な仕様によるプログラムの生成。
(3)ソフトウェア仕様のアニメションおよび仕様によるプログラムのテスト。
(4)ソフトウェア仕様の厳密なレビュー。
知的ソフトウェア工学ツールと環境。
(5)Webによるソフトウェア開発。
(6)形式工学手法SOFLによる高信頼性システムの開発と検証。

論文

  120

MISC

  66

書籍等出版物

  12

講演・口頭発表等

  6