西原祥子

J-GLOBALへ         更新日: 13/11/29 21:25
 
アバター
研究者氏名
西原祥子
 
ニシハラ ショウコ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00164575
所属
創価大学
部署
工学部生命情報工学科
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
科研費研究者番号
00164575

プロフィール

東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士取得)後、慶応義塾大学医学部薬化学研究所、東京慈恵会医科大学微生物学講座第二、University of North Carolina at Chapel Hill, Department of Biochemistry and Biophysics、三菱化成生命科学研究所分子生物学研究部細胞生物学研究室、創価大学生命科学研究所細胞生物学部門を経て、現在、創価大学工学部生命情報工学科細胞生物学,及び、同生命情報工学専攻 教授。種を越えて保存されている糖鎖機能に注目し、幹細胞における糖鎖の生理機能の解明、及び、ショウジョウバエなどのモデル生物を用いた糖鎖の生理機能の解明を行っている。

研究分野

 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
創価大学 工学部 生命情報工学科 教授
 
 
   
 
創価大学生命科学研究所細胞生物学部門
 
 
   
 
三菱化成生命科学研究所分子生物学研究部細胞生物学研究室
 
 
   
 
University of North Carolina at Chapel Hill, Department of Biochemistry and Biophysics
 
 
   
 
東京慈恵会医科大学微生物学講座第二
 

学歴

 
 
   
 
東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻
 
 
   
 
東京大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
現在
日本再生医療学会  理事
 
2008年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2007年8月
 - 
現在
日本糖質学会  理事
 
2013年1月
 - 
2014年12月
日本糖鎖科学コンソーシアム  常任理事、副会長
 
2013年4月
 - 
現在
日本生化学会  代議委員
 

論文

 
Hirano K, Kinoshita T, Uemura T, Motohashi H, Watanabe Y, Ebihara T, Nishiyama H, Sato M, Suga M, Maruyama Y, Tsuji NM, Yamamoto M, Nishihara S, Sato C
Ultramicroscopy   143 52-66   2013年10月   [査読有り]
Ichimiya T, Nishihara S, Takase-Yoden S, Kida H, Aoki-Kinoshita K
Bioinformatics (Oxford, England)   30(5) 706-711   2013年10月   [査読有り]
Nakayama F, Umeda S, Ichimiya T, Kamiyama S, Hazawa M, Yasuda T, Nishihara S, Imai T
FEBS letters   587(2) 231-237   2013年1月   [査読有り]
Hirano K, Van Kuppevelt TH, Nishihara S
Biochemical and biophysical research communications   430(3) 1175-1181   2013年1月   [査読有り]
Seki Y, Mizukura M, Ichimiya T, Suda Y, Nishihara S, Masuda M, Takase-Yoden S
Virology   424(1) 56-66   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
多能性幹細胞の未分化性維持と分化にかかわる糖鎖構造と機能メカニズム
西原祥子
実験医学   31 1574-1582   2013年   [依頼有り]
多能性幹細胞における糖鎖発現の意義
佐々木紀彦、西原祥子
医学のあゆみ   239 1277-1282   2011年   [依頼有り]
Shoko Nishihara
TIGG   21(120) 207-218   2009年   [査読有り][依頼有り]
ES細胞の未分化性、多能性維持に関わる硫酸化糖鎖
西原祥子
化学工業   59 947-954   2008年   [依頼有り]
糖ヌクレオチド輸送体・PAPS輸送体による糖鎖合成の制御
神山伸、西原祥子
蛋白質核酸酵素   53 1486-1494   2008年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Stem cells and cancer stem cells: Therapeutic applications in disease and injury
西原祥子 (担当:共著, 範囲:Accelerated neural differentiation of human induced pluripotent stem cells using chlorate treatment)
Springer   2012年   
Embryonic Stem Cells: The hormonal regulation of pluripotency and embryogenesis
Shoko Nishihara (担当:分担執筆, 範囲:The function of glycan structures for the maintenance and differentiation of embryonic stem cells. Part 1, Chapter 6, 101-124.)
INTECH   2011年   
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る
西原祥子 (担当:分担執筆, 範囲:ショウジョウバエによって解明される糖鎖の役割.E章,138-144)
2009年   
Experimental Glycoscience - Glycobiology
Shoko Nishihara (担当:分担執筆, 範囲:(1)Nucleotide sugar transporter genes and their functional analysis.Part1, Section III, 103-107. (2)Functional analysis of sugar chains using a genome-wide RNAi system in Drosophila. Part2, Section XIV, 285-89.)
Springer   2008年   
Comprehensive Glycoscience - From Chemistry to Systems Biology
Shoko Nishihara (担当:監修, 範囲:Drosophila development, RNAi, and glycobiology. 4.05, 49-79.)
Elsevier   2007年   

講演・口頭発表等

 
胚性幹細胞のナーブ状態の維持とプライム状態への遷移に関わる糖鎖フィールド [招待有り]
西原祥子
第86回日本生化学会大会   2013年9月   
ヘパラン硫酸の3位の硫酸化の増加がFasシグナルを活性化し、様々なマウスES細胞の分化を誘導する
平野和己、佐々木紀彦、Toin van Kuppevelt、西原祥子
第32回日本糖質学会年会   2013年8月   
Roles of glycans in the pluripotent stem cells [招待有り]
Nishihara S
3rd Austria/Japan Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology   2013年7月   
3-O-sulfated heparan sulfate structure contributes to the differentiation of mouse embryonic stem cells by activating Fas signaling
Nishihara S
XXII International Symposium on Glycoconjugates   2013年6月   
糖鎖異常に起因する疾患のショウジョウバエモデルを用いた解析:筋ジストロフィー [招待有り]
西原祥子
第35回日本分子生物学会年会   2012年11月