基本情報

所属
一橋大学 大学院社会学研究科 特任講師
学位
学士(哲学)(2017年3月 上智大学)
修士(社会学)(2019年3月 一橋大学)
博士(社会学)(2022年3月 一橋大学)

連絡先
stsuda22gmail.com
J-GLOBAL ID
201901011664130049
researchmap会員ID
B000362507

18世紀ドイツの思想家であり、美学(aesthetica)の創始者として知られるバウムガルテンの、形而上学について研究しています。

具体的には、彼の主著『形而上学』における諸版の異同に着目して、

①同時代の思想家からの書評、②敬虔主義者によるヴォルフ哲学への批判、③スピノザ(主義)への対抗

これら三つの観点から、バウムガルテン思想の変遷と全体に通底するテーマの解明を試みています。

バウムガルテンが同時代の思想状況を色濃く反映していることから、彼を一例として、前カント時代のドイツ哲学をスピノザを巡る当時の論争を軸に捉え直すことを、一つの見通しとしてもっています。


学歴

  3

委員歴

  4

論文

  7

MISC

  6

書籍等出版物

  4
  • 加藤泰史, 伊豆藏好美, 佐々木能章, 平尾昌宏, 津田栞里, 安酸敏眞, 後藤正英, 佐山圭司, 笠原賢介, 中井真之, エファ・シュアマン, 長澤麻子, 入江幸男, 中河豊 (担当:共著, 範囲:第四章 スピノザ論争がバウムガルテンに残した課題――実体に相応しいのは神か?被造物か?)
    岩波書店 2022年3月 (ISBN: 9784000010894)
  • 樋笠勝士, 井奥陽子, 大橋容一郎, 岡本源太, 小田部胤久, 河合大介, 桑原俊介, 高橋陽一郎, 津上英輔, 津田栞里, 内藤慧, 長尾伸一, 堀尾耕一, 松本大輝, 山内志朗 (担当:共著, 範囲:第六章 バウムガルテンにおける認識能力論の再検討――認識と自由の問題に関する一考察)
    月曜社 2022年3月 (ISBN: 4865031316)
  • 加藤泰史, 網谷壮介, 高畑祐人, 城戸淳, 宇佐美公生, 高木駿, 中澤武, 木場智之, 上野大樹, 柳橋晃, 津田栞里, 馬渕浩二 (担当:共訳, 範囲:第11章 倫理学における構成主義, pp. 402–426) (原著:オノラ・オニール)
    法政大学出版局 2020年11月 (ISBN: 9784588011245)
  • 加藤泰史, 小島毅 (担当:分担執筆, 範囲:【読書コラム】金子晴勇『ヨーロッパの人間像―「神の像」と「人間の尊厳」の思想史的研究』)
    法政大学出版局 2020年3月 (ISBN: 9784588151071)

講演・口頭発表等

  11

担当経験のある科目(授業)

  6

主要な所属学協会

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  1

メディア報道

  2