SAIGUSA Toshiya

J-GLOBAL         Last updated: Dec 9, 2019 at 14:54
 
Avatar
Name
SAIGUSA Toshiya
Affiliation
Rakuno Gakuen University
Section
College of Agriculture,Food and Environment Sciences Department of Sustainable Agriculture

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Saigusa, T., Matsumoto T., Osaka, I. and Minezaki, Y.
Grassland Science   64(4) 259-268   Oct 2018   [Refereed]
Grassland management for dairy farm in Hokkaido
SAIGUSA Toshiya
Proceedings of VII Japan -China-Korea Grassland Conherence   154-159   Jul 2018   [Refereed][Invited]
YAGI Tetsuo, MATSUMOTO Takehiko, OHTOMO Ryo, KOBAYASHI Sohei, SAIGUSA Toshiya, OKA Norikuni
Journal of the science of soil and manure, Japan   85(6) 501-508   Dec 2014   [Refereed]
Previous cropping of arbuscular mycorrhizal (AM) host plants is widely known to positively affect the growth of subsequent AM host plants by improving AM colonization and increasing phosphorus uptake. The objective of this study was to demonstrate...
MATSUMOTO Takehiko, OKAMOTO Hideki, SAKAI Osamu, OHASHI Yuji, SAIGUSA Toshiya, DEGUCHI Kenzaburou, TSUNETA Daisuke
Journal of the science of soil and manure, Japan   85(3) 241-244   Jun 2014   [Refereed]
Saigusa Toshiya, Nishimichi Yukiko, Otsuka Shougo, Sudo Kenji
Jpn J Grassl Sci   60(1) 10-19   2014   [Refereed]
Fertilizer recommendations for intensive grazed swards for dairy cows were suggested by estimating decreases in available nutrients throughout the grazing period in 48 paddocks in the eastern, central and northern parts of Hokkaido. Decreases in a...

Misc

 
A Web GIS based decision support system for nutrient application for forage field
SAIGUSA Toshiya
JATAFF Journal   6(11) 28-33   Nov 2018   [Invited]
三枝 俊哉, 岡元 英樹, 阿部 英則
新しい研究成果   2006 89-92   2006

Books etc

 
Progress in Soil Science
), Shimizu, M., R. Hatano, T. Arita, Y. Kouda, A. Mori, S. Matsuura, M. Niimi, M. Mano, R. Hirata, T. Jin, A. Limin, T. Saigusa, O. Kawamura, M. Hojito, and Akira Miyata (Part:Contributor, Soil Carbon)
Springer International Publishing Switzerland   2014   
Sustainable Agroecosystems in Climate Change Mitigation
Shimizu, M., R. Hatano, T. Arita, Y. Kouda, A. Mori, S. Matsuura, M. Niimi, M. Mano, R. Hirata, T. Jin, A. Limin, T. Saigusa, O. Kawamura, M. Hojito, and Akira Miyata (Part:Contributor)
Wageningen Academic Publisher.   2014   
自給飼料を上手に使おう 肉牛経営のための自給飼料生産マニュアル
1-2 施肥管理方法、1-4-1)草地更新指標および土壌管理と施肥 (Part:Contributor)
北海道酪農畜産協会   Mar 2012   
酪農研究の中で確立されてきた自給飼料生産における施肥管理技術をもとに、肉牛経営のためのマニュアルとして解説した。
新版 酪農用語解説 第2 版
化成肥料 BB 肥料 (Part:Contributor)
デーリィジャパン   Dec 2011   
化成肥料、BB肥料について、用語の意味を解説した。
続マニュアマネージメント
乳牛の放牧と糞尿 (Part:Contributor)
デーリィマン   Oct 2011   
放牧草地におけるマニュアマネージメントとしては、適切な放牧密度の遵守、河川からの牛の隔離、表面流去対策、ふん尿還元を考慮した最小限の施肥などが重要と指摘した。
北海道農業と土壌肥料2010
4.放牧利用と肥培管理; 2)地域での実践方法 (Part:Contributor)
北農会I   Sep 2010   
放牧草地の施肥管理法と環境保全的なふん尿利用の地域的な取り組み方について、最新の開発技術をふまえて紹介した。
循環型酪農へのアプローチ
酪農場での土づくり、牧草多収の基本技術、循環型酪農の実践事例 1.道東地域 (Part:Contributor)
酪農学園大学エクステンションセンター   Mar 2010   
循環型酪農に接近するための適切な土づくりと牧草生産について説明し、道東地域の生産者による実践事例を紹介した。
北海道施肥ガイド2010
V 牧草・飼料作物 (Part:Contributor)
北海道農政部   Mar 2010   
従来の北海道施肥ガイドを基本とし、近年の新知見を加え、使いやすさを重視して改訂した。
土づくり技術情報「総括編」
土壌診断と家畜ふん尿の活用による効率的な土づくり (Part:Contributor)
北海道農協「土づくり」運動推進本部   Feb 2010   
土壌診断に基づく施肥対応と環境保全的な有機物利用を効率的な土づくりと捉え、その具体策を解説した。
中央畜産会Q&A
草地、飼料畑の土壌診断とそれに基づく施肥対応について (Part:Contributor)
中央畜産会   2010   
北海道の草地・飼料畑における土壌診断とそれに基づく施肥対応について、改訂された北海道施肥ガイド2010をふまえて解説した。
飼料生産・調製マニュアル
草地の更新と維持管理 (Part:Contributor)
デーリィマン   Oct 2008   
北海道が推奨する草地の更新・維持管理法について解説した。
Animal Manure - Pollutant or Resource?(Edited by T. Matsunaka and T. Sawamoto)
Matsunaka T and Sawamoto T (Part:Contributor, Development and extension of environmentally friendly skills of manure application in dairy farming area of Hokkaido, Japan.)
Animal Manure - Pollutant or Resource?(Edited by T. Matsunaka and T. Sawamoto)   Jul 2008   
環境保全型酪農のために展開した、家畜ふん尿の肥効評価法の確立、ふん尿利用計画支援ソフトAMAFEの開発、これをら活用する施肥管理技術者の育成活動等を海外に向け発表した。
草地学用語辞典
日本草地学会   Mar 2008   
土壌肥料、家畜ふん尿関連の用語を中心に、草地分野で使用しやすい用語の意味を解説した。
新版酪農用語解説
硝酸態窒素、追肥、土壌診断など (Part:Contributor)
デーリィ・ジャパン   Feb 2008   
土壌肥料関連の用語の一部を担当し、解説した。
土壌を愛し、土壌を守る ―日本の土壌、ペドロジー学会50 年の集大成―
ペドロジー学会   Mar 2007   
北海道の火山灰土壌を草地利用する際の改良・管理法について紹介した。
目で見る飼料作物のすべて
北海道「根釧草地地帯」における集約草地の造成と管理 (Part:Contributor)
酪総研   Jan 2005   
道東の草地更新時と維持管理時の基本的な技術情報を、写真や図を多用して解説した。
家畜ふん尿処理・利用の手引き2004
北海道立農業・畜産試験場家畜ふん尿プロジェクト研究チーム   Mar 2004   
ふん尿主体施肥を基本とする草地に対するふん尿の使い方をマニュアル化した。
放牧で牛乳生産を
酪農総合研究所   Mar 2003   
放牧草地で発生する環境負荷とその対策について、既存の知見を総説的に整理した。
北海道施肥ガイド
V 牧草・飼料作物 (Part:Contributor)
北海道農政部   Sep 2002   
これまで別冊であった北海道施肥標準、土壌診断基準および土壌診断に基づく施肥対応を、北海道施肥ガイドとして一本化し、牧草・飼料作物分野について最新の推奨技術をとりまとめた。
やさしい施肥管理の手引き
ホクレン   2002   
北海道の採草地における施肥設計の考え方を解説した。
北海道土壌診断基準と施肥対応
北海道農政部   Oct 1999   
これまで別冊であった「土壌および作物栄養の診断基準」と「土壌診断に基づく施肥対応」が合本される中で、草地飼料作分野について新技術を加えて改訂した。
北海道農業と土壌肥料1999
北農会   Jul 1999   
北海道における土壌肥料研究の1987年以降10年間における研究成果を草地の施肥管理に関して概括した。
土壌環境分析法
博友社   Jun 1997   
著者らが考案した土壌中におけるイオンの拡散係数の測定法を分析法の専門書に紹介した。
集約放牧 マニュアル
北海道農業改良普及協会   May 1995   
北海道における放牧草地の施肥管理方法を既往の成果に基づいてマニュアル化した。
北海道における土壌・作物栄養診断の現状と問題点
推進会議研究成果   Mar 1988   
土壌診断とそれに基づく施肥対応に関する問題点を塩基について整理した。

Conference Activities & Talks

 
Wada Y, Okui T, Yanagikuida S, Tobita M, Aono Y, Yoshimura S, Saito M, Amakawa C, Saigusa T.
Japan-China-Korea Grassland Conference   9 Jul 2018   Japan
Okui T, Wada,Y, Asai K, Kumagai T, Yoshida Y, Hori K, Ugaki R, Yamashita S, Kato Y, Tsukasaki K, Yagi T, Saigusa T.
Japan-China-Korea Grassland Conference   9 Jul 2018   Japan
Effect of weed control on the success of pasture renovation in Hokkaido district
Nashiki Mamoru, Hatanaka Tetsuya, Saigusa Toshiya, Kawabata Shutaro, Ohta Ken
Journal of Weed Science and Technology. Supplement   13 Apr 2002