論文

2019年3月

面心立方セルオートマトンのB2SC3ルールにおける伝播パターンの衝突実験

電子情報通信学会技術研究報告
  • 蜷川 繁

118
519
開始ページ
43
終了ページ
48
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
出版者・発行元
電子情報通信学会

本研究では,面心立方格子上の3状態セルオートマトンにおいて,もっとも活性度が低いB2SC3とよばれる
状態遷移規則を選び,そのルールにおけるグライダーI型,II型間の相互作用を調べた.
その結果,グライダー同士の衝突によってグライダーI型,II型を消滅させたり,グライダーII型を
生成できることがわかった.ただし,衝突によってグライダーI型は生成できないことが判明した.

ID情報
  • ISSN : 0913-5685

エクスポート
BibTeX RIS