基本情報

所属
中央学院大学 法学部 准教授
学位
博士(政治学)(早稲田大学)
MS in Political Theory(LSE・ロンドン大学 )
修士(政治学)(早稲田大学)
修士(公共政策学)(東京大学)
学士(政治学)(早稲田大学)

連絡先
r-sakaimc.cgu.ac.jp
研究者番号
20735386
J-GLOBAL ID
201501012802653985
researchmap会員ID
B000249653

外部リンク

研究テーマ紹介:

会議や話し合いに、誰を呼ぶべきか?この問いは、政治過程や公共政策にとどまらず、私たちが所属する学校や企業での活動のなかで意識するものです。

私は、集合知の数理モデル分析を通じて、民主的参加が会議での問題解決を成功に導くケースを示し、政策過程への市民参加を一層促進する可能性についての研究をしています。

公共政策形成において、熟議を通じた市民参加と専門知やエビデンスの活用を、どのように両立していけるのかに関心を持っています。

 

研究領域:

政治理論、公共政策学


研究対象:

公共政策への市民参加、熟議民主主義論、認識的デモクラシー論、Computational Philosophy/Epistemology

 

研究関心:

・会議には、誰が参加するべきか?: (熟議、ミニ・パブリックス、専門知との協働、職場デモクラシー)

・政治理論におけるモデル分析:   (認識的デモクラシー論、政治理論における方法論)

・科学的エビデンスに基づく政策立案:(Evidence-Based Policy Making, EBPM)

・AIとデモクラシー:          (ChatGPTなどのAIによる集合知の利用)

 

学歴:
・早稲田大学 博士(政治学)
  主査: 齋藤純一教授 (日本政治学会 元会長)

・ロンドン大学 LSE 修士 MSc in Political Theory
  主査: Christian List教授

・東京大学 公共政策学 修士(専門職)

・早稲田大学 政治学 修士

 

資格:

・TOEIC 930点

・教員免許状(高等学校 地理歴史・公民、中学社会)


経歴

  4

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  10

主要な書籍等出版物

  2

主要な論文

  19

主要な講演・口頭発表等

  26

主要な学術貢献活動

  11

社会貢献活動

  12

その他

  5