Samitsu Sadaki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 23, 2018 at 14:10
 
Avatar
Name
Samitsu Sadaki
E-mail
SAMITSU.Sadakinims.go.jp
Affiliation
National Institute for Materials Science
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-4139-1656

Published Papers

 
Sadaki Samitsu, Hideki T. Miyazaki, Hiroyo Segawa
Data in Brief   20 1099-1104   Oct 2018   [Refereed]
This paper reports coloration of poly(vinyl chloride) (PVC) in styrene liquid, which is called Christiansen effect. Scattering spectra of the Christiansen color for PVC particles were measured by varying scattering angles. Further discussions abou...
Nur Hashimah Alias, Juhana Jaafar, Sadaki Samitsu, Norhaniza Yusof, Mohd Hafiz Dzarfan Othman, Mukhlis A Rahman, Ahmad Fauzi Ismail, Farhana Aziz, Wan Norharyati Wan Salleh, Nur Hidayati Othman
Chemosphere   204 79-86   Aug 2018   [Refereed]
Separation and purification of oilfield produced water (OPW) is a major environmental challenge due to the co production of the OPW during petroleum exploration and production operations. Effective capture of oil contaminant and its in-situ photod...
Sadaki Samitsu, Hideki T. Miyazaki, Hiroyo Segawa
Polymer   147 237-246   Jul 2018   [Refereed]
Porous poly(vinyl chloride) (PVC) particles immersed in organic liquids exhibited bright structural colors when the refractive indices (RIs) of the liquids were close to the RI of PVC. The particles can separate white light into complementary tran...
相分離による汎用高分子のナノ多孔化技術と応用
佐光 貞樹
工業材料   66(3) 16-20   Mar 2018
高分子多孔質体は、空孔・空隙がもたらす高い比表面積や表面・界面構造に裏付けされた特異な化学的、物理的性質によって、物性機能の多様性の広がりが生みだす。本稿では、微細なメソ細孔を形成する新たな相分離技術として我々が開発してきた、「急速凍結ナノ結晶化法」を紹介する。
Sadaki Samitsu
Macromolecules   51(1) 151-160   Dec 2017   [Refereed]
We report thermally-stable, mechanically-robust mesoporous monoliths made of commercially-available poly(ether sulfone) (PES). A PES solution dissolved in N,N-dimethylformamide spontaneously formed a physical gel upon cooling to moderate temperatu...

Books etc

 
Fabrication of mesoporous polymers using nanocrystallization phase separation method
佐光 貞樹
2016   
高分子の相分離現象を利用した多孔化技術の中で、特に結晶化による相分離現象(固・液相分離)に着目し、結晶化の基礎から結晶サイズの微細化により高分子のナノ多孔化を実現する手法(ナノ結晶化相分離法)について解説する。
PEDOT nanofiber
下村 武史, 佐光 貞樹, 伊藤 耕三
2012   
分子コーミング法を用いて作製したPEDOT / PSSナノファイバー1本の導電率測定に取り組んだ。PEDOT/PSS水溶液の入ったシリンジを制御し、微小電極端子にかかるように電極基板上に水滴を滴下した後、ゆっくり吸い上げることで、電極上にPEDOT/PSSナノファイバーを作製した。AFM技術を適用することで、ナノファイバー1本の導電性を評価することができる。微小電極端子間にかかる3本のPEDOT/PSSナノファイバーをAFMの探針を押し当てて順番に1本ずつ切断し、それぞれのPEDOT/PS...

Conference Activities & Talks

 
Phase separation-based fabrication methods of nanoporous commodity polymers and their applications
佐光 貞樹
高分子同友会勉強会   26 Sep 2018   
微多孔質高分子は、セパレーター・分離膜・吸着材・緩衝材といった付加価値の高い製品になる。素材・形状・用途によって多彩な手法が活用されているが、簡便・低コストで適用範囲が広い相分離は工業プロセスの主流である。本講演では、汎用高分子の相分離を用いたナノ多孔化技術の最新動向と展望について紹介する。
Homogeneously Dispersed Polyrotaxane in Epoxy Adhesive and Its Improvement in the Fracture Toughness
プルクサワン シラウィット, 佐光 貞樹, 内藤 昌信
Tsukuba Global Science Week 2018   20 Sep 2018   
Epoxy adhesives are one of the indispensable materials for construction of airplanes and automobiles due to their strong adhesive properties, high thermal and chemical stability. However, their lower fracture toughness often involves brittle fract...
Transmitting and scattering colors of porous particles of poly(vinyl chloride) based on Christiansen effect
佐光 貞樹, 宮崎 英樹, 瀬川 浩代
第67回高分子討論会   12 Sep 2018   
多孔質の塩化ビニルの粉体に屈折率の近いスチレンモノマーを含浸させるとオレンジ色に発色することを見出した。この発色現象は、傾きの異なる屈折率の波長分散が特定の波長で交差するために生じ、クリスチャンセン効果で説明できる。
Structural colorization of poly(vinyl chloride) powder
佐光 貞樹
近畿化学協会 2018年度第1回 重合工学部会   15 Jun 2018   
光の吸収によらず、屈折率の空間変化によって生じる呈色現象は構造色と呼ばれる。構造色は色素や顔料による着色とは異なる色彩を表し、新しい応用利用が検討されている。本研究では、多孔質のポリ塩化ビニル粉末が特定の液体を吸収することで構造色が現れることを見出した。本発表では、この透過性のある構造色の発色原理と応用可能性を説明する。
Solvent-induced crystallization of polymers
佐光 貞樹
つくばソフトマター2018   4 Jun 2018   
高分子の結晶化機構は、材料強度や耐熱性を向上させるための重要な因子である。工業的に用いられている高分子のうちで結晶性を示すものは未だ限られており、結晶性を制御するために高分子の結晶化機構をさらに深く理解し自在に制御する方法論を検討する必要がある。本研究では、溶媒分子によって誘起される高分子の結晶化機構を検討した例を発表する。