佐野 厚

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/12 15:11
 
アバター
研究者氏名
佐野 厚
 
サノ アツシ

研究分野

 
 

論文

 
Sano A
Journal of neurosciences in rural practice   7(Suppl 1) S108   2016年12月   [査読有り]
Sano A
Journal of thoracic disease   10(Suppl 18) S2109-S2110   2018年7月   [査読有り]
Hino H, Karasaki T, Yoshida Y, Fukami T, Sano A, Tanaka M, Furuhata Y, Ichinose J, Kawashima M, Nakajima J
European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   53(5) 980-986   2018年5月   [査読有り]
Sano A
The Thoracic and cardiovascular surgeon      2018年5月   [査読有り]
Sano A, Yotsumoto T
Surgery today   48(2) 248-251   2018年2月   [査読有り]
Sano A, Yotsumoto T
Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   23(5) 223-226   2017年10月   [査読有り]
Sano A, Fukuda T
Journal of bronchology & interventional pulmonology   24(4) e46-e48   2017年10月   [査読有り]
Sano A, Yotsumoto T, Tsuchiya T
Lung India : official organ of Indian Chest Society   34(3) 232-235   2017年5月   [査読有り]
Sano A, Kawashima M
Asian journal of endoscopic surgery   8(4) 480-482   2015年11月   [査読有り]
災害時のワンボックスカーを用いた担送患者の搬送
佐野 厚, 福山 宏, 岡庭 佑輔, 浅岡 裕美, 桑江 航, 平野 寛鎮, 岩澤 芳樹
Japanese Journal of Disaster Medicine   21(2) 192-196   2016年11月
(背景)救急車での長距離の移動はDMAT隊員の疲労をきたす。われわれはワンボックスカーをDMATの活動に使用しており、患者固定の方法を工夫して担送患者の搬送法を構築し、実災害で担送患者の搬送を行った。(方法)日産・キャラバンを緊急車両登録してDMAT専用車とした。担送患者をバックボードに固定したうえで、左後部座席をフルフラットにしてバックボードを固定ベルトで座席に固定した。医療資機材を荷室に配備し、右後部座席に看護師が乗車した。(結果)訓練でこの方法を用いて模擬患者の搬送を行い安全性を確か...
Sano A, Yotsumoto T
Asian cardiovascular & thoracic annals   24(1) 101-103   2016年1月   [査読有り]
Sano A, Yotsumoto T
The Annals of thoracic surgery   100(6) e121-2   2015年12月   [査読有り]
携帯型気胸ドレナージキットを使用し待機的に手術を施行した妊娠合併気胸の1例
四元 拓真, 佐野 厚, 佐藤 陽一
胸部外科   68(12) 1031-1033   2015年11月
34歳女。妊娠31週に発症した自然気胸に対し、携帯型気胸ドレナージキット(ソラシックベント;以下TV)を用いて外来治療を行い、手術時期の慎重な検討のもとに待機的手術を施行し、良好な結果が得られた。TVはドレナージ治療だけでなく気漏の有無を確認することもでき、さらに、吸引機へ接続し持続陰圧下におくことも可能であることから、本例のような妊娠合併気胸において、外来ドレナージを行いながら状況により手術へ移行するという方針をとることが十分可能であると考えられた。
Sano A, Inui M
Asian cardiovascular & thoracic annals   23(9) 1116-1118   2015年11月   [査読有り]
[Spontaneous Pneumothorax During Pregnancy Successfully Managed with a Thoracic Vent before Surgical Therapy; Report of a Case].
Yotsumoto T, Sano A, Sato Y
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   68(12) 1031-1033   2015年11月   [査読有り]
Sano A, Tashiro K, Fukuda T
Asian cardiovascular & thoracic annals   23(8) 958-960   2015年10月   [査読有り]
Watanabe K, Amano Y, Ishikawa R, Sunohara M, Kage H, Ichinose J, Sano A, Nakajima J, Fukayama M, Yatomi Y, Nagase T, Ohishi N, Takai D
Cancer medicine   4(10) 1573-1582   2015年10月   [査読有り]
Sano A, Yotsumoto T
Asian cardiovascular & thoracic annals   23(7) 839-841   2015年9月   [査読有り]
Sano A, Tsuchiya T
The Annals of thoracic surgery   99(5) 1808-1809   2015年5月   [査読有り]
Sano A, Kawashima M
The Annals of thoracic surgery   98(6) 2202-2204   2014年12月   [査読有り]
Tsuchiya T, Sano A
Respiration; international review of thoracic diseases   90(1) 33-39   2015年   [査読有り]
Kawashima M, Sano A, Tanaka M
Surgery today   45(7) 929-931   2014年11月   [査読有り]
Sano A, Tsuchiya T, Nagano M
The Korean journal of thoracic and cardiovascular surgery   47(6) 563-565   2014年12月   [査読有り]
[Video-assisted thoracoscopic surgery for pleuroperitoneal communications as a complication of continuous ambulatory peritoneal dialysis( CAPD)].
Tsuchiya T, Sano A, Fukami T, Yanagi M, Yoshiura T, Kobayashi R
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   67(11) 963-966   2014年10月   [査読有り]
[Mediastinal schwannoma resected through the 10th intercostal space via a posterolateral thoracotomy].
Sano A, Kawashima M
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   67(6) 459-462   2014年6月   [査読有り]
Ichinose J, Watanabe K, Sano A, Nagase T, Nakajima J, Fukayama M, Yatomi Y, Ohishi N, Takai D
Cancer science   105(9) 1135-1141   2014年9月   [査読有り]
Sano A, Tsuchiya T
Journal of bronchology & interventional pulmonology   21(2) 113-116   2014年4月   [査読有り]
Kuwano H, Tsuchiya T, Murayama T, Sano A, Nagayama K, Yoshida Y, Murakawa T, Nakajima J
Surgery today   44(3) 499-504   2014年3月   [査読有り]
Sano A, Fukami T, Murakawa T, Nakajima J
Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   20 Suppl 539-541   2014年   [査読有り]
Saita K, Murakawa T, Kawano H, Sano A, Nagayama K, Nakajima J
Asian cardiovascular & thoracic annals   21(5) 582-587   2013年10月   [査読有り]
[Pulmonary thromboembolism that developed 16 days after surgery for lung cancer].
Tsuchiya T, Sano A, Fukami T
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   66(9) 855-857   2013年8月   [査読有り]
Sano A, Murakawa T, Nakajima J
Asian cardiovascular & thoracic annals   21(4) 501   2013年8月   [査読有り]
[Secondary spontaneous pneumothorax due to a ruptured bulla at a left-sided azygoesophageal recess in a patient with right aortic arch].
Kawashima M, Murakawa T, Takahashi T, Konoeda C, Inoue Y, Sano A, Nakajima J
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   66(7) 563-565   2013年7月   [査読有り]
Murakawa T, Konoeda C, Ito T, Inoue Y, Sano A, Nagayama K, Nakajima J
European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   43(5) 925-932   2013年5月   [査読有り]
Sano A, Murakawa T, Nakajima J
Asian cardiovascular & thoracic annals   21(1) 93-96   2013年2月   [査読有り]
[Juvenile primary lung cancer in a 17-year-old girl as a 2nd malignant neoplasm after osteosarcoma treatment in childhood].
Konoeda C, Murakawa T, Sano A, Kawashima M, Nakajima J
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   65(13) 1127-1130   2012年12月   [査読有り]
[Capillary hemangiomas of the lung presenting as ground glass opacities by high resolution computed tomography].
Shimada Y, Murakawa T, Sano A, Fukami T, Yoshida Y, Inoue Y, Morita S, Fukayama M, Nakajima J
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   65(12) 1038-1043   2012年11月   [査読有り]
Sakamoto M, Murakawa T, Konoeda C, Inoue Y, Kitano K, Sano A, Fukayama M, Nakajima J
European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   41(3) 623-627   2012年3月   [査読有り]
Kitano K, Watanabe K, Emoto N, Kage H, Hamano E, Nagase T, Sano A, Murakawa T, Nakajima J, Goto A, Fukayama M, Yatomi Y, Ohishi N, Takai D
Cancer science   102(12) 2126-2131   2011年12月   [査読有り]
Togashi J, Sugawara Y, Aoki T, Tamura S, Kaneko J, Nakajima J, Sano A, Kokudo N
Surgery today   41(9) 1294-1297   2011年9月   [査読有り]
[Invasive pulmonary aspergillosis with hemoptysis; a resected case whose bleeding point is detected pathologically].
Sano A, Takeuchi E, Kitano K, Kuwano H, Hebisawa A, Nakajima Y
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   64(10) 900-903   2011年9月   [査読有り]
Lang G, Taghavi S, Aigner C, Charchian R, Matilla JR, Sano A, Klepetko W
The Annals of thoracic surgery   92(1) 264-270   2011年7月   [査読有り]
Sano A, Murakawa T, Morota T, Nakajima J
The Annals of thoracic surgery   92(1) 353-354   2011年7月   [査読有り]
[Malignant lymphoma of lung with hypersensitivity pneumonitis].
Sano A, Takeuchi E, Kitano K, Kuwano H, Hebisawa A, Nakajima Y
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   64(6) 459-462   2011年6月   [査読有り]
Kage H, Sugimoto K, Sano A, Kitagawa H, Nagase T, Ohishi N, Takai D
Experimental lung research   37(3) 175-185   2011年4月   [査読有り]
Sano A, Takeuchi E, Hebisawa A, Nakajima Y
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   12(2) 311-312   2011年2月   [査読有り]
[Iatrogenic diaphragmatic hernia following partial resection of the lung via video-assisted thoracoscopy].
Fukami T, Konoeda C, Kitano K, Sakamoto M, Sano A, Yoshida Y, Mura T, Nakajima J
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   63(13) 1151-1154   2010年12月   [査読有り]
高橋 剛史, 村川 知弘, 坂本 未紀, 佐野 厚, 深見 武史, 中島 淳
日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   24(7) 1025-1031   2010年11月
胸腔内結石の報告例は我々が調べた限りでは26例と比較的稀な疾患である.特有の症状はなく,画像所見のみでは診断が困難な症例がある.今回,我々は転移性肺腫瘍との鑑別が困難であり,胸腔鏡下手術が診断に有用であった胸腔内結石の2例を経験したので報告する.両症例ともに胸部CTにて両側肺野に多発結節を指摘された.症例1は肝内胆管癌による,症例2は膵臓癌による転移性肺腫瘍が疑われた為に,診断目的に症例1は両側の結節に対して,症例2は右側の結節に対して胸腔鏡下手術を施行した.両症例ともに右側の結節の病理診...
[Resected pleomorphic carcinoma after long-time follow-up].
Takahashi T, Sano A, Yoshida Y, Fukami T, Murakawa T, Nakajima J
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   63(7) 542-545   2010年7月   [査読有り]
Kusakabe M, Kutomi T, Watanabe K, Emoto N, Aki N, Kage H, Hamano E, Kitagawa H, Nagase T, Sano A, Yoshida Y, Fukami T, Murakawa T, Nakajima J, Takamoto S, Ota S, Fukayama M, Yatomi Y, Ohishi N, Takai D
International journal of cancer. Journal international du cancer   126(8) 1895-1902   2010年4月   [査読有り]

Misc

 
肺癌術後急性増悪に対しPMX-DHP療法を施行した特発性肺線維症の1例
四元 拓真, 佐野 厚
癌の臨床   64(1) 51-56   2018年5月
80歳以上高齢者肺癌手術症例の死因別リスク解析 多施設共同研究より
日野 春秋, 唐崎 隆弘, 吉田 幸弘, 深見 武史, 佐野 厚, 田中 真人, 古畑 善章, 柏原 康佑, 一瀬 淳二, 川島 光明, 中島 淳
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) RO14-3   2018年4月
薬剤(ポリカルボフィルカルシウム)誤嚥による気管支異物を認め内視鏡的に摘出した一例
湯本 健太郎, 浅井 偉信, 星野 昌子, 福田 勉, 四元 拓真, 佐野 厚
気管支学   38(Suppl.) S289-S289   2016年5月
EGFR遺伝子変異陽性の肺腺癌にゲフィチニブ投与後、腸管気腫症を呈し、その後再生検を行い、オシメルチニブ投与が安全かつ有効だった1例
亀丸 愛子, 奥 茜衣, 長澤 遼, 浅井 偉信, 星野 昌子, 佐野 厚, 遠藤 貴士, 福田 勉
日本内科学会関東地方会   639回 75-75   2018年2月
開胸下に気管支異物を摘出した1例
四元 拓真, 佐野 厚
気管支学   38(Suppl.) S294-S294   2016年5月
自然気胸の手術標本から偶然発見された肺癌の1例
奥 茜衣, 長澤 遼, 浅井 偉信, 星野 昌子, 福田 勉, 佐野 厚
日本内科学会関東地方会   639回 76-76   2018年2月
気管支鏡下摘出により急性呼吸不全を脱却した餅誤嚥の一例
脇山 洋一, 佐野 厚, 四元 拓真, 湯本 健太郎, 浅井 偉信, 星野 昌子, 福田 勉
気管支学   38(Suppl.) S294-S294   2016年5月
単孔式胸腔鏡下右肺上葉切除の最初の2例
佐野 厚, 四元 拓真
気管支学   39(Suppl.) S287-S287   2017年5月
DMAT派遣時における後方支援の重要性と課題
鈴木 岳, 高橋 武, 岩澤 芳樹, 福山 宏, 佐野 厚, 岡庭 佑輔, 浅岡 裕美, 桑江 航
Japanese Journal of Disaster Medicine   20(3) 539-539   2016年2月
単孔式胸腔鏡下肺部分切除術でのエンドGIAラディアルリロードの有用性
佐野 厚, 四元 拓真
気管支学   39(Suppl.) S287-S287   2017年5月
DMATによるワンボックスカーを用いた担送患者の搬送
岡庭 佑輔, 福山 宏, 浅岡 裕美, 佐野 厚, 桑江 航, 平野 寛鎮, 大久保 知美, 岩澤 芳樹, 鈴木 岳, 高橋 武
Japanese Journal of Disaster Medicine   20(3) 570-570   2016年2月
気管支サーモプラスティ(BT)施行後の症状改善経過が遷延した重症気管支喘息の一例
浅井 偉信, 長澤 遼, 湯本 健太郎, 四元 拓真, 星野 昌子, 佐野 厚, 福田 勉, 金子 猛
気管支学   39(Suppl.) S294-S294   2017年5月
気管支破格を有する右S6肺癌に対し区域切除を施行した1例
四元 拓真, 佐野 厚
肺癌   55(5) 568-568   2015年10月
80歳以上高齢者肺癌手術成績の臨床的検討 多施設共同研究の解析より
日野 春秋, 西村 隆, 佐野 厚, 吉田 幸弘, 深見 武史, 古畑 善章, 田中 真人, 唐崎 隆弘, 高橋 剛史, 川島 光明, 桑野 秀規, 長山 和弘, 似鳥 純一, 安樂 真樹, 佐藤 雅昭, 中島 淳
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) O3-3   2017年4月
肺癌に対する肺葉切除後、左房内に血栓を形成した3例
四元 拓真, 佐野 厚
肺癌   55(5) 635-635   2015年10月
胸部外傷患者の肋骨骨折診断での肋骨単純X線とCTの比較
佐野 厚, 四元 拓真
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) P73-6   2017年4月
「休日・夜間災害対応マニュアル」への挑戦 その後
福山 宏, 中村 雅, 佐野 厚, 岩澤 芳樹
日本救急医学会雑誌   26(8) 430-430   2015年8月
ソラシックベントを用いた気胸の外来ドレナージの治療成績
佐野 厚, 四元 拓真, 森永 ゆみ
地域医療   (第56回特集号) 657-661   2017年3月
携帯型気胸ドレナージキットを使用し待機的に胸腔鏡下手術を施行した妊娠合併気胸の1例
四元 拓真, 佐野 厚, 佐藤 陽一
日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   (168回) 31-31   2015年6月
四元 拓真, 伊藤 俊輔, 田代 研, 佐野 厚
気管支学   37(Suppl.) S184-S184   2015年5月
川島 光明, 佐野 厚
日本臨床外科学会雑誌   76(5) 981-984   2015年5月
67歳,男性.大動脈弁置換術後(機械弁)のためワーファリン内服中,かつ慢性C型肝炎のため血小板低値であった.安静時に突然の右胸部痛を自覚し,その4時間後に一過性の意識レベル低下を起こしたため当院に救急搬送された.一過性意識レベル低下の原因になるような他疾患は除外され,肺の気腫性病変に伴う右自然血気胸と出血性ショックの診断で緊急手術となった.出血源は胸膜頂に存在した索状物の切断端であり,自然気胸の原因は奇静脈食道陥凹部の肺嚢胞と思われた.出血点は電気凝固して止血し,肺嚢胞は自動縫合器で切除し...
脳死肺移植手術 肺門トリミングと吻合のコツ
安樂 真樹, 佐野 厚, 長山 和弘, 似鳥 純一, 村川 知弘, 中島 淳
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) SS1-1   2015年4月
気管支サーモプラスティを施行し、自覚症状の改善に時間を要した難治性気管支喘息の1例
小島 千加子, 浅井 偉信, 長澤 遼, 湯本 健太郎, 四元 拓真, 星野 昌子, 佐野 厚, 福田 勉
日本内科学会関東地方会   630回 81-81   2017年2月
二次救急医療機関における外傷性血胸の検討
四元 拓真, 佐野 厚
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) O14-6   2015年4月
頸椎症性横隔神経麻痺に対する横隔膜縫縮術
四元 拓真, 佐野 厚
日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   (172回) 23-23   2016年11月
気胸手術症例に対するThoracic Vent治療の有用性 医療費の観点から
土屋 武弘, 佐野 厚
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) O24-6   2015年4月
災害時のワンボックスカーを用いた担送患者の搬送
佐野 厚, 福山 宏, 岡庭 佑輔, 浅岡 裕美, 桑江 航, 平野 寛鎮, 岩澤 芳樹
Japanese Journal of Disaster Medicine   21(2) 192-196   2016年11月
(背景)救急車での長距離の移動はDMAT隊員の疲労をきたす。われわれはワンボックスカーをDMATの活動に使用しており、患者固定の方法を工夫して担送患者の搬送法を構築し、実災害で担送患者の搬送を行った。(方法)日産・キャラバンを緊急車両登録してDMAT専用車とした。担送患者をバックボードに固定したうえで、左後部座席をフルフラットにしてバックボードを固定ベルトで座席に固定した。医療資機材を荷室に配備し、右後部座席に看護師が乗車した。(結果)訓練でこの方法を用いて模擬患者の搬送を行い安全性を確か...
縦隔原発孤立性線維性腫瘍の一例
乾 雅人, 佐野 厚, 川島 光明
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) P55-3   2015年4月
当院での石綿検診により診断に至った肺癌症例の検討
四元 拓真, 佐野 厚, 福田 勉
肺癌   56(6) 672-672   2016年11月
サーフィンによる胸部外傷
佐野 厚, 四元 拓真
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) P64-1   2015年4月
頸椎症性横隔神経麻痺に対する横隔膜縫縮術
四元 拓真, 佐野 厚
日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   (172回) 23-23   2016年11月
サーファーの剣状突起に起因する上腹壁痛に対する剣状突起切除
佐野 厚, 乾 雅人
日本呼吸器外科学会雑誌   29(3) P68-6   2015年4月
当院での石綿検診により診断に至った肺癌症例の検討
四元 拓真, 佐野 厚, 福田 勉
肺癌   56(6) 672-672   2016年11月
当院における咳嗽による肋骨骨折の検討
田代 研, 佐野 厚, 伊藤 俊輔, 星野 昌子, 福田 勉, 瀧井 孝敏, 金子 猛
日本呼吸器学会誌   4(増刊) 152-152   2015年3月
伊藤 俊輔, 田代 研, 星野 昌子, 福田 勉, 佐野 厚, 金子 猛
肺癌   55(1) 14-19   2015年2月
背景. 悪性中皮腫の遠隔転移は少ないといわれているが、近年、他臓器への転移を来した報告例も散見されている。一般的に悪性腫瘍の遠隔転移としての骨格筋転移は稀であり、悪性中皮腫に関しては骨格筋転移を来した症例報告は本邦ではまだなく、大臀筋転移を認めた1例を経験したため報告する。症例. 症例は77歳男性。2012年7月に左胸水貯留で当院に紹介され、同年8月に胸腔鏡下胸膜生検を施行し、上皮型悪性胸膜中皮腫(stage IB:AJCC/UICC分類)と診断した。高齢であり、胸膜肺全摘出術は希望されず...
【胸壁・横隔膜の手術-その2】 横隔膜交通症 横隔膜交通症に対する胸腔鏡下手術の工夫
土屋 武弘, 佐野 厚, 深見 武史, 柳 麻衣, 吉浦 辰徳, 小林 竜
胸部外科   67(11) 963-966   2014年10月
症例は54歳女性で、45歳時に巣状糸球体硬化症と診断された。持続腹膜透析(CAPD)を開始し、翌日、右胸痛、乾性咳嗽が出現した。胸部X線で右胸水貯留を認め、99m Tc-MAA、HAAシンチグラム検査で腹腔内より胸腔内への移行が認められ、右横隔膜交通症と診断された。CAPD継続の希望が患者にあり、手術を行った。第4病日にCAPDを再開し、胸水の貯留なく、胸腔ドレーンを抜去した。第7病日に退院し、再発なく経過したが、術後4ヵ月より再度咳嗽が出現した。精査で左横隔膜交通症と診断され、再度手術を...
二次救急医療機関における外傷性気胸症例の検討
佐野 厚, 川島 光明, 乾 雅人
日本臨床外科学会雑誌   75(増刊) 719-719   2014年10月
後側方切開第10肋間開胸で切除した縦隔神経鞘腫
佐野 厚, 川島 光明
日本臨床外科学会雑誌   75(増刊) 786-786   2014年10月
非小細胞肺癌におけるmRNA 3'非翻訳領域の短縮と腫瘍の悪性度の関係
一瀬 淳二, 渡辺 広祐, 佐野 厚, 村川 知弘, 高井 大哉, 中島 淳
肺癌   54(5) 388-388   2014年10月
輪状石灰化を伴った胸腺腫の一例
佐野 厚, 川島 光明
肺癌   54(5) 606-606   2014年10月
自然退縮した肺小細胞癌の1例
乾 雅人, 川島 光明, 佐野 厚, 伊藤 俊輔
肺癌   54(5) 634-634   2014年10月
原発性肺癌に続発した自然気胸に対しソラシックベントで外来治療を行った1例
川島 光明, 乾 雅人, 佐野 厚
肺癌   54(5) 661-661   2014年10月
単孔式 単孔式胸腔鏡手術後の再発気胸に対する胸腔鏡下手術の経験
佐野 厚, 川島 光明, 乾 雅人
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   14(2) 127-127   2014年8月
【腹膜透析2014】 両側横隔膜交通症の一例
小林 竜, 柳 麻衣, 吉浦 辰徳, 土屋 武弘, 佐野 厚, 深見 武史
腎と透析   77(別冊 腹膜透析2014) 273-274   2014年8月
54歳女。巣状分節状糸球体性硬化症による末期腎不全のため、CAPDカテーテル留置術をSMAP法で施行した。腹膜透析導入目的で入院した。出口部作製術を施行し、腹膜透析液の貯留を開始したところ、乾性咳嗽および右胸部圧迫感を自覚した。胸部X線で右胸水貯留を認め、99mTc-MAAシンチグラフィで右横隔膜交通症と診断した。交通部位同定法に色素注入法を用いて右胸腔鏡下横隔膜縫縮術を施行した。術後4日目から腹膜透析を開始した。胸水貯留のないことを確認し、軽快退院した。退院4ヵ月後、乾性咳嗽および左胸水...
咽頭炎から膿胸・肝膿瘍を併発した一症例
菅野 良介, 瀧井 孝敏, 原 治之, 田代 研, 星野 昌子, 福田 勉, 鈴木 章浩, 佐野 厚, 高橋 功
神奈川医学会雑誌   41(2) 205-206   2014年7月
手術の工夫 後側方切開第10肋間開胸で切除した縦隔神経鞘腫
佐野 厚, 川島 光明
胸部外科   67(6) 459-462   2014年6月
64歳女。咳を主訴に自身し、胸部CTで第12胸椎右側の腫瘤がみつかり、縦隔腫瘍と診断した。造影CT所見では、第12胸椎右側に最大径62mmの充実性腫瘤がみられた。造影MRI所見では、第12胸椎右側に境界明瞭な充実性腫瘤を認めた。内部はT1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号であった。神経鞘腫などの良性腫瘍を疑い、下大静脈を圧排しているため切除する方針とした。アプローチは、経路にもっとも他臓器の少ない開胸アプローチを選択した。病理組織所見は、被膜におおわれた神経鞘腫で、悪性所見はみられなかった。
奇静脈食道陥凹部の肺嚢胞破裂による自然血気胸の1例
川島 光明, 佐野 厚
日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   (165回) 30-30   2014年6月
胸骨正中切開での呼吸器外科手術における生体吸収性材料を用いた胸骨閉鎖法の検討
川島 光明, 佐野 厚, 田中 真人
日本呼吸器外科学会雑誌   28(3) O29-1   2014年4月
腎癌肺転移切除後の胸腔鏡ポート部再発の1例
土屋 武弘, 佐野 厚
日本呼吸器外科学会雑誌   28(3) 1-P11   2014年4月
COPD合併肺切除症例の術前気管支拡張吸入薬投与による早期合併症の検討
似鳥 純一, 中島 淳, 長山 和弘, 佐野 厚, 唐崎 隆弘, 村山 智紀, 一瀬 淳二, 井上 雄太, 日野 春秋, 北野 健太郎, 安樂 真樹, 村川 知弘
日本呼吸器外科学会雑誌   28(3) 1-P56   2014年4月