金相賢

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/03 00:13
 
アバター
研究者氏名
金相賢
eメール
kimakane.waseda.jp
所属
早稲田大学
部署
理工学術院総合研究所
職名
客員次席研究員
学位
博士(国際情報通信学)(早稲田大学)
その他の所属
株式会社リ・インベンション

プロフィール

2006年早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。2010年同研究科博士後期課程満期退学。2010年同大学国際情報通信研究センターの招聘研究員。2013年同大学理工学研究所客員次席研究員。2014年同大学基幹理工学部助手。2018年よりVRコンテンツ制作会社に勤めながら同大学の客員次席研究員。専門は視覚表示デバイスの時空間特性と生体影響に関する人間工学的研究。立体映像およびVRコンテンツ制作。博士 (国際情報通信学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員次席研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年2月
早稲田大学 国際情報通信研究科 博士後期課程
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
映像情報メディア学会  企画委員
 

受賞

 
2014年5月
Asian Conference On Ergonomics and Design Committee ベストペーパーアワード
 

論文

 
両眼視差の局所的付加と視覚的注意・記憶への影響
金相賢、盛川浩志、三家礼子、渡邊克巳、河合隆史
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 675-683   2016年12月   [査読有り]
立体映像表現における視差角変化と選好判断
金相賢、盛川浩志、三家礼子、渡邊克巳、河合隆史
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 657-664   2016年12月   [査読有り]
現実空間での身体状況が仮想空間の接触感に与える影響
盛川浩志、太田文也、金相賢、河合隆史
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 617-625   2016年12月   [査読有り]
視差特性による奥行き感の知覚が選好感情に与える影響
金相賢、盛川浩志、三家礼子、渡邊克巳、河合隆史
ヒューマンインタフェース学会論文誌   18(4) 329-337   2016年11月   [査読有り]
3D映画における奥行き感の演出が恐怖感情に及ぼす影響
金相賢、盛川浩志、河合隆史
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(1) 121-129   2016年3月   [査読有り]

特許

 
特願2015-119073 : ナビゲーション装置およびナビゲーション制御プログラム
河合 隆史、金 相賢、渡邊 克巳、瀬戸 礼子
特願2015-117911 : 経路案内装置および経路案内プログラム
河合 隆史、金 相賢、渡邊 克巳、瀬戸 礼子